はじめに・ご挨拶

日頃より、bijou kagoshimaをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。


bijou kagoshimaは2018年12月に、福岡・中洲にある西日本最大規模のダンスクラブbijou×美獣の初の姉妹店としてオープンしました。九州に活気を取り戻したい、九州を元気にしたいとの思いでオープンしたbijouでしたが、福岡の次に選んだ地がここ鹿児島でした。そして、オープン以来、これまでほとんど鹿児島に来ることのなかった日本トップクラスの実力派DJや大物アーティストの方々を招聘し、最先端のエンターテイメントを皆様に届けてまいりました。その反響は私たちの予想を大きく上回るものであり、出演したDJやアーティストからも鹿児島の熱狂、そしてフロアの一体感は久しぶりに興奮したとの声を聴くことが多々あり、私たちも嬉しく思い、福岡に負けない九州一アツいクラブにするんだという気持ちで日々頑張って参りました。


しかし、そんな矢先に、新型コロナウイルスの感染が急激に広まり、当然私たちも営業自粛という選択をせざるを得ませんでした。そして、このままでは莫大な維持費だけがかさみ、bijou kagoshimaはまもなく存続の危機に直面します。国や行政からの補償は今のところほとんどないか、あるいは大幅に遅れている状況であり、また、これまで特にナイトビジネスは金融機関による支援や助成金等の対象外となることがほとんどでした。よって、皆様の直接的なご支援が本当にダイレクトに響きます!どうかこのコロナウイルスの騒動が落ち着くまで、皆様のお力でbijou kagoshimaを支えて下さい。そして、また平穏な日常が戻った際には、皆様が楽しく踊って騒げる鹿児島で一番の、いや福岡をも凌ぐ九州で一番のエンターテイメント空間をご提供致します!





これまでの活動

bijou kagoshimaは、2018年12月に、福岡・中洲にある西日本最大規模のダンスクラブbijouの姉妹店としてオープンしました。コンセプトは、今までの鹿児島にはない最先端のエンターテイメント空間であり、鹿児島一のダンスクラブを目指しました。地方都市であるここ鹿児島において、国内トップクラスの豪華アーティストを招いた、bijou kagoshimaでしか開催できない注目のイベントを数多く開催してきました。

有名アーティストのパフォーマンスを見るには、鹿児島を離れ、別の大きな都市に行くしかありませんでした。そんな中、ここ鹿児島でも、bijouに行けば誰もが知るあの有名アーティストに会えるという空間を提供できるよう、難しい出演交渉を重ね、多くのイベントを実現してきました。クラブという空間で、しかも全国的にもいわゆる小箱と言われるこの場所で、他会場ではあり得ないビックゲストとの距離感、臨場感溢れるLIVEパフォーマンスが体感できるのはbijou kagoshimaしかないと自負しております。





資金の使い道

休業中の店舗家賃・光熱費・人件費・機器維持費・その他諸経費・CAMPFIREの決済手数料

※休業期間が想定より長引く可能性も十分にあります。目標達成後も、引き続きご支援のご協力を頂けますと大変ありがたく思います。



リターンについて

1,000円、3,000円、5,000円etc. 数パターンのリターンをご用意しています。

チケットのお受け取りはご来店時とさせていただきます。

ご支援して頂く際に、どのリターンも「上乗せ支援」をすることができます。

可能な場合には、リターンの額に上乗せして、ご支援して頂けますと大変ありがたく思います。



最後に

bijou kagoshimaは2018年12月にオープンしてまだ約1年半という本当に歴史の浅いクラブです。


オープン前は、全国的にも景気が悪く、特に夜の業界は、長らく低迷が続いていました。そんな中、九州に元気を取り戻したい!との思いで、今までの九州にはない最先端のエンターテイメント空間を作り上げようと、bijou1号店を福岡・中洲にて立ち上げました。その反響は予想以上に大きく、これまで福岡はもとより、九州各県、全国からのお客様にご来店していただきました。


そして、次なる地は鹿児島だと、福岡の次は鹿児島を元気にするんだとの思いで、bijou kagoshimaをオープンさせました。その反響はまたしても、私たちの予想を大きく上回り、これまで本当にたくさんのお客様にご来店いただきました。


私たちが出来るのは、bijouでしか呼べないゲストを、bijouでしか味わえない空間で体感して頂くことであり、ここbijouにいる間だけは日頃の嫌なことも忘れて、心から踊り、飲み、笑い、楽しんで頂くこと。




しかし、このコロナウイルスの前では、私たちが出来ることには限界がありました…。細心の注意を払い、様々な感染予防対策を続けておりましたが、これ以上の営業を続けることはできないと判断し、私たちは営業を自粛することに致しました。国からは、全国的に「緊急事態宣言」が発令されましたが、これまで大きな補償はほとんど発表されず、とりわけクラブ業界は大打撃を受けており、今後もこの業界が補償を受けれることは期待できそうにもありません…。


このままでは、多くのクラブが存続の危機に直面します。bijou kagoshimaも例外ではありませんし、今後の維持費も想像以上にかかります。もちろん家賃交渉はさせて頂きましたが、現在のところ快諾して頂けておりません。苦しいのは大家さんも同じです。また、bijou kagoshimaにある音響機器・照明機器等は通常のクラブではあり得ないレベルのものを取り揃えております。その維持費も相当なものです。また、bijou kagoshimaのスタッフもたくさんの人たちが関わってくれています。社員、DJ、VJ、セキュリティ、アルバイトの方々。クラブでの営業自粛は収入がゼロを意味します。また、ナイトビジネスは金融機関による支援や助成金等の活用が難しいのが現状です…。


もちろん、多くの皆様が同じく大変な状況にあるのは重々承知しております。少しの支援でも構いません。皆様の支援が本当に直接響きます。どうかこのコロナウイルスの騒動が落ち着くまで、皆様のお力でbijou kagoshimaを支えて頂けますと大変ありがたく思います。




そして、また平穏な日常が戻った際には、鹿児島で一番の、いや九州で一番のエンターテイメント空間をご提供することを約束致します。必ずやまたあの日々が戻ることを願って、bijou kagoshimaでしか出来ないことを、また皆様と一緒にやりたいです。


また皆様と踊って、飲んで、笑って、楽しめる日々を提供できるよう、精一杯頑張りたいと思います。皆さん、鹿児島にまた元気を取り戻しましょう!!


どうぞご協力・ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。


bijou kagoshima 一同


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください