世界の癒し処
京都のパグカフェlivingroom

はじめに・ご挨拶

パグ命!のパグ犬マニアで『愛犬の友』さんにも取材された、毎年春と秋に100頭近くのパグが集まるドッグラン貸し切りBBQ&パグリンピックオフ会など企画する京都パグ会を主宰し、愛玩犬のパグの魅力を世の中のもっとたくさんの人に知ってもらいたい!という思いから、趣味で飼い犬の親子5世代のパグ17頭(生後2ヶ月~15才まで)と触れあえる、知る人ぞ知る全世界・全国からのパグマニアが訪れる癒し処、京都の『パグカフェliving room』のオーナーです。珍しい白パグやミニパグ(4~5㎏)もいます。今は5世代目の孫やひ孫にあたる可愛い盛りの生後2ヶ月のパピー4頭がいます!去年は、最愛の娘達(ミニパグあっちゃん12才・プリン11才)を相次いで亡くし突然のお別れで背中を押されるように、以前からやりたかった保護犬活動もはじめ、廃業のブリーダーから、10年間ベッドもないコンクリートの部屋に閉じ込められ、名前も散歩も可愛がられる事もなく、何の楽しみもない子供を生むだけの道具として扱われてきた、医療も受けることなくハゲハゲで目も耳も皺もドロドロ、歯もボロボロの爪も魔女のように伸びゾンビみたいな姿で、死んだ目をした暗い顔の繁殖リタイア犬2頭をレスキューで受け入れました。もともとの性格が良く、すぐにみんなとも仲良くなり、今では見違えるほど可愛くなって輝く笑顔で残りの犬生をパグカフェでみんなと一緒にたくさんの方々に愛される日々を堪能しています。

●毎年恒例の春と秋のオフ会

●レスキューしたエルサとアンナ(笑顔に♪)

京都には、3・11(東日本大震災)をきっかけに関東から本格移住してきてかれこれ17年。パグカフェをはじめて8年目で今の桂の広い店舗に移転してきて3年になります。主人がカフェのマスターで、パグにまみれて逞しく育った3歳になる息子がちびマスターで、最初は趣味で自分のパグを愛でる為にパグ友と集う隠れ家的なサロンが、癒し処として国内外からパグ好きやユーチューバーが訪れSNSなどに紹介され全世界から訪れるようになり、たくさんのパグと触れ合える癒し処として世界中でもここにしかない日本の京都のパグカフェと、海外メディアからも取材殺到でワールドワイドにテレビや雑誌、新聞、メディアにも広がり、連日2時間待ちの京都の観光名所と化し皆様に広く愛されてきましたが、今回のコロナの影響でインバウンドが突然ストップ!国内外ストップ!京都自体も緊急事態宣言でゴーストタウンに!京都始まって以来の観光名所が閉鎖で人がいなくなるというかつてない光景!パグカフェもあおりをうけ開店休業に。一番胸が痛いのが、ここで生まれ育ち毎日のようにたくさんの方々に愛され可愛がられきた我が子同然の看板犬のパグ達で、全力で癒しを提供し笑顔と笑い声で溢れていた賑やかな店内から突然人がいなくなり、意味が分からないでいる寂しそうなパグ達の姿がいたたまれません!コロナという全世界・全国を巻き込み先行き不透明で開店休業中の間を、行きたいけれど今は行けない!という方々に、コロナが終息しご来店できるようになった際の割引券や回数券、オリジナルグッズや福袋他、お得でワクワクするような素敵なリターンの『行ったつもり支援!』で募り、また皆様が癒しに京都のパグカフェを訪れるようになるまでのパグパラダイスを守るべく、パグカフェテナント費、看板犬17頭のパグ達の維持費、スタッフ人件費にと思います。自粛で老若男女問わずストレスを抱える今、自粛解除となった際は是非ともまた国内外から癒しに来て頂きたく、パグセラピー(アニマルセラピー)の癒しの場所を守りたい!と使命感で燃えています!皆様を笑顔にするパグの癒し力は偉大です!!!

私たちの地域のご紹介

京都の西、桂川沿いにある皇室関連施設、日本庭園の傑作と名高い『桂離宮』のそばにある、パグパラダイス!京都の西では、嵐山と隣の桂の『桂離宮』か『パグカフェlivingroom』とインバウンドの二大観光名所と言われています!

プロジェクトを立ち上げた背景

コロナにより京都も国内外からの観光客が全ストップ!観光名所閉鎖や祇園祭も中止など、世界的にも日本を代表する観光都市京都はじまって以来の緊急事態と大打撃に!国内外から訪れ賑わっていたパグカフェもあおりをうけ大惨事に!自粛に伴いほぼ休業・時短でパグ達のストレス解消で開けても開店休業。

先行きが見通せない今回の事態に、長期化を見据えて早めの対策をと税理士と相談、当初は行政も混乱、まだコロナ対策の国の支援策の枠組みが決まっていない状態で、他の事業所も殺到で面談も一か月先と混み合い、現状の開店休業中の手立てとしてこのプロジェクトを併用させて頂きました。

とにかく今年に入り、急な足止めに貯えで繋いでますが、この先どうなるかが不安でコロナが終息するまでの間を、看板犬みんなの活躍の場の世界の癒しのパグカフェを維持していけたらと思います!パグ飼い、パグを飼ったことがなくこれから飼いたい、飼いたいけれど諸事情で飼えない、飼っていた最愛のパグを亡くしてしまった、とにかくパグ、ペチャ好き!など、これまで全世界・全国から訪れる方々を全力で癒してきたパグ達の生き甲斐!活躍の場を!ワールドワイドな癒しの場を守るべく、一体いつになる?!コロナ終息まで皆様と一緒に乗り越えたいです!!

資金の使い道・実施スケジュール

コロナが終息し、また全世界・全国から皆様が癒しにパグカフェに訪れるまでの、開店休業中のパグカフェ維持の為の数か月分の最低限の固定費(オーナーや家族分の給料無し)パグカフェテナント費や光熱費、スタッフ人件費、看板犬維持管理費補填と備えに。目標金額にいってもいかなくても、たくさんのパグカフェファンが応援して支えて頂けているというお気持ちが嬉しく、また心強いのでパグ達・スタッフ一同助かり頑張れます!将来、パグマニアの集大成としまして、京都の嵐山に世界初!パグカフェ併設のパグ博物館をという夢がありました!今回のコロナのせいで計画が狂い悔しいのですが、今回支援して頂いた皆様全員に感謝の印としまして、将来パグ博物館の夢が叶いましたら、必ず無料ご招待したいと思います!目標以上いきましたら将来のパグ博物館に充てさせて頂きたいと思います!皆様とパグにまみれてパグ話に花を咲かせる事を楽しみに、また一からスタートですが全世界から皆様が訪れる、もとの癒し処のパグカフェに戻るまでパグ達と元気に頑張りたいと思います!皆様を癒し笑顔にする日を楽しみにお待ちしています♪

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください