はじめまして。

岡山県真庭市月田という長閑な場所で昭和28年に建てられた倉庫をリノベーションし、【他所にはない】革製品の製造販売を行っております、La crie(ラクリエ)と申します。

イオンモール岡山 ハレマチ特区365内にはブースがあり、そこでも製造過程をご覧頂けます。

今年6月から、大阪市南船場にLacrie Osaka(ラクリエ大阪)の出店を予定しております。

期間限定で私自身も全て常駐したいと考え、ラクリエ月田総本店・ラクリエ大阪・
イオンラクリエブースを3つの場所を週替わりで回ります。

そうなると経費は嵩むと予想され、去年の末、地元の信用金庫様に相談しました。
大筋で大丈夫と言われていましたが、待てども返事がない。
そして今年3月末、
「申し訳ないですが、今回は…。今後売り上げなど引き続き拝見しながら…。」
との判決。
「決算書を引き続き見せろと仰るのですか!?
ここで駄目なら、先でもありません。
あの時貸さなかった事を後悔して頂くよう、精進致します。」
と、これから【取引は一切しない宣言】を致しました。
しかしながら、予定が大幅に狂ってしまいました。

これは信金様の経営判断で、駄目な奴には貸さない。これで正解。
悪いのは私です。出店するとなると、「儲かってるんだな〜。」と言われますが、トンデモナイです。いつも通りのグズグズのキワキワで御座います。

Lacrie Tsukidaのお店創りをしている時です。
作業スペースが広くなったので、私のテーブル以外に誰かが座るだろうと
2つ余計に置きました。
1年経たずに席は埋まりました。
たった1人では出来る事は限られますが、生産能力は1人増えるだけで一気に向上しました。
(これなら、もう1店舗行けるかも??)
思ったら駄目。
思っちゃったら、駄目なんです。
何となく視察に行ったら、オーナーさんに会っちゃって、決まってしまう。
そうこうしていたら、オープン予定のタイミングで独立するって人が現れて
スタッフとして入って貰う事となる。
何が言いたいかって言うと、まずは【環境を創る】こと。
するとそれに【フィットする人】が現れる。
お金が出来てからとか、もう少し出来るようになってからとか、もう少し認知されてから、
では遅いと思います。

このままではLacrie Osaka(ラクリエ大阪)の出店が危ぶまれます。
「準備不足だ!」
と言われれば、その通りです。
申し訳ありません。

皆様のお力をお貸し頂けませんか?宜しくお願い致します。

尚、目標金額が集まらずに終了した場合でも必ずリターンを履行致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください