はじめに・ご挨拶

皆様こんにちは 下北沢にある世界のビールが楽しめる美容室 T:Luck 伊藤です。

2016年にお店を始めて4年、販売の勉強をして、きちんと酒類販売免許を取得し世界のビールが楽しめるおかしな美容室として様々なTVやラジオ、webメディアなどにも取り上げられるようにもなり、

2019年にはリクルート、トレンド予測サロンにも選ばれ、美容室としてだけではなく、お客様に楽しんでいただけるようにと始めた交流会お客様を巻き込んだ海外社員旅行などたくさんの方に愛されるお店になってきたと思います。

お店も少し安定してきたところで4月よりまつげエクステやネイルなども始めようと準備し、スタッフも揃え、みんなでやる気になっていました。


そんなところにコロナショックの大打撃を受け、今T:Luck存続の危機です!

はっきり言います、すごく格好悪いかもしれませんが助けてください!

お店の維持やスタッフの生活、みんなが楽しめる場を守っていくために!


このプロジェクトで実現したいこと

2020年4月営業自粛要請に美容室は含まれませんでした、ご来店時のアルコール消毒や、店内の消毒、換気、スタッフのマスク着用、予約数の制限による3蜜の回避などを行い営業しておりました。

しかし緊急事態宣言に伴う外出の自粛による影響もあり
営業している事が悪と言われかねない状況になり現在美容室の売り上げが前年比50%減になってしまいました。

国や都への借入の申請なども行っていますが申し込みも多いようでなかなか話も進まず手元に来るまで約3ヶ月ほどかかるそうです。

T:Luckの損益分岐は約100万。
50%減の売り上げでも資金調達までの3ヶ月、損益分岐の半分をここで集められたらと思います。


プロジェクトを立ち上げた背景

コロナショックもいつまで続くかわからない状況ですが国も都も動いてくれています。

とは言え現状すぐに給付金や助成金が手に入るわけでもなく困っていた所お客様からのアドバイスで将来使える未来チケットの販売も始めました。

未来チケット

さらに支援を募っては?」

というアドバイスもいただき、クラウドファンディングをさせていただくことになりました。

閉店という考えもよぎりましたがせっかく安定してきたT:Luck、集まってくれたスタッフ、当店を好きだと言ってくれるお客様、4年間のたくさんの思いのあるこのお店を閉めるにはまだ早い!やり切っていない!

カッコ悪くても生き残り、またお客様とみんなで楽しんで生きたいと強く思い、今回立ち上げさせていただきました。


これまでの活動

2016年8月にオープンした世界のビールが楽しめるちょっと変わったおかしな美容室T:Luckは
髪を切り、綺麗になることはもちろん、人と人が出会い、笑い合える美容室を目指したくさんのお客様を巻き込み、

英語、カメラ、スニーカー好き、バンド好き、バイク乗り女子、レジンなど同じ趣味の交流会や
タコパや鍋パクリスマスや周年パーティーなどたくさん真面目にふざけてきました。

さらにはお客様を集めた50人規模の大飲み会やラフティングやバーベキュー、ビアガーデンや海外社員旅行まで普通という枠から飛び出し、お客様と真面目にふざけ、真剣に遊んで楽しめる美容室を作り上げてきました。

「人は一人でも生きていける、だけど楽しむことは誰かと一緒じゃないと」

そんなちょっと変わったおかしな美容室をこれからも続けたい!皆様と楽しむために!!


リターンのご紹介

粗品からT:Luckオリジナルグッズやお得なチケットなどを取り揃えました。

支援とは言えお客様にもメリットや楽しみも考え、喜んでいただけるようなリターンを用意しました。
お気に入りのものが見つかればと思います。



オリジナルトートバックL(48.3 x 38.1 x 15.2 cm)

オリジナルトートバックS

(35.6 x 35.6 x 7.6 cm)


オリジナルマグカップ

資金の使い道・実施スケジュール

全額、お店の運営費用と人件費に当てさせて頂きます。

最後に

T:Luckは髪を切るだけでは無い美容室。

もちろんそこが本質なのですが、お客さんを巻き込んだ飲み会、アクテビティ、旅行や勉強などを行い
お客さんを喜ばせ、楽しんでいただきたいという思いに嘘はありません。

お客さんが喜んでくれれば僕も嬉しい、お客さんが楽しんでくれれば僕も楽しい。

恥ずかしいことですが今、T:Luckはピンチです、この時に恥ずかしいからと何も言わないよりも、
ピンチの時に助けてください!
って言えた方が行き先が変わると思うから。

一緒に笑い合えるスタッフやお客さん

T:Luckがなければ出会うはずのなかった方々が共に喜び、笑い、みんなで活きていく場所を守るために
ご協力お願いします!

この御恩を忘れず、いつか僕が助ける側に廻れるように。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
こんなちょっと変わったおかしな美容室でいつか一緒に楽しめる日を楽しみにしています。

是非応援よろしくお願いします。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください