F.A.D YOKOHAMAが新型コロナウイルス感染症拡大によるライブイベント中止,営業自粛により存続の危機を迎えております。大変心苦しいお願いではありますが、緊急支援をお願い致します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ライブハウス F.A.D YOKOHAMA 代表の橋本勝男と申します。
ページをご覧いただき、まことにありがとうございます。
F.A.D YOKOHAMAは音楽の街・横浜に根ざしたライブハウスとして24年間、音楽業界の入り口を支えてまいりましたが、コロナウイルス感染症による事態を重く受け止め、スタッフ、出演者、何よりお客様の安全を最優先とし、5月6日(水)までの営業は全て自粛とし、その先においても政府・自治体の要請に従う所存です。
この先の見えない長期休業により、F.A.D YOKOHAMAも存続が大変厳しい状況となってきています。社員の生活を守るためにも、1日も早い事態の終息を願っておりますが、長期戦になる覚悟もしております。
世界中の人々が大変な状況の最中、様々なご意見があるかと思いますが、『横浜の、音楽を中心とした文化の集まる場所として、F.A.D YOKOHAMAを守りたい』という想いから、この度CAMPFIREでのご支援を募らせていただく決断をいたしました。
このプロジェクトに参加してくださった、音楽を愛する皆様と、再びライブハウスでお会いできる日がくることを願っています。 まことに勝手なお願いではございますが、皆様のご支援、お力添えをいただけますと幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。

有限会社 イマジン・プランニング(F.A.D YOKOHAMA)
代表 橋本勝男


プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年2月末よりイベントの中止/延期が続き、売上げはほとんど無い状態です。緊急事態宣言後、現状5月6日(水)までの営業は全て自粛としており、その先の日程も見えておりません。

ライブハウスとして営業ができない現在、店舗存続が非常に困難な状況に陥っています。大変心苦しいお願いではありますが、皆様からのご支援を緊急で募らせていただきます。皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。


これまでの活動

F.A.D YOKOHAMA紹介

オープンは1996年。横浜中華街からほど近い場所にあり、キャパシティはスタンディングで400人。出演者のジャンルはロックを基本にしているが、開店当初は、その当時に大きなムーブメントを巻き起こしていた地元出身のメロディックパンクバンドが連日のように会場を盛り上げた。現在ではオールジャンルの、全国で活動するアーティストに愛されており、数多くのメジャーアーティスト、バンドが立ち寄るライブハウスである。不定期開催のツーマンイベントシリーズ ”THE SUN ALSO RISES” や年末には地元のバンドが大集結するイベント ”爆裂FxAxD” などF.A.D YOKOHAMA主催イベント行っている。2021年はオープン25周年を迎える。

http://www.fad-music.com/fad/?p=35396 (F.A.D支援Tシャツ特設サイト)
http://www.fad-music.com/fad/ (F.A.D YOKOHAMA HP)
https://twitter.com/fad_yokohama (F.A.D YOKOHAMA Twitter)


資金の使い道

店舗の維持に必要な経費(家賃、人件費、光熱費等)
リターンの製作費及び配送時の送料
CAMPFIRE手数料
に充てさせて頂きます。


リターンについて

¥3,000


¥6,000


¥10,000



¥12,000


¥24,000


¥30,000



¥48,000



¥100,000



¥200,000


¥250,000



リターン詳細

・F.A.D YOKOHAMAよりお礼のメッセージ
今回のご支援にF.A.D YOKOHAMAスタッフよりお礼のメールをさせて頂きます。


・ドリンクチケットステッカー
1枚につき1杯ドリンクカウンターにて交換できます。入場時ドリンクチャージに対しても使用可能です。
※ドリンクを購入する場合、当ステッカーは回収となります。また、使用済みのステッカーはドリンクと交換できませんのでご了承ください。
クラウドファンディング限定のグッズになります。
(有効期限:2020年8月1日~2022年7月31日)


・ポストカード,ステッカーシート,ピック3点セット
F.A.D YOKOHAMAロゴの入ったオリジナルポストカード,オリジナルピック,オリジナルステッカーシートになります。
クラウドファンディング限定のグッズになります。


銘木で製作するカッティングボード
アメリカ産ウォールナット(予定)から切り出した特製カッティングボード。大きさは横150mm×縦300mm×厚さ30mmの予定です。
F.A.D YOKOHAMAのロゴ入り。
※1つ1つ手作りでの製作となるため、木目や木材の色・形状・大きさ等が、画像と多少異なる場合がございます。画像はあくまでイメージですのでご了承ください。
クラウドファンディング限定のグッズになります。


銘木で製作するまな板
国産の桐(予定)から切り出した特製まな板です。大きさは横450mm×縦250mm×厚さ30mmの予定です。F.A.D YOKOHAMAのロゴ入り。
※1つ1つ手作りでの製作となるため、木目や木材の色・形状・大きさ等が、画像と多少異なる場合がございます。画像はあくまでイメージですのでご了承ください。
クラウドファンディング限定のグッズになります。


・F.A.Dショーウィンドウにて協賛名を1年間掲載
正面入り口横の大きなショーウィンドウにお名前を1年間掲載いたします。
ショーウィンドウの大きさは横146cm×縦270cmです。掲載面積は、応募総数を均等に頭割りして決定させていただきます。(仮に10件のご支援をいただいた場合、一口当たり最大で横14,6cm×縦27cmのスペースをご利用可能です。それより小さいスペースでのご指定も承ります)
※ご支援時、必ず備考欄に「掲載を希望するお名前」「ご連絡先(メール、電話どちらも可能です)」をご記入ください。公序良俗に反する内容、第三者を特定するお名前など、運営が不適切と判断した内容は掲載をお断りさせていただきます。その場合はご記入いただいた「ご連絡先」まで連絡いたしますので、改めて掲載を希望するお名前を決定していただきます。
※企業,個人,バンド,グループなど、どなたでも掲載可能です。
(2020年8月1日~2021年7月31日の1年間掲載予定。日程は変更となる可能性があります)


・F.A.D1日貸切平日 (日程は応相談) 
*ライブイベント、撮影など多目的でご利用頂けます。基本利用時間は14:00-22:00、PA・照明が1名ずつ付きます。日程は後日相談のうえお決めください。詳細等はお問い合わせください。
※ライブイベントとしてご使用の場合、お客様から入場時に別途ドリンク代をいただきます。
(有効期限:2020年8月1日~2022年7月31日)


・F.A.D1日貸切土日祝 (日程は応相談) 

*ライブイベント、撮影など多目的でご利用頂けます。基本利用時間は14:00-22:00、PA・照明が1名ずつ付きます。日程は後日相談のうえお決めください。詳細等はお問い合わせください。
ライブイベントとしてご使用の場合、お客様から入場時に別途ドリンク代をいただきます。
(有効期限:2020年8月1日~2022年7月31日)


実施スケジュール

支援受付開始:2020年4月24日(金)18:00
支援受付締切:2020年6月14日(日)23:59

F.A.D1日貸切は営業再開の目処がたち次第、リターンの履行を進めてまいります。
F.A.D1日貸切以外のものは7月から順を追ってリターンの履行を進めてまいります。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けいたします。

http://www.fad-music.com/fad/?p=35396 (F.A.D支援Tシャツ特設サイト)
http://www.fad-music.com/fad/ (F.A.D YOKOHAMA HP)
https://twitter.com/fad_yokohama (F.A.D YOKOHAMA Twitter)

  • 2020/05/23 20:00

    皆さまのご支援のおかげで、F.A.D YOKOHAMA クラウドファンディングは目標金額に到達することができました。本当にありがとうございます。応援いただいた皆さまへ、F.A.D YOKOHAMA 代表の橋本勝男よりお礼のメッセージをお送りさせていただきます。音楽業界は大きな危機を迎えておりま...

  • 2020/05/13 19:00

    ライブハウス F.A.D YOKOHAMA 代表の橋本勝男と申します。皆さまからのご支援、心より感謝いたします。まことにありがとうございます。先ほど秦 基博くんがF.A.D YOKOHAMA支援Tシャツを着てTwitterに応援メッセージを投稿してくれました。デビュー前、彼とファミリーレストラ...

  • 2020/05/05 23:57

    F.A.D YOKOHAMA スタッフ兼系列会社 (株)音響商会 グランジープリント斎木(STOMPIN’ BIRD Vo/G TOM)  沢山の応援、ご支援、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。 僕は時にはスタッフ、時には出演者として気付けば人生43年間の半分をF.A.D YO...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください