はじめに・ご挨拶

大阪の福島区で将棋barルゥクのマスターをしております福間貴斗と申します。
当店は優しくて温かい常連の皆様やご新規のお客様に支えられ、先月3月で無事に1周年を迎える事が出来ました。

飲食業が未経験な私をここまで育てて頂いた事に感謝をしながら、2周年に向けて頑張ろうとしていた矢先、今回のコロナショックに見舞われました。オープン当初はたくさんの困難にぶつかる事を想定していましたが、ここまでの事は想定外でした。

開店からまだ1年の今の私では、お店も軌道に乗せる事が出来ず、現在の財政状況では日々助けてくれる全スタッフの生活が守れません。私に日頃から厳しい助言をし、サポートをしてくれるメンバーからはお店を閉めた方が良いとアドバイスを受けました。

私は、長い間勝負の世界にいましたので、周囲に弱い自分を素直に見せる事が出来ず日々どうしようかと悩んでいた矢先、それを察するかのようにたくさんの常連の皆様から「クラウドファンディング」をやってみてはどうかとご提案を受けました。

他にもたくさんのお言葉を頂きました。
「お店を潰さないで!」「支援出来る方法はありませんか?」「お店に何か送らせてもらえませんか?」素直に皆様に甘え、頼っていいものかと悩みましたが、1年間応援してもらえたこのお店を簡単に潰してはダメだ!と改めて思い直し今回クラウドファンディングをする決意を固めました。

皆様も大変な時期である事は重々承知の上です。
誠に勝手なお願いではございますがどうかご支援を頂ければ幸いです。


商品・お店が作られた背景

奨励会退会後、私はサラリーマン生活を7年間経験しました。
大好きな将棋も指さないと決め、仕事に専念しようと思いました。最初の1~2年はどうして自分だけが違う世界にいるんだろう。なぜプロになれなかったんだろう。自分は今何をしているんだろう?
こんな精神状態の中で、しかも全く未知の畑違いの仕事。何をやってもうまくいくわけがありません。毎日毎日怒られてばかりの生活。大好きな将棋も指せない。毎日悲しさと不安がよぎる中、将棋の記事に目を通すと同期や後輩がどんどんプロになって活躍していました。

「いいなぁ。羨ましいなぁ。毎日好きな将棋がさせて。俺も将棋指したいなぁ。」

気付けば将棋の事を考える時間が増えていました。
自分には将棋の才能はなかったし、努力も足りない事は明らかでしたので当然の結果と頭では理解していましたが、身体は社会人生活に全く適応しませんでした。
それから数年が経ち、厳しい社会に少しだけ慣れ、心にゆとりが出てきた頃、何か将棋で交流の場を作ることは出来ないかな?と思い、大好きな将棋が仕事に出来る将棋barを始めることにしました。


私たちの商品・お店のこだわり

お店のコンセプトは主に3つ。

①将棋が大好きな方はもちろん、将棋を知らない方や初心者の方にも面白さを知り楽しんでもらえるお店作り。
②女性の方にも来店してもらいやすいお店づくり。
③通常営業だけではなく、ルゥクイベントを通じて棋士の先生の良さや素顔を知って頂けるお店づくり。

上記3つは開店からずっと心掛けていることですが、今後も継続して維持していきたいと考えています。


リターンのご紹介

リターンは上から順番に金額順に並んでおり、棋士の先生の限定プレミアムリターンも多数存在。


プロジェクトで実現したいこと

より一層の基盤安定を目指し、皆様に愛されるお店にしていきます。
一般的に、将棋道場や将棋barは敷居が高いと思われていますが、勇気を出してお店に来て頂いた全ての方に「ルゥクに来てよかった」と思って頂けるように今後も精進致します。


資金の使い道・スケジュール

皆様からご支援頂いた金額は運転資金に充てさせて頂きます。


最後に

棋士の先生方のリターンに関しましてはコロナ終息後に行いますので期限は一旦仮日程とさせて頂きます。該当のリターンに関しましては、随時個別にご報告をさせて頂きます。

最後になりますが、このプロジェクトを実行するにあたり、背中を押して下さった常連の皆様や関係各位の皆様に御礼申し上げます。どのような支援額になったとしても、皆様のお気持ちを胸により一層ルゥクを守れるよう、精進致します。

皆様も大変な時期である事は重々承知の上で、
誠に勝手なお願いではございますがどうか皆様のお力添え、ご協力を頂ければ幸いです。


営業時間
毎週水曜日~日曜日 18:00~24:00
毎週月曜日     20:00~24:00

定休日
毎週火曜日

祝日なども関係なく上記の営業時間です。お席のご予約も可能です。
最新情報はTwitterをご覧下さい。


https://shogi-bar-rook.business.site/
ご不明な点がございましたらラインやDMにてお問い合わせ下さい。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください