新型コロナ禍の東京都の休業対象から外れている、とある鍼灸院が初めて考えたプロジェクトです。 美容鍼を東京と岡山の皆様にお届けする夢のために、くぐるだけで心身が安らぎ、和らぐ、そんな暖簾の作成を応援していただけたらと思っております。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして
新宿5丁目で大清堂という鍼灸院を営んでおります
新宿で開業しまして12年となります

日本メディカル美容鍼協会会員でもあります
院長近影

この、ご挨拶の最後の文章は
なるはず…でした
 2月からの、この新型コロナウィルス感染症の流行が無ければ…です
そこまで、お読みいただければ嬉しく思います


鍼灸を皆様の生活の近くにお届けしたいと考え
病院にインターンに入り西洋医学も学び
様々な鍼灸の流派を否定することなく
良きところを学び
洋の東西を問わず、学んだ全てを患者様に還元させていただく所存でやってまいりました

そんな中で数年前から美容鍼灸も本格的に開始しました
西洋医学の進歩した今
鍼灸が皆様の近くに居場所を求めるとすると、どこだろうと試行錯誤をした結果でもあります

しかし、顔中に多くの鍼を刺し、またそこに電気を流すという手技は、どうなのだろう?
と疑問に思っていました
顔面神経麻痺の治療において、刺しすぎた鍼による症状の悪化などからの思考です

そこで円皮鍼という貼る鍼を用い、深く刺さなくても十分な効果が得られる手技を行ってまいりました
それだけでも十分だったのですが、更に素晴らしい手技に出会ってしまいました

今、最も新しい理論と医学的に推奨される【ICCO式 美顔はり】です
習得の難しい【散鍼(さんしん)】を利用した手技で
1回の施術で顔全体に約2〜3,000回の散鍼を行います

顔の皮膚の基底層に0.2〜0.3㍉の傷を無数に付けた直後には
表情筋が引き締まりリフトアップ効果をリアルに実感していただけます
しかしこの手技の本質は24時間かけてコラーゲンやエラスチンといった美容成分を生成することです
肌のターンオーバーを促進させ、アンチエイジング効果は特筆すべきものがあります

現在、この手技の協会認定鍼灸師の準備をしており
6月より、本格始動となります

そう

なるはず…でした

2月からの、この新型コロナウィルス感染症の流行が無ければ…です


このプロジェクトで実現したいこと

鍼灸業界は非常事態宣言が出た東京都において
休業要請の対象となりませんでした
それは有する国家資格故、身体の治療を行うところであるが故です

しかし現実は、COVID-19の感染を畏れる方々が多く
この状況下で鍼灸治療を受けようと考える方は
本当に治療を必要としている少数の方のみです

当院への来院者数も減少し
存続も危うくなるようなことになるとは思いもよりませんでした

現在も鍼灸を必要とされている方には今以上の質の高い鍼灸を
未だ鍼灸を受けたことが無い方には、もっと生活の身近に感じられる鍼灸を
そんな鍼灸を皆様にお届けする日まで

当院を、なにがあっても存続させたいと思っております

そして、この美容鍼の手技を東京で
そして、地元の岡山でも実施出来るように
体制つくりをしていきたいと思っております


プロジェクトをやろうと思った理由

現在のコロナ禍の中で、日本国民全員に10万円の給付が決定しました
条件無しでの給付は素晴らしいと思っています

しかし、その10万円を必要としない方がおられるのも事実のようです
必要としない方は申請しなければいい
そういう意見もTwitterなどで散見されます

ですが、折角の給付金です
多少面倒でも申請していただき
必要とされている病院や施設に寄付をしていただいたり
経済を回す一助としていただきたいと思っています

そんなお気持ちをお持ちの方に
その中の一部でも
当院にお預けいただけたらと思い
このクラウドファンディングを立ち上げました

新型コロナという厄災が収束、または終息し
皆様が安心して施術・治療を受けていただけるようになりましたら
美容鍼でも通常の鍼灸治療でも、心ゆくまで受けていただき
鍼灸治療の素晴らしさを多くの方に実感していただけたらと思っています

そして
皆様からの存続のためのご助力に対する
ご恩返しをさせていただけたらと思っております


資金の使い道

一昨年にオーストラリアの書家のHiroさんに
当院のロゴを書いていただきました
そのロゴを使用しまして、暖簾(のれん)を作成させていただきます

朱色で鳥居をイメージし
くぐるだけで心身が安らぎ、和らぐ
そんな暖簾(のれん)の作成をさせていただこうと思っております

そして皆様へのリターンである
回数券の作成と
当院ロゴ入りペンを作成させていただきます

このペンで気に入っているのが
ボールペン部分を出していない時は
タッチペンとして使えます
スマホやATMなどのタッチパネルで使用可能なんです
書き心地もいいので、とても気に入って使用しているペンです

残りは新型コロナ収束までの家賃や設備投資等の運転資金とさせていただきます


リターンについて

回数券(詳しい回数についてはリターンの項目をご覧ください)
一回の治療をかなりリーズナブルな価格に設定させていただきました
もともと都心部の鍼灸院としては、安い方なのですが(笑)
更にお得に設定させていただきました

あとは上記のペンとなります


実施スケジュール

クラウドファンディングが終了しましたら
当院のフライヤーをデザインしてくださったデザイナー様に暖簾(のれん)等のデザインを依頼します

そして暖簾(のれん)を発注します

並行しまして
ペンと回数券を発注いたします

暖簾(のれん)は届き次第
鍼灸院で使用させていただき
ご来院いただきました皆様にくぐっていただき
身体から穢れをお祓いいただけたらと思っております

暖簾(のれん)のお披露目と同時に
送付先住所をいただいたこのクラウドファンディングの支援者の方々に
回数券とペンを皆様に郵送させていただきたいと思っております

※回数券不要の方は配送先の記載は結構です
※しかし、ご自分でご利用にならない場合、周りの方に譲渡していただけたらと思います
※ですので、ぜひ配送先はご記載ください


最後に

鍼灸をもっと身近に感じていただきたいと思いながら
日々治療をさせていただいております

必要とされなくなる日まで
治療をさせていただきたいと思っております

全世界を襲う新型コロナウィルスに負けずに頑張っている方々と共に
こんな時だからこそ、頑張っていきたいと思っております

初めてのクラウドファンディングです
至らぬ点も多いかと思いますが

何卒ご支援いただけたらと思っております

大清堂鍼灸院 院長


※募集方式について
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、
ご支援いただいた皆様にリターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください