ママと子どもに寄り添ったモノづくりをしたいという思いを持つ日本画家「夛山祐子」さんの絵を、大阪泉州で織られているやさしい多重ガーゼで表現してみました。親子で楽しめるお洋服やバック、授乳ブランケット、子ども甚平など自身も子育て最中の作家が「ママがほんとに欲しいもの」を考え、全国のママに届けます。

プロジェクト本文

▼もの作りを知る

もの作りをアーティストに知ってもらう。また、もの作りの企業にもアーティストを知ってもらう。今こそお互いを知り、協力する時代だと思います。

関西に住むアーティストと関西の製造業を結びつけるプロジェクト第4弾を実施します。いろんなものに展開したいアーティストと新しい商品を求める製造業を結びつけ、お互いの思いを形にしていきます。

▼アートの力で元気になるプロジェクト

私はアートにはパワーがあると思っています。その力を使って、アーティストももの作りの企業も、そして持つ人もみんなが元気になる、そんなプロジェクトをしてみたいと思いました。

自分をいろんな形で表現するアーティスト、しかしそれはキャンバスや紙などの上だけの場合も多いです。それだけではいろんな人には届かない。もっと広く、いろんな人に届けるにはどうしたらいいのか、

それはもっといろんな形にして届けることではないか。手に持って歩いたり、着てみたり、家に飾ってみたり、使ってみたり。それを手にした人たちがアートから力をもらって笑顔になり、元気になる。

これはそんなプロジェクトです。

<お知らせ>

「アートで元気」の事務所が5月19日(金)オープンします!

大阪市中央区博労町1-2-5 船場盛進堂3階

地下1階はギャラリー、1階はギャラリーとカフェ、2階はファブリックショップとワークショップスペースです。

是非、お立ち寄りください。

▼about  『manmanlai』

manmanlai(マンマンライ)は1児の母でもある画家・夛山祐子(たやまゆうこ)がテキスタイルデザインを手掛けるブランドです。

着ると明るい気分になれる服。
見るとにっこり笑ってしまう雑貨。
そんなものに人は救われるときがたくさんあります。

子育てが大変なとき、気分が乗らないとき、なんだか不安なとき。
忙しい毎日を送るあなたに、ふっと気が抜けたり、元気がもらえるような、やさしい色合いの服や雑貨を届けます。

▼夛山 祐子 / Tayama Yuko

日本画材を用いて制作する画家。

奈良の山奥で生まれ育ち、主に山や人の持つ生命力を描き続けてきた。

近年は祖母の妹が書き溜めてきた歌集「ひとり歩き」を読んだことがきっかけで、
些細な日常、日々を大切に生きたいと考えるようになる。

現在も自然豊かな奈良で暮らしながら、生命・生きることとは何かを探求しながら描き続けている。

公式サイト

http://sisiza-ab.wixsite.com/tayamayuko

---------------------------------------------------------------------

夛山祐子よりコメント

この度ご縁をいただき、絵をテキスタイルにして、ママやキッズ向けのグッズを制作させていただきました。

ブランド名のマンマンライは中国語で「ゆっくりいこう」という意味。
私が台湾留学中にホストマザーがよくかけてくれた言葉で、一番好きな言葉です。
ママやまんまという赤ちゃんが初めに話す言葉にも似ていて、のんびりした響きも気に入っています。

わたし自身、子育てで少し疲れたときや、元気が出ないとき、
明るい空や青田を吹き抜ける風、周りに溢れる自然が心を癒してくれました。
そして友達がお祝いで贈ってくれた服やお気に入りの雑貨が力をくれました。
次はわたしがふっと気が抜けるような、そして元気がもらえるような絵を描いて、
誰かを支えられたり、元気付けられたら幸せだと思っています。

ロゴマークの丸い形はわたしが大切にしている石で、台湾の路上でおじいさんが米マークを沢山石の上に描いて売っていたものです。
米マークは長寿の意味があるそうで、子どもの健やかな成長を祈ってマークにさせていただきました。

素晴らしい素材、赤ちゃんにも安心な染料、ママや子どもたちを笑顔にしたい気持ちをいっぱい込めて制作させていただきました。是非ママや子どもたち、もちろんそうでない方にも、多くの方に手に取っていただければ幸いです。

▼リターンについて

<さらりと着れる 空と草色ワンピース>
ボタンダウンタイプのリネン(麻)ワンピースです。
赤ちゃん服用のボタンを使用しているので、
赤ちゃんのお顔が胸元にきても痛くありません。

 

内側は紺のダブルガーゼなので透けもなく、1枚でさらりと着ていただけます。
袖を伸ばせば7部袖、まくって留めれば5部袖になり、ガウンのように羽織っても良い、授乳後も着回しの効く1枚。

 

  
<ママとお揃い お花ポケットのワンピース>

アップリケのような大きなお花ポケットがかわいい
藤原織布さんが丁寧に織り上げた4重ガーゼを使用した、やさしい肌触りのワンピースです。
(モデルちゃん身長:90㎝ / 着用サイズ100)

 

ママのチュニックとお揃いのデザインなので、仲良くお揃いコーデも。
ゆったりサイズなので、長い期間着用いただけます。
(左のモデルちゃん身長:110㎝ / 着用サイズ100)

 

  
<やさしいママの ふんわりチュニック>
藤原織布さんが丁寧に織り上げた4重ガーゼを使用したやさしい肌触りのチュニック。
赤ちゃんを抱っこするときも肌触り柔らかです。
ゆったりサイズなので授乳もラクチン。
かわいいお花ポケット付きです。


お揃いの子どもワンピースやスタイでリンクコーデを楽しんで。
  

 

  
<風が通り抜ける 空と草色甚平>

豆腐の漉し布を使用した涼やかな甚平。
丁寧に織られた食品用の布は、綿100%とは思えないほど柔らかで光沢があります。
(モデルちゃん身長:80㎝ / 着用サイズ90)

 

透け感のある風通しの良い生地で、夏場の暑さもヘッチャラだね。
(真ん中のモデルちゃん身長:95㎝ / 着用サイズ90)

 

  
<やさしい肌触りのふんわりガーゼハンカチ 染と織の2枚セット>
藤原織布さんが丁寧に織り上げたガーゼを使用したハンカチセット。 
子どもの食べこぼしを拭っても、口周りが痛くならない柔らかな肌触り。
もちろん大人の方もデイリーにご使用いただけます。

染同様、織にも夛山祐子の描いた動物や木々たちが並びます。


フックに引っ掛けるための平紐が付いているので、お名前を書いて、
そのまま幼稚園や保育園に持っていけます。

 

  
<やさしい肌触りのふんわりハンカチとスタイ 染セット/織セット>
藤原織布さんが丁寧に織り上げたガーゼを使用したハンカチ・スタイセット。 
染セットと織セットがお選びいただけます。

○染セット○

 
○織セット○

マジックテープで着脱しやすいスタイと、引っ掛ける平紐(ネームテープにもなります)付きタオルの便利なセットでコーディネートもばっちり!

 

 

  
<やさしい肌触りのふんわりスタイ 染と織の2枚セット>
藤原織布さんが丁寧に織り上げたガーゼを使用した染と織のスタイセット。 
首回りも優しい肌触りで、ささっとよだれを拭えるやさしい肌触り。
マジックテープで着脱も簡単なスタイは何枚あっても重宝します。
男の子も女の子も使えるデザインなので、プレゼントなどにも最適です。

 

  
<ママとベビーを包む ふんわり授乳ケープ>
藤原織布さんが丁寧に織り上げた4重ガーゼでを使った授乳ケープ。 
柔らかな生地が、ママとベビーを包みます。
お昼寝ブランケットや、ママの冷房対策に、さまざまなシーンで大活躍。


お昼寝ブランケットや、ママの冷房対策、ポンチョと、さまざまなシーンで大活躍。

 

 
<風が通り抜ける 空と草色ストール>
豆腐の漉し布を使用した涼やかなストール。
丁寧に織られた食品用の布は、綿100%とは思えないほど柔らかで光沢があります。
洗えば洗うほどくったりと馴染んでいきます。
キレイ色のストールをシンプルな服に差し色で。

  
透け感のあるキレイ色のストールを、さらりとシンプル服の差し色に。

 


<ふっかふかで夢ごこち 授乳クッションにもなる空と草色クッション>
お部屋のアクセントになるキレイ色のクッションです。裏面は生成りのガーゼになっているので、授乳クッションにするときもベビーにやさしい肌触り。
カバーもちろん外してお洗濯可能。
ボリュームのあるクッションを入れてお届けします。

 

  
<なんでも入る でっかいトートと子どもリュックのセット>
帆布を使用したビッグトートは、実家にお泊りなどのプチ旅行にも使えるサイズ感。
リュックはポケットもいっぱいで、おむつポーチとしても大活躍します。

   
ビッグトートの表には2つのポケット。内側に大ポケット1つ、小物ポケット3つ、
小物を固定するバンド付きで、ママの大荷物もきちんと収まります。 
子どもリュックは「持ちたくない~パパ持って!」の時にパパでも持てるよう、
長めに紐調節できます。

 

<抱っこ紐のだらんをかわいく包み込む 空と草色の抱っこ紐カバー>
収納に困る抱っこ紐をかわいくカバー。だらんとしたままだと動きづらい。
カバーを使えば腰に巻いてもスッキリ。
カバンみたいに持てば、抱っこ紐には見えないかわいさです。
絵本のようなかわいいカバーで、ベビーもにこにこ動物探し。


    
<鹿さん枕でぐっすり 空と草色お布団カバーセット>
藤原織布さんが丁寧に織り上げた4重ガーゼを使用したお布団カバーセット。
かけ布団カバー、敷き布団カバー、鹿さん枕の3点セットです。 
柔らかいガーゼは吸湿性も良く、子どもちゃんの汗をよく吸います。
 

着脱が簡単なスナップボタンで洗い替えもラクチン。 
かわいい鹿さん枕で、子どもちゃんも夢心地。 

 

  

<木工作家の木心・コレカラキさんとコラボした 鹿さんスツール>
奈良で手仕事をたいせつにモノづくりをしている木工作家
木心・コレカラキさんとコラボした鹿さんスツールです。
無垢の木材のみで組み上げた子ども椅子は、大人でも座れる絶妙なサイズ。
他にはない特別な椅子で、ゆっくり絵本でも読んでみて。

(写真:杉本良太)

 

<限定3組 やさしいガーゼでつくる世界にひとつの親子服>
ママとキッズの親子服セットを、空と草色の4重ガーゼを贅沢に使ってお作りします。
デザインから相談しながら、サイズもオーダーメイドでお仕立ていたします。
世界に一つしかないオーダーメイドの親子服、作家と話しながら、あなたの物語を織り込んだ1着を作ってみてください。
(限定3組まで。デザインを描いた直筆の絵もお付けします。)

 

   ​​

▼ベビーも安心なプリント 創業90年の生地プリント加工企業「松尾捺染」

大正15年大阪船場は博労町(ばくろまち)の東横堀川を臨む地にて木版彫刻を生業として、松尾盛進堂を祖父が開業いたしました。創業当初よりハンカチーフ、タオルに木版で柄を印捺し、日本全国に出荷しておりました。

父の代になり、手捺染を始め、昭和40年代には機械化を推し進め、ヨーロッパやアメリカにも商品が輸出されるようになりました。今日、わたし三代目で工場のデジタル化を実現し、国内でのもの作りに特化し、衣料、服飾雑貨、ホームテキスタイルの分野に90年培った技術で製品を世に送り出しております。

※ホルムアルデヒドに対する取組み※

弊社では、衣料の風合いと縮率向上のために用いられておりましたホルムアルデヒド(ホルマリン)は1976年以降一切使用しておりません。ホルムアルデヒドは皮膚の炎症を起こしたり、アレルギーの要因になります。

工場内では、ベビー衣料やハンカチーフ用の素材を多く扱っておりますので、加工途上でのホルムアルデヒドの移染も考慮し、ノー・ホルムアルデヒドで一貫作業を行っております。更に、出荷時には公的検査機関にて素材を検査し、ベビー用品の基準である 0.05A-A0以下(約15㎍/g)をクリアーしております。

また、製品に関しましては、空気中の微量なホルムアルデヒドによる移染を防ぐべく袋にいれて出荷しております。安心してお使いいただけますが、念のため使用前に一度洗濯することをお勧めいたします。

ホルムアルデヒドは水溶性ですので、一度の洗濯で除去されます。

付け加えて、弊社ではより安全な染色を推し進めるべく、「アゾ染料不使用宣言」も行っております。

松尾捺染株式会社のサイトはこちら

▼ベビーにやさしい肌触り「泉州南部織」を織る「藤原織布有限会社」


泉州は日本で初めて綿織物の産業が始まった地で、その歴史は室町時代にさかのぼります。

その泉州の地で祖父が1934年に綿織物の事業を始めてから私で三代目に当たります。綿織物が主な産業だった地で父が、普通の織機でタオルのような風合いが出せないかと、経糸や緯糸での交色、立体的な織り表現、そして多層構造でのボリューム感で意匠性を表現し、市場にない商品の開発に力を入れて、作り出したのが「泉州南部織」です。ワッフル織を始めとして、多重ガーゼの5重織、6重織はここ泉州でも藤原織物独特の商品となりました。

そのやさしい風合いは、特にベビー用として最適です。

商社からの大量生産のものばかりこなしていては、将来の事業に発展性がありません。
これからも自分たちで企画して創りだした製品を世の中に送り出していきたいと思っています。

藤原織布さんのサイトはこちら

▼もの作りが集まる集団「せんば適塾」

せんば適塾は、大阪・関西から、繊維・ファッション産業の新生に向けて、誰でも参加できる出会いの場作りを通じて、業界各社の新たな取組みを支援しています。

事務局は、大阪府商工労働部と協同組合関西ファッション連合。

毎月、セミナーや工場見学会、展示商談会などのマッチングイベントを開催し、製造業者、流通業者、デザイナー、学校関係など常に様々な立場の人が参加交流しています。

せんば適塾で知り合った仲間が立ち上げたZOO PROJECTは、大阪・関西のもの作り企業とクリエイターのコラボレーションによりオリジナル商品開発を進めるプロジェクトで、今回はメンバー企業にもの作りでご協力いただきました。

せんば適塾のサイトはこちら

パターン製作、企画そして縫製まで「有限会社エムズ」

2000年創業の(有)エムズは、縫製関連設備30台、アパレルCAD(東レ クレアコンポ)5台を有し、アパレル商品の企画から、パターン・サンプル制作、縫製までを国内で展開しています。ニットや布帛の生地、ダウン、レインウェア、皮革まで、どのような素材でも縫い上げる縫製技術は当社の強みで、パリコレクションや東京コレクションの作品や舞台衣装をはじめ、全国からの多様な依頼に対応しています。

今後は自社のオリジナル商品「Boow」の拡販、メンズ、ウィメンズ、カジュアルなアイテムも提案していく予定です。

今回はスタイ、ハンカチ、授乳ブランケットの制作をお願いました。 

有限会社エムズのサイトはこちらから

Boowのサイトはこちらから

▼「つくりたい」という気持ちでつながった関西職人の輪

【木工作家:木心・コレカラキ 粂川悟志】
新しい木古い木と対話しながら、それぞれの木をどんな物に変身させていこう?
木に取り憑かれてしまった男が一つずつ、丁寧に家具や小物を作っています。

あなたの暮らしにお気に入りの木の物をひとつ
愛着のあるものに育てていきませんか?

今回「鹿の椅子を作りたい」というお話をいただいて、面白いやってみようとすぐお返事しました。
子どもたちが触れる物の中に、木の温もりがあったら素晴らしいと常々思っていて、
以前小学校の子ども椅子の制作を手掛けたこともありました。
今回も子どもが座りやすい角度、座面のクッション、また造形的な美しさを考えながら制作させていただきました。
1つ1つ手作りの、温もりある木の家具を、是非お子様に、そしてお孫さんにと引き継いでいっていただければ、嬉しい限りです。   

アトリエの横には、作品の展示スペースが設けられています。
粂川さんのFacebookはこちら

 

【縫製:服部矢恵子】

その人だけのオンリーワンのお洋服づくりをめざす

会社勤めを辞めて、もともと好きだった洋裁の道に入って数年。
最初はサイズ直しやリメイクの注文を受けてやっていましたが、口コミで広がり、オーダーメイドのお仕立ての注文も多く、お話を聞きながら、その方に寄り添ったお洋服を創っていきたいと考えています。
親子で合わせられる服やカバンを担当し、実際に使用していただける時のことを想像しながら制作に携われたのは、楽しかったです。

自然豊かな奈良の郊外の工房にはアンティークなミシンが展示され、お客様をお迎えします。
服部さんの連絡先はこちら


【縫製:石口優子】


普段はお仕立てよりも教室の方が多く、ミシンを身近に感じて欲しいものが作れるように生徒さんを指導しています。
短大の服飾科を卒業後専門学校でさらに技術を磨き、デザイナーになりました。
その後、ご縁があって専門学校の教職につき、人と関わっていくことが好きであることを再確認。
クラウドファンディングのお手伝いをさせていただくのは今回で2回目になります。
今回は、子育てで大変なママが元気になれるような洋服や雑貨というコンセプトをお聞きし、2人の息子をもつ母として是非ご協力させてもらいたいと思いました。
お子様にも優しい素材を使用し授乳中のママでも楽に着ていただけるワンピースという事が明確に決まっていたので打合せはスムーズに進みました。
夛山さんの穏やかで優しいイメージ同様のテキスタイルデザインで私も穏やかな気持ちで縫製させていただくことができました。
クラウドファンディングを通して様々な方と出会いお仕事させていただくことができ洋裁をしていて本当に良かったと改めて感じています。
石口優子さんのブログへ

 

【縫製:山口貴代子】

洋裁講師。短大被服科を卒業後服飾学院で本格的に洋裁を学び、後に学院長のアシスタントを経て講師になる。

現在活動の中心は大阪天王寺にあるABCクラフトやミシン店での店頭講習,カルチャースクールのソーイング講座等をしています。

今回の縫製については最初生地を頂いた時、その繊細さに正直戸惑いを感じましたが、完成してみると美しい画は生き生きと映え、甚平というより薄い羽衣のように感じました。

 

【縫製:Scratch Factory】

通常は販促系デザイナーのお仕事をしつつ、雑貨クリエイターとしても活動をしています。
ディスプレイの製作物やオーダー作品をお受けする事も多く、今回もクッションとベビー寝具製作のお話をいただきました。
洋裁をしている母の影響で、小さい頃から針を持つ事に何のためらいもなく育ち、現在は母にも縫製の仕事を手伝ってもらう事も増えました。
いつも思う事ですが、依頼される内容によっては普段私が製作するものとは全く違うテイストや素材に挑む場でもあり、何とか仕上げたい!という想いを持たせていただける貴重な機会でもあります。
今回も夛山さんと直接お会いして、作家さんの持つ空気感やイメージを大切に製作させていただきました。
Scratch FactoryのFacebookページへ
Scratch FactoryのHPへ

▼最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
アーティストともの作りの企業が心をひとつにして、ママと子どもたち、たくさんの人を笑顔にしたいという思いで今回のプロジェクトに誠心誠意、全力を注ぎました。

みんなの力で、本当に素晴らしいものができ、一人でも多くの方にお手元に置いていただけたらと願っています。
お手に取っていただければ必ず皆様を笑顔にできる!と自信をもってお届けいたします。
manmanlai(マンマンライ:ゆっくりいこう)をどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください