「渡辺さん、そんなに選手に甘くては、世界チャンピオンはできないよ。」

40年ほど前、明日の世界チャンピオンを目指す各ジムの会長らは少数精鋭で選手を徹底的に鍛え上げ、今では考えられないような指導やトレーニングが行われていました。そんな時代において、当ジムは選手を第一に考え、才能がある若い選手だけでなく、他で入門を断られた選手でもボクシングに対して熱意があるならば、共にプロライセンスの取得を目指してきました。創業当初からのモットーは「練習生の全員が世界チャンピオンを目指さなくてもいい。プロ選手として、1試合でも戦ったことが人生の宝になるのだから」選手主導の指導方針は、当時まわりから軽視されることもありましたが、会長の渡辺均はジムの戦績が大きく負け込んでも、このモットーを曲げることはありませんでした。

次第に、ジムには多くの練習生が集まり日本最大級のボクシングジムとなり、今日まで世界タイトルを11度防衛した内山高志をはじめ、2階級制覇を達成した現WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人などを輩出することが出来ました。直近では、約90名のプロ選手が伸び伸びと練習する一方で、約300名の練習生や一般会員様がボクシングのトレーニングに励んでいました。

予定していた世界タイトルマッチなどが次々と中止に

今般の影響もあり、ジムでは練習生や一般会員様のジム使用を中止し、プロ選手が出場する世界タイトルマッチをはじめとする7月までの29試合を中止とさせて頂きました。当ジムの存続が危ぶまれるほどの大打撃を受けましたが、私たちはまだ完全に負けたわけではありません。これからも多くのボクサーにチャンスを与えられる環境を持ち続け、ボクシングで多くの人々を魅了できるよう心掛けて参ります。多くの皆様からのご支援をお待ちしております。

<皆さまからのご厚意の使途は>

・世界戦含む自主興行にて発生したキャンセル料・印刷代などの諸経費
・休業期間中の経費(賃貸料、人件費などの固定費、リターンに関する諸経費)
・今後の選手育成、事態終息後の消毒液散布など感染拡大予防費に使わせて頂きます。

リターンについて

◆特別スパーリング(4ラウンド×3戦)の観覧
当ジム内にて、選手同士が行うスパーリング(ヘッドギアを付けておこなう練習試合のようなもの)を間近で観戦して頂きます。出場予定選手は、京口紘人(現世界チャンピオン)と谷口将隆(元WBOアジアチャンピオン)、三代大訓(現東洋太平洋チャンピオン)と宇津木秀(日本ランカー)ほか1カード。(選手が怪我などで行えない場合は、日程変更など可能)
※開催時期は、新型コロナウイルスの影響を鑑みて決めさせて頂きます。

【イメージ】世界王者とアマ5冠ルーキーのガチスパーリング【京口紘人vs重岡優大】


◆選手らとの食事会
当ジム所属の小口トレーナーが営む「忠さん劇場くいしん坊」にて選手らとお食事を楽しんで頂きます。今や、各地方からボクシングファンが訪れるという「新聖地」で名物山賊焼をご賞味ください!


◆サイン入りグローブ 
ご希望のワタナベボクシングジム所属選手(渡辺会長も可)のサインをボクシンググローブに書いてお送りさせて頂きます。(グローブの色はお選びいただけません)

◆オリジナルステッカー
あまり知られていませんが、当ジムのロゴはファッションデザイナーの方に作成していただおります。お洒落なデザインで多くの人に親しまれています。(ステッカーは非売品で、今後販売の予定はありません。)

◆オリジナルTシャツ
ワタナベジムのロゴと歴代チャンピオンの名前が入ったオリジナルTシャツです。タイトルマッチに出場する選手たちが、トランクスに張り付ける日の丸を「がんばろう!日本!」という意味を込めて、デザインに加えました。(カラーは黒のみ。サイズ:S・M・L・XL・XXL)

◆ワタナベジム選手からのお礼メール
後日、当ジム所属のボクサーからお礼のメッセージをメールにてお届けさせて頂きます。

◆ワタナベボクシングジム主催試合(後楽園ホールのみ)でお名前を掲載 〈1年間〉
年間150前後の試合をこなす当ジムにおいて、そのほとんどがボクシングの聖地・後楽園ホールで行います。当ジムが主催で行う、4回戦の新人ボクサーからタイトルマッチを行うチャンピオンまで、選手たちが熱戦を繰り広げるリングに名前を掲載してみませんか。※考査あり

◆◆◆新リターン◆◆◆
①チャンピオンが直接指導するトレーニングイベントにご招待
ご指名のチャンピオンや、元チャンピオン(現役選手に限る)から直接アドバイスを受けるトレーニングイベントです。基本からプロのテクニックまで、分かりやすく説明致します。ボクシング未経験の方も大歓迎です。ボクシングの楽しさや奥深さを体験してもらい、生涯スポーツとして始めるにはとても良い機会だと思います!
〈トレーニング内容〉シャドーボクシング・サンドバッグ打ち・ミット打ち(チャンピオンがミットを持ちます)など。10名前後、1時間ほどのグループトレーニングになります。(パーソナルトレーニングではありません)
お土産として、オリジナルTシャツやサイン色紙をお渡し致します。記念撮影も行っていますので、お気軽にご参加ください。日程はコロナ収束の状況をみて、参加者様とご相談させて頂きます。ご持参いただくものは、動きやすい服装上下とタオルと室内履き用のシューズをお願いします。


<代表選手・OBよりメッセージ>
京口紘人(WBA世界ライトフライ級スーパー王者)
栃木県出身の渡辺会長のジムには、多くの地方出身者が夢を持って集まってきます。僕もその一人でした。また、他のジムで上手くいかなかった選手らもワタナベジムに移籍することも少なくありません。門戸が開く、分け隔てなくチャンスを与えてくれるワタナベジムは、この先もボクシング界にとって必要なジムだと思います。当然、僕も出来る限りのことはしますが、皆さんにご支援を頂けると助かります。何卒、宜しくお願い申し上げます。

源大輝(選手会長・元日本フェザー級王者)
今後も、ボクシング発展の為にワタナベジムと共に尽力に努めます。大変な時期ですが、皆様の熱いご支援を宜しくお願い致します。

三代大訓(OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者)
一代で数多くのチャンピオンを排出した渡辺会長は、70歳となった今でも選手のことをよく見てくれています。大所帯であるにも関わらず、デビューする選手や負け越しが多い選手の試合でもしっかり見届けに来てくれます。そんな会長の晩年をコロナで終わらせたくありません。皆様、ご支援を賜れますようお願い申し上げます。

田口良一(元WBA&IBF世界ライトフライ級王者)
僕にとってワタナベジムは世界チャンピオンにまで育ててもらった大切な場所です。ボクシングの事だけに限らず人生を生き抜く上で必要な、あらゆる事を学ばせてもらいました。共に汗を流した仲間もいます。なくてはならないこのジムを守りたいです。皆様のお力添えを頂きますよう是非ともよろしくお願い申し上げます。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください