2020/05/12更新

【新しいリターンに毛ガニとアワビを追加しました!!】

プロジェクト開始5日間で【151万円】のご支援を募ることができました。

本当に有難うございます。

実はこのプロジェクト、もう島では知らない人がいないほど広まっており、

島民のみなさん、毎日進捗をチェックするのが日課になっています(笑)

「利尻島のことを応援してくれる人たちがこんなに全国にいるのか」

「昔利尻に来た人と再び繋がれるのは嬉しい」

クラウドファンディングが、

コロナで暗くなった街全体に明るい光をさしてくれています。

ネクストゴールを【300万円】に設定します。

コロナが収束した暁には支援者の皆様に感謝をお伝えするためのイベントも開催したいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、150万円を超えた売り上げについて以下のように活用させて頂きます。

・大学生の宿泊施設へWiFiを導入 

・移動用の車に加え、移動用原付バイクを購入

・大学生の交通費を補助

・大学生が使用する作業服や手袋などの備品を購入

【300万円】満額集まりましたら、

より多くの大学生を受け入れるため、

2つ目の宿泊施設の整備にも着手できると考えております。

引き続きご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


はじめに・ご挨拶

小坂善一(こさかぜんいち)と申します。利尻町出身の43歳で、漁師をしています。

妻、1歳と5歳の娘の4人家族です。

私が漁師になった経緯や大切にしていることは下記のリンクをご参照ください。

https://www.jobkita.jp/publish/detail/1962/

このプロジェクトで実現したいこと

ついに利尻島でも離島初の新型コロナウィルス感染者が発生しました。

風評被害なども想定されますが、この島と産業を守るための変革のチャンスは今しかない!と考え、このプロジェクトを立ち上げました。

はじめに、私たち一次生産者のビジネスについてお話させてください。

我々は海産物を生産し、中間業者を通じて消費者の皆様に生産した商品をお届けすることで、生計を立てています。

現在コロナによる影響で、高級料理店などで使用される海産物の需要は大きく落ち込んでいます。

その結果卸値は半減し、我々生産者の収入は激減しています。

そして収入が減ったからといって、支出が減ることはありません。

従業員の人件費を支払って雇用を支えなくてはなりませんし、漁船のランニングコストは嵩んでいきます。

正直に申し上げて、私をふくめ、多くの生産者が苦境に立たされているのが現状です。

私は、周囲の仲間たちと、「どうすれば生産者の収益を安定させることができるのか」、コロナの前からずっと知恵を絞ってきました。

そこで行き着いた答えの一つが、

「消費者と直接つながる」

ということです。

そのために私たちが始めた取り組みと、利尻と京大生の出会いについてお話させてください。

利尻の昆布と京都大学との出会い

2019年春、大路 幸宗(おおじ ゆきむね)さんが島を訪れました。

三菱商事から子会社のスカイマティクス(画像解析のソフトウェア会社:https://skymatix.co.jp/)に出向している28歳の若者です。

地方創生を志す彼は、島の悩みについて相談に乗ってくれました。

私が長年の課題である「漁繁期の労働力不足」について相談すると、彼はさっそく母校の京都大学から、学生アルバイトを派遣してくれました。

ここで、我々漁師が思いも寄らなかった相乗効果が生まれました。

私たちにとって労働力不足が解消するだけでなく、島を訪れた京大生たちは、これまで経験することのなかった一次産業の現場に立って、

「出汁のイメージしかなかった昆布がどのように生産されているのか知れてよかった」

「昆布干しの手伝いだけでなく、人情溢れる漁師さんと1ヶ月にわたって生活をしたことで、家族が増えたような感じ。これからの利尻島のために何か協力したい」

など、島の未来を明るく感じさせるような感想をくれたのです。

ひょんなことから、京大生が収穫する利尻昆布が生まれました。

そうしてすぐに、2020年度の継続派遣が決定しました。

長年労働力不足に悩んできた我々にとっては、本当にありがたいことです。


資金の使い道(脆弱な受け入れ体制)

我々生産者も、またありがたいことに学生たちも、2020年度の収穫を楽しみにしてくれています。

ところが、現在の受け入れインフラは脆弱で、集落の公民館を何とか宿泊先として活用している状況です。当然シャワー室も無く、移動手段の車もありません。

そこで今回、クラウドファンディングを実施することを決めました。

支援いただいた資金を活用してインフラを整えることで、来期もまた多くの学生に「昆布バイト」として来島いただきたいと考えています。

私は、小さな出会いから始まったこの異色の事業を、利尻島の将来を明るくする、若手漁師に、新たなあり方を示す事業として、大きく育てていきたいと本気で思っています。

もし、ご賛同いただけましたら、ぜひ支援をお願いします。

そのお返しとして、豊かな利尻の恵みをたっぷりリターンさせていただければ、感激です!


リターンのご紹介

① 利尻島の海産物や特産品

3,000円/5,000円/10,000円/20,000円の4つのコースを準備させて頂きました。

10,000円のコースにはバフン雲丹、20,000円のコースにはバフン雲丹+イクラ醤油漬け or 毛ガニ+あわび+いくら醤油漬を付けさせていただきます。

② 利尻島の海産物や特産品 (定期便)

30,000円/60,000円/105,000円の3つのコースを準備させて頂きました。

バフン雲丹、イクラ醤油漬、天然利尻昆布、7年製天然熟成極上利尻昆布、アワビ、毛ガニの発送を想定しています。

③ 利尻昆布の販売権

希望小売価格70,000円相当の利尻昆布を50,000円で販売させて頂きます。

お中元やお歳暮としてお知り合いに贈って頂いたり、ご自身で販売して頂くなど、利尻昆布のファンを増やしてください!

④ 利尻島満喫パッケージ(2泊3日=100,000円/人)

空港でのお迎え/お見送り

利尻島一周ドライブ

昆布干体験/ウニの殻剥き体験/鮭釣体験/漁師さんとBBQ

利尻島の海産物や特産品のお土産(1万円分)

最後に

初めて利尻島を知った方、既に利尻島を知っている方、皆様とクラウドファンディングを通じて繋がりたいと思っています。まずは利尻島の海産物や特産品を楽しんで頂き、コロナが落ち着きましたら、ぜひ島に遊びに来てください。お会いできるのを楽しみにしています。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/29 01:48

    期待と不安を胸にスタートした初めてのクラウドファンディング気が付けば3週間…皆さま方の あたたかいご支援と励ましのメッセージに支えられ、今日まで走り続ける事ができました。言葉では言い表せませんが、感謝の気持ちがあふれ出るばかりです。思い返せば昨年の夏、早朝から利尻昆布を干す京大生の清々しい笑顔...

  • 2020/05/26 19:54

    皆様からの支援があまりに嬉しく、まだクラウドファンディング終わっていませんが、昆布バイトのインフラを整え始めました。バイトさんが宿泊する場所をDIYで整えています。皆様から頂きました支援金を活用させて頂きます!また今年度も7月から5名の京大生が利尻島で昆布バイトに従事してくれる予定です。宿泊場...

  • 2020/05/17 18:40

    利尻昆布の出汁の取り方意外と知られていない!?利尻昆布の出汁の取り方を動画にしました!こちらの動画をぜひご覧ください!!200万円達成ご支援いただきまして本当にありがとうございます。利尻昆布、ウニやいくらのみならず、アワビや毛ガニもございます。2回目、3回目のご購入ももちろん大歓迎ですので、ご...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください