はじめに・ご挨拶

 こんにちは、初めまして。群馬県前橋市在住の山田裕久と申します。教員を目指して群馬に引っ越し、野外キャンプで子供たちのお世話をするボランティアをしたことをきっかけに、社会(学校以外の)教育の大切さを感じて、林間学校や地域教育、自然体験、環境教育といった活動をしています。

アカゲラクラフト
NPO法人あかぎの森のようちえん
ぐんま森林インストラクター会
ぐんま環境教育ネットワーク
ホリデーインまえばし
サンデンフォレスト

 子供たちのために何かしてあげたいけれど、イベントも外出も、ぜんぶ自粛。今ままで教育活動の常識、やり方が全く通用しなくなってしまいました。保護者のみなさん、学校の先生方も本当に苦労されてると思います。

 コロナ危機で何もできない中で、できることはないか、自分なりにずーっと考え、今だからできることを始めようと一念発起しました。名付けて「家ですごそうムービーアワードinぐんま」(県外からの参加も可能です)!

【ウェブを使って一緒に遊ぼう!】

私たちの思いを伝えます!

・子供たちも頑張ってる、我慢しながら過ごしている、そんな子供たちにエールを送りたい!今は大変だけど、みんなで乗り切らなきゃいけないとき。みんなの頑張りを、応援してるよ!って伝えてあげたい!

・新しい家での過ごし方をみんなで考えて、家で過ごす休みを思いっきり楽しんでもらいたい!こんな過ごし方があるんだ、っていうアイデアを持ち寄って、みんなでこの荒波を乗り越えていきたい!(極論を言えば、エントリーしなくてもいいから、一緒に楽しんでみてほしい!)

・コロナ危機に対して、子供たちがどんなことを考えているのか、どんな風に過ごしているのか、大人たちに見てもらいたい。子供たちが元気に過ごしている姿をみて、みんなに元気になってほしい!

・何より、コロナと戦っているのは大人だけじゃない!学校にいけない、友達に会えない、自由に遊べない子供たち自身が、どうやって、今の時間を過ごそうか、自分で考えて、行動する力を、今こそつけていってほしい!

・社会で苦労している人たちに思いをはせる社会科の力とか、言葉にする表現する国語の力とか、マスクを作る免疫アップの料理をする家庭科の力とか、家でできる運動を考える体育の力とか、生きていくうえで必要な生(なま)の力が、今こそ育まれるのでは!?

・家の庭、近くの公園、いつもの遊びから少しだけ離れて、自然と触れ合ったり、春の野花や昆虫たちと出会ったり、このあわただしい春を、自然を満喫してほしい!

・スポーツとか、ダンスとか、習字とか、ピアノとか、勉強とか、プログラミングとか、習い事なんかも、出来なくなってませんか!?よかったら、発表の場、子供たちが一生懸命頑張ってるのを見せてくれませんか!

・子供たちの元気な姿にいつも元気をもらっています!だから、なにかお返しがしたい!買い物行けないから、ウェブのギフト券で!

長々とすいません。暗いニュースが続きますが、こんな時だからこそ、この時期を、前向きに、楽しみながら、一緒に乗り切っていきませんか!

【そしてお願いです】
 たくさんの人たちに、知ってほしい。だから、ぜひ、みなさん情報の拡散をお願いしてもよろしいでしょうか?広告費に使うなら、その分を子供たちに使いたいのです。。エントリー100件を目標にしています! たくさんの子供たちに届きますように!4月26日以降、動画のエントリーが始まります!ホームページから集まった動画を見られるようにします!よかったら、子供たちを応援してあげてください!

【ずうずうしくも、もう一つお願いです】
 この事業実施は、スポンサーを募集していますm(_ _)m 子供たちへの景品、ホームページ・動画管理の運営などなどが必要です。少ないですがお礼もいたします(スポンサー掲載等)。誰もが、精神的、金銭的にご苦労されています。無理のない範囲でかまいません。私たちの活動を子供たちを支えてくださいませんか?よろしければご協力ください。

 こういったアワードの運営、クラウドファンディングなど、全くの初心者です。応援いただくみなさまにはご不便をおかけするかもしれませんが、どうぞあたたかくご支援いただけると幸いです。どうぞ、よろしくお願いします。

アワードHP・エントリーの方法などはこちらから


このプロジェクトで実現したいこと

 このコロナウィルスの発生によって、子供たちは学校に行けず、友達と遊ぶ時間、学ぶ時間、自ら考えて行動する時間が極端に少なくなってしまっています。直接的なコミュニケーションを基軸に教育を行なっている人たちにとって、今のこの状況は危機的な状況です。

 なんとか、この危機を乗り越えたい、社会を元気にしたいと考えている中で、ふと気がついたのが、この状況下で元気に過ごしている子供たちの姿が家の周り、新聞、SNSにあるということ。そして、この姿に元気をもらっていることです。

 新型コロナウィルスの影響で、社会の様々な分野に影響が出ている中、休校や自粛で普段通りの生活ができていない子供たちがたくさんいます。このプロジェクトでは、家にいる子供たちのエネルギーをフル活用し、このコロナ危機を乗り越えるアイデアを募集し、表彰します。


プロジェクトをやろうと思った理由

 コロナウィルスの影響で、家で過ごす子供たちが増えています。そんな中、「おうちでできる遊び」を紹介するYouTube動画が上がったり。プログラミング教室で習った知識を使い「手を触れずアルコール消毒ができる仕組み」を作ったり。レッスンができなくなったチアダンスの子供たちが、自分のレッスン動画をチアの先生に送ったり。

 子供たち自身がこのコロナ問題に立ち向かっている姿に心を動かされました。この状況だからできることを、子供も大人も一緒になって考える必要があります。だから、このプロジェクトを通して、子供たちのアイデアを集めて共有し、この危機を乗り越えていきたいと考えています。


資金の使い道

素晴らしい取り組みへの賞品(ウェブギフト券)、郵送費、事務経費、ホームページ運営費、表彰式運営費、広告費、他アワード運営にかかる消耗品費


リターンについて

1,000円:お礼のメール、投票権1票

3,000円:お礼のメール、投票権3票、サポーター名記載(参加賞の送付状にサポーターとしてお名前を記載※任意)

5,000円:お礼のメール、投票権5票、サポーター名記載(参加賞の送付状にサポーターとしてお名前を記載)、アワードキーホルダー

※お金にちょっと余裕のあるかたは...

10,000円:お礼のメール、投票権5票、サポーター名記載(参加賞の送付状にサポーターとしてお名前を記載)、アワードキーホルダー ※5,000円と返礼品は同様です。

※支援時に、「備考欄」にて、サポーター名の記載の有無をお知らせください。

※その他、上記以外でできるだけ多くのリターンができればと考えています。


実施スケジュール

①サポーター募集(クラウドファンディング)期間
4月24日(金)〜5月10日(日)

②子供のエントリー期間
4月26日(日)〜5月10日(日)

③投票期間
5月12日(火)〜5月16日(土) ※投票のためのページURLをEメールにてお送りします。


④結果発表
5月23日(土) ※ウェブ上で発表予定。発表用URLを後日送信します。


運営に協力してくれている仲間たち
SHAKICK OUTDOOR (シェイキックアウトドア)

小林秀平
群馬大学教育学部理科専攻 卒業
大学在学中、アウトドアの魅力に引き込まれる。フリーランスとして活動した後、群馬県みなかみ町のガイドカンパニー「レイクウォーク」にてフラットウォーターのカヌーガイドに従事。その後、2018 年 SHAKICKOUTDOOR 設立。子供から大人まで幅広い範囲の対象者を相手に野外教育に取り組む。https://shakick-outdoor.com/wp/


最後に

 子供たちが、このコロナ危機を乗り越えるために、自分で考えて、考えて、行動を起こすということこそ、何が起きるか分からない未来を乗り切る力がつくと信じています。どうか、みなさんご協力ください。

※募集方式<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/10 18:30

    ◆ムービーアワードを終えて支援者の皆様本当にありがとうございました。これが最後のメッセージになるかと思います。たくさんの支援、子供たちの参加を経て、無事に本イベントを全て終了させることができました。本当にありがとうございます。コロナの影響は先が見通せず、未だに子供たちを取り巻く環境は、課題が山...

  • 2020/05/31 12:00

    エンドロールのお名前の記載に不備がございました。ただいま、修正し再配信しております。大変申し訳ございませんでした。修正: https://youtu.be/7gOtzcmYZf8

  • 2020/05/30 19:00

     ムービーアワード山田です。 いよいよ、結果発表となりました。投票結果の集計を行いましたが、飛び抜けて票の入ったものはなく、僅差でのアワード決定となりました。大人が良し悪しを決めてしまうのは申し訳ない程です。投票時にいただいた皆さんからのメッセージはすべての子供たちへ届けます。本当にありがとう...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください