はじめに・ご挨拶



はじめまして!

谷彩香(たにさやか)と申します。

生まれも育ちも高知県生粋の土佐の女です。

現在、カンボジア人の夫とカンボジアに住んでおり、二男一女(6・4・1歳)の三児の母です。


2013年8月にカンボジア人の夫と結婚

夫はカンボジア・コンポンチャム州生まれプノンペン大学卒業

韓国で博士課程を取得

今は専門の哲学と神学の執筆活動に勤しみながら、地域への教育活動を行っています。

高知の実家で3年半暮らした後、2018年2月にカンボジア・プノンペンに移住しました。

カンボジアの子どもに対する教育に衝撃と痛みを感じた結果、夫と話し合い2020年3月中旬からホームスクールをスタートしました。

私自身も空いた時間、子供の育児の講座を受けています。

知育玩具を使って自己肯定能力アップについて、大人の声掛けの改善、そして、キッズコーチング2級6月末取得します。

夫婦円満についてなど、今後 子供の教育改善のためにまずは大人の意識改革をしていく上で役に立つ内容を勉強しているところです。 

もっと詳しく自己紹介しりたい方はこちらにリンクしてください。

https://sruymrw.amebaownd.com

プロジェクトを立ち上げた背景

小さなころから

「誰かのためになることをしないといけない。」

と、母親に言われて育ちました。だから、いつも心のどこかで

「誰かのために役に立ちたい!!!社会に貢献したい!!」

と強い気持ちがありました。

1人目を授かったときに、子供の人生をハッピーにするには自分自身が成長する必要があると考え、無我夢中で育児本や教育本を読みあさる日が続きました。
そして出産後、気に入った何冊かの育児本を片手にただただ実践する毎日でした。

カンボジアの教育は1世紀経たない時期に1度失われていますカンボジア生活が始まり子供たちの教育は、クメール語をメインにしたいと言う思いから、日本を始めとするNGOからの支援ある公立学校に通うことが、クメール語習得に有利と判断し、1年間カンボジアの公立幼稚園に預けました。 

しかし、自分の思う教育内容には程遠く葛藤の毎日でした。
先生は最低限のマナーを守って、子ども達が安全に過ごせるようにしてくれ、我が子も可愛がってくれてる印象を受けました。

 ですが、園での生活スケジュールは3歳から6歳児の子どもが、1日の生活の大半を椅子に座って先生の話を聞き、それをただリピートしていました。 

そのおかげでクメール語は伸びました。
しかし、6歳までの大切な時期に感じてほしい愛情だったり、得られるはずの知識を受けることが難しい環境だと感じたのです。 

先生の言う事を聞かない、危ないことをする、友達と喧嘩をするなど、先生に都合の悪いことあれば、棒や物差し、ハンガーをもって 「叩くよ。」という先生が多いのも事実です。
フリだったとしても、軽く叩かれてる友達を見てる子どもは家で先生の真似をして「たたくよ~。」と冗談で遊ぶ姿を見て当時悩む事が増えました。 

まだまだ体罰や色んな問題が残る発展途上国であるいうことです。 


カンボジアと言えば地雷やフランス植民地国として有名ですが、これらすべては、1970年~1990年代の内戦と混乱により、教育施設は破壊され、教育者を含む何百万の知識人たちが粛清されたことが大きく関係しています。 

その後、海外から支援を受け 徐々に立ち直りしつつあります。 しかし、教育基盤を失われたことで、今もなお、教育環境に大きく影響していることは明らかです。 

ですが、教育が失われても家庭を築いていくことに変化はなく、内戦で壊れた社会、荒んだ家庭環境で育った大人達が子供の本質を活かした教育をすることは簡単ではないでしょう。  日々食べて生きていくことが重要で、子どもに問題が起きても誰も対処方法を知らないのは歴然としています。
そのことは今のカンボジア社会でも感じることです。
だから、日本人のように自らの育児を見直したいという意欲が薄い印象を受けます。 


子ども達は純粋な原石です。
良い教育を受ければすぐに輝き始め、未来に進みだしていける強さを持っています。
問題は大人であり、教育が急がれるのは大人の方だというのです。


希望的な教育を受けることで親にも影響を与えていけるのではないかと思います。  今からは、非認知能力を伸ばすことが重要だと感じ、 自己肯定感を高める声掛けやコーチングをオンラインで学んで毎日の育児に取り組んでいます。その中でも、子どもは誰もが天才性を備えています。 

それを100%出せるかは大人次第であり、むしろ、教育が必要なのは子供ではなく大人だ!

という内容に目から鱗で感動し、これが私がカンボジアの地に来て生涯ここで生きていくために伝えていくことであると感じたのです!

キッズコーチングで学んだ事を3人の子供たちに実践し、急速に変化するのを間近で見て、カンボジアの教育現場に取り入れたい! これを 大人達にシェアする事で社会が変わり、国の教育レベルが上がるのではないかと希望を抱き、漠然としていた学校建設の夢が形になってきたのです。
まだまだ、日本に比べ教育に対して親の意識が高くない現状です。

 脳科学でも、3歳までに脳の80%ができ、6歳で90%、12歳で100%が出来上がると言われています。
そのため、幼児期に自己肯定感を伸ばすことを最優先に考えてプログラムを取りれていく計画です。
 無限大に持っている能力を伸ばすには、幼児期に特定の人からの愛情を沢山受けることが必要となります。 

 私は子どもの成功を願わない親はいないと思っています。
 ただ生きるだけではなく、社会で世界で活躍して喜ばない親はいないでしょう?

その気持ちをカンボジア人にも感じてもらいたい、手伝っていきたいのです!   その第一歩である、無限大の可能性を持った子ども達の天才性を引き上げ、家庭で補えない部分を埋めていけるカンボジアの光となる学校をつくっていきます!



このプロジェクトで実現したいこと

教育理念として

「光となれる私となろう」

➀保育施設を創立

私たちがケアできるように、今住んでいる首都プノンペンに創立したいと思います。経費を抑える為、いちから建設するのではなく、元々ある建物に手を加えて教室等を設けていきます。

②グローバル育成

グローバルな人材育成をする為にカンボジア人以外も受け入れ、それぞれの特色も理解しながら国際色豊かにできるように目指していきます。

③父母と積極的に関わり、家庭での教育を提供

子育てで悩んでる親はカンボジアでも同じです。定期的に、親に対して育児教育を実施し、家庭で取り組めることを推奨していきたいです。同じ母親として、家庭での悩みを聞きながらひと家庭ひと家庭をいつもそばで応援できる場所を提供していきたいです。

④授業はクメール語(現地語)英語を学ばせて、小学校への連結を図る

公立はクメール語メイン。インターナショナルスクールは英語メイン。各々家庭様々ですが、家庭で話してる言葉プラス何を学ばせたいかで学校を決めていることが多いと思います。小学校になると英語1本か、クメール語、フランス語、中国語など、言語視野がさらに広がります。基本のクメール語と英語の基礎を学ぶことでどこの小学校に行っても遅れをとらないようにしていきます。そして、スムーズに連結できるようにいずれ小学校も創立していく予定です。

⑤放課後は希望者に対して日本語教室を実施

希望者がいれば年齢に合わせた日本語教育でのアフタースクールをしていきます。日本語を学ぶことで将来の選択肢を増やす試みです。

⑥スポーツやレゴブロック等の授業を取り入れる

毎日登園後、積極的に運動を実施しすることで 健康と基礎体力を養っていきます。暑い時期は発達段階に合わせて簡易プールで水と触れあっていきます。
レゴは、男の子の遊びのようですが男女共に自己肯定感を養うことができる優れた知育玩具です。表現力や想像力、集中力もさながらやり方によっては問題解決能力を大幅にアップさせる事ができます。他にも、音楽にも触れていけるようにしていきたいです。

⑦非認知能力を向上していく教育

ここ数年で非認知能力と自己肯定感を伸ばす教育が注目されています。本来は、家庭で行えることが多くあるのですが、まずは保育所で子ども1人1人を認めて長所を伸ばしていく中で、親が家庭で取り組んでいってほしいことを段階を踏み 最終的には保育所と保護者で子供を見守っていくように致します。そのためにも、保育者と保護者に学びの場を多く設けて誰もが成長できる場へしていく意向です。衣食住は豊かになっていますが、これからは心のケアが社会にも家庭でも必要になってくると推測できるので、非認知能力を高める最先端の教育カリキュラムを導入していきたいと思います。非認知能力を伸ばすのに欠かせない
遊ぶから学ぶこと
 

タイムスケジュール(2歳~6歳対象)月曜日~金曜日必要な方は土曜日も

8:00 運動
8:45 クメール語・英語(4.5.6歳)
9:30~10:45自由時間(年齢に合わせて遊びの時間)
11:00 昼食
12:00~ お昼寝(2.3歳)レゴやブロック遊び(4.5.6歳)
14:00  おやつ
自由時間(年齢に合わせて)
15:00 退園
16:00~17:00 日本語教室


カンボジアでは共働きが多いため、家庭に合わせて延長でみることもできるようにしたい。

*月2回程度日曜日に園を開放し、親子で遊びに来れる空間を作りたい。


カンボジアってどこ??私たちの地域のご紹介

人口1630万人程度 90%がクメール人 10%は中国系、ベトナム系の少数民族  雨季や乾季を通しながら1年を通して暑い国 首都プノンペンは、場所によっては貧富の格差があるが、年々他国の支援で大きなコンドミニアムやイオンなどのデパートが多く建設されてリゾート地ともなりつつある。
私たち家族も住むプノンペンは、日本のモノも仕入れやすく、カンボジア料理も比較的食べやすいです。 カンボジアの田舎の自然いっぱいのイメージとは違い首都は、都会で物理的に豊かになってはきてますが、まだモラルに欠ける場面に出くわします。


実施スケジュール

*6月下旬に応募開始
*7月末で締め切り
*8月下旬にキャンプファイヤー様から振り込み
そこからリターン開始・保育所準備を本格的に開始
*11月に開園
まだコロナが影響していて、スケジュールに多少の誤差はあるかと思いますが、精一杯スケジュール通りに行っていけるよう努力していきます。(5月中旬現在教育機関全体が11月まで開校できないと国から発表がありました)

資金の使い道

・保育所の内装外装工事(保育所申請にあたって税金なども含む):160万
・教材の調達(オモチャや遊具など絵本、料理器具):50万
・人件費(工事する人や保育所が落ち着くまでのスタッフへの給与):60万
・リターン:30万
・キャンプファイヤー様へ手数料:50万


リターンのご紹介

支援して頂いたすべての方に

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

親心で応援!!!!
3000円
○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

5000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

10000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)


高知が愛する 高知アイスをお届け
なぜ高知アイスか?^^*
今のところカンボジアでは郵便の再開がいつ再開されるか不明な状態なので、物販売でお世話になった高知アイスをお届けしたいと思いました。


15000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)

○高知アイスドリンク6本セット

20000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)

○高知アイスおまかせ詰め合わせ8個セット

50000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)

○高知アイスドリンク6本セット

○高知アイスおまかせ詰め合わせ8個セット

100000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)

○高知アイスドリンク12本セット

○高知アイスおまかせ詰め合わせ10個セット

200000円
○開園記念品にお名前を書かせていただきます。壁に大きな絵を描きたいと思ってますのでその中に刻ませてほしいです。場合によってはオブジェや別のものになる可能性もありますが、追って連絡します。

○お礼のメッセージを送らさせていただきます。

○保育所の名前を応募できる権利。(希望者のみです。集計してこちらで決めさせて頂きたいです)

○高知アイスドリンク12本セット

○高知アイスおまかせ詰め合わせ10個セット

○カンボジア保育所特別ご案内(空港送迎費、観光巡り費、宿泊費食費等20000円まで我々が負担いたします。交通費は自費でお願いします。例20万円一口につき20000円のリターン)

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございました!! 
ご存知の通り、駆け出したばかりの者でございます。
不可能を可能にしていくために生き急いでます。
カンボジアでは日本人が、先駆けて日本教育を取り入れて教育基盤を底上げして下さっています。
 カンボジアに来てまだ数年の私ではありますが、刺激しあって、よりよい教育環境を作っていければと思います。 
グローバル社会である今、子ども達が将来、世界の為に、人の為に生きていきたいと言う夢を抱いて育つ心豊かな子供の心を育てるには、関わる大人の影響も大きいと思います。
我が子もハーフとして産まれ、カンボジアと日本の架け橋となりカンボジアを舞台にグローバル社会を築く子供に育ってほしいと思っています。
そのために親の努力は欠かせないのではないでしょうか?
一生カンボジアで暮らすと決意してカンボジアに来ました。
そこで、目に見えて感じたカンボジアの教育実態を見て、わたしの魂が叫び、震え、立ち上がりました!! 
世界に通用する、強い心作り、自分の意志で未来を切り開く人材育成、その土台をつくる保育所が必要なのです。

 共産主義国家であり、植民地国家であったカンボジアの国全体も、子供の成長と同じで、自分の意地で動いていく国となり、子供たちと一緒に成長し自信をもって育児をできる土台作りのお手伝いをしていきます。
  我々から保育士、保育士から家庭や地域、家庭から国民にへと質の良いネットワークを広げていきたいと思います。 
ここに書いたものすべてを実現するには時間も労力もかかるのは承知です。
カンボジア教育に希望を持って頂きたく沢山の方の応援をお願いしています。
期待に添えるように努力していきます!
応援していただける方が、現場の私たちと喜んだり楽しんだり一緒に感じて共感できるように、のちにホームページも開きますので、随時見守ってくださればありがたく存じます。
 応援をどうかよろしくお願いいたします!!!  頑張ります!  熱い土佐女 谷彩香

よろしくお願いします!!!!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/17 13:20

    皆さまご無沙汰しています。投稿が滞ってすいません。コロナ第2波で1カ月休校しましたが、1月4日から無事に開園しました!!!!朝の会の様子が・・・・2月23日からコロナ第3波で休校を余儀なくされています。1か月半で園児も少しずつ増えて30人に達したところでの休校・・先生たちにもお休みしていただい...

  • 2020/12/03 15:43

    11:30~お昼 11:30~お昼ご無沙汰しています。皆さまお元気ですか?カンボジアは涼しくなってきました。朝晩は24℃なのでちょうどいい温度ですが、寒いと感じてしまうようになり カンボジア体質になっているなと感じます( *´艸`)秋の空になってきました手前のコロナの影響で生徒集めが苦戦しまし...

  • 2020/11/13 00:46

    みなさんお元気でしょうか(о´∀`о)私は元気で毎日走り回っています。今回 「SALA SEKAI 」は11月15日に開園予定でしたが 今週から2週間 コロナで学校機関がすべてcloseしました。なので22日に開園式を行い23日から保育を開始しようと考えています。部屋がいっぱいあるので密になら...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください