コロナウイルス感染拡大防止による影響で3月末からのイベント開催、深夜営業自粛により存続の危機にあるoverdub支援プロジェクト。先行きの見えない中、誰もが厳しい時期で大変心苦しいのですが、overdub存続の為の支援を心よりお願い申し上げます。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

日頃よりoverdubをご愛顧してくださる皆様、ありがとうございます。はじめましての皆様、宜しくお願い致します。

静岡県浜松市の伝馬町に位置する当店は、浜松ローカルをはじめ県内外、各地のDJを中心としたあらゆる音楽家、クリエイターがジャンルレスに表現するBARです。

まだ2年と歴史は浅いものの、様々な方に支えられてきました。しかしコロナウイルス蔓延の為3月28日以降のイベント開催が困難な状況となりました。先の見通しが立たない中、深夜営業も自粛しメインである収入が絶たれ、店の存続が危ぶまれる状況となってしまいました。少しずつですが若い世代も集まりつつある中、ここでoverdubを無くしたくないという思いからoverdub代表ISSYを中心にLEFTY、スタッフのyuriのサポートでこのプロジェクトを立ち上げました。

overdub存続の為、皆様のご支援を心よりお願い致します。

1日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻し、皆様と笑顔で会える日を願っております。

overdub

〒430-0935 静岡県浜松市中区伝馬町312-22 金井屋第二ビルディングB1

このプロジェクトで実現したい事

overdubの存続。苦渋の決断であった営業自粛期間を乗り越え、終息後にはGOOD MUSICと美味しいお酒、美味しい料理で、皆様が笑顔で集まれる場所として再開できたらと思います。先の文章にもありますが、オープン2年とまだ年数の浅い場所ではあります。まだまだやりたい企画もあり、地元をはじめ各地の音楽好きの皆様の為、overdubを残せたらと思います。

プロジェクトをやろうと思った理由

まずは出来る事を精一杯と思い、昼間のお弁当のテイクアウト、オンラインショップを開設し、店頭物販品の通販を始めました。しかしそれだけではoverdubを存続させる事が厳しいと判断し、このプロジェクトを立ち上げる事にしました。

資金の使い道

営業自粛期間中の家賃、光熱費、リターン等諸経費、CAMPFIREの決済手数料。

リターンについて

ご支援いただいた金額に応じて

▪︎ドリンクチケット(有効期間無し)


▪︎コースター型ステッカー


▪︎overdub MIX CD  (DJ AISEI & DJ ISSY)

▪︎オリジナルプリントTシャツ

※店主ISSYによるデザインのオリジナルTシャツ

※支援時にプルダウンメニューからご希望のサイズをお選びください

Body:UnitedAthle 6.2オンス 

[サイズレンジ]:S,M,L,XL,XXL

[着丈]:S:63cm,M:68cm,L:72cm,XL:75cm
[身幅]:S:47cm,M:52cm,L:55cm,XL:60cm
[肩幅]:S:42cm,M:46cm,L:50cm,XL:55cm
[袖丈]:S:18cm,M:22cm,L:22cm,XL:23cm

グッズお渡しは郵送、または直接店頭でのお渡しも可能です。

実施スケジュール

2020年 4月17日 17:00

2020年 5月24日 23:59

最後に

overdub代表 石井宏宜 (ISSY)

未熟な自分がLEFTYとoverdubを立ち上げ2年。様々な方達との交流、お客様やスタッフの皆さんのおかげで悩みながらも成長させてくれた場所。

まだまだこれからではありますが、今後の世代の為、浜松の街中活性化の為、大変な時期に誠に勝手ではありますが皆さんのご協力をいただければと思います。

overdub板長 石野裕樹 (LEFTY)

overdubを始めて2年、たくさんの人に出会わせてもらいました。お店を気に入ってもらってパーティーを重ねて、顔を見れただけでうれしくて。ここで皆さんと一緒に過ごした時間はかけがえのないものです。今あるパーティーも、これからはじめようとしていたパーティーも実現するには…この先をつくる為にも皆さんご協力をお願いします。

overdubスタッフ 伊藤友里 (yuri)

私を成長させてくれているoverdub。

DJになろうときっかけを作ってくれたこの箱は私にとって、とても大切な場所です。

その気持ちは私だけではないはず。

つい最近2周年を迎えた新入りですが、既に浜松の音楽文化を支えるのに必須であるこのoverdubが存続の危機です。

お店をどうにか有り続けようと、ISSY、LEFTY、私yuriが精一杯努力をしていますが、それでも皆様のお力をお借りしなければならない状況になりました。

この災禍を切り抜けた時、またoverdubで音とお酒、そしてLEFTYの料理を大切な仲間と楽しみながらかけがえのない夜を過ごしましょう。

皆様も苦しい中大変申し上げにくいのですが、力を少し分けてください!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください