はじめまして
yytrading です
  • 大阪府 / 
初めてのプロジェクト

私どもワイ&ワイトレーディングは、高級旅館向けに特注でラタン家具の製造を行う会社です。自社直営の工場をインドネシア・ジャワ島に持ち、高品質なオーダー家具を含むオリジナルのラタン製品に定評があります。現地自社工場の職人たちからは日々新しいユニークな製品のアイデアが生まれており、それらの反響を試す場としてクラウドファンディングに挑戦しています。

はじめに・ご挨拶

私どもは特注品を得意とするラタン(籐)家具や屋外用家具のメーカーです。ラタン家具の本場、インドネシアのジャワ島に自社工場を所有し、特注品1個からの製作が可能です。これまで長年に渡り高級旅館向けの製造に絞ってきましたが、自社工場の職人たちからは日々新しいユニークな製品のアイデアが生まれています。それら新製品の反響を試す場として、今回はじめてクラウドファンディングに挑戦することにしました。短期間のプロジェクトですが、最後までお読みいただけたら幸いです。

高級旅館向けオーダーラタン家具の一例(熊本県白川温泉 竹ふえ様)


「ガムランの里チルボン発、王様気分の最高級猫ラタンキャリーベッド」

みなさまはインドネシアの民族音楽ガムランをご存知でしょうか。大中小のさまざまな銅鑼(ゴング)や鍵盤打楽器による合奏の総称ですが、ひとくちにガムランといっても地域ごとに特色があります。私どもの自社直営工場があるジャワ島北西部、チルボンのものは「チレボン(チルボン)・ガムラン」と呼ばれ、有名なバリ島の青銅製ガムランとは一味違う鉄製ガムランの柔らかな響きが魅力です。

インドネシアの人口の9割近くがイスラム教なのですが(バリ島はヒンドゥー教)、自社直営工場の職人たちもまた、宗教上の理由もあって猫をとても大切にします。想像力あふれる若い職人たちが、自分たちの技術を使って愛する猫たちのために何かできないか?というアイデアからこの製品を生み出しました。

高級旅館向けオーダー家具と同等の最高品質のラタンが持つ優しい風合いと通気性、インテリアとしても機能するあたたかなデザイン&フォルム、猫の好奇心をくすぐる隠れ家的な要素に加え、外出時の堅牢性を高めるためアイアン製のフレームを採用しています。室内では優雅なお昼寝ベッドとして使い、出かける際には扉を閉めてキャリーケースとして機能する。単なる移動手段としてではない、普段からお気に入りの場所として使っていただきたい「ラタンキャリーベッド」という新しい呼び名を与えました。

室内では王様気分のベッドとして

外出時はナチュラルな雰囲気のキャリーケースとして


プロダクトのご紹介

ラタンキャリーベッドの素材であるラタン(籐)は主にインドネシアのカリマンタン島やスラウェシ島に自生する植物で、生命力が強いうえ生育速度が早いのが特徴です。木材の場合は伐採後に再生するまで50年以上かかるのに対して、ラタンは7年位で再生するため環境に優しい持続可能な天然素材の代表格といわれています。

今回はラタンの中でも高級とされる「プルット」という材料を採用しています。太いラタン素材から数本を削り出す方法の材料と異なり、一本ずつに天然の表皮が付いたままの状態なので耐久性や光沢感に優れています。

職人の技が光る美しい一本矢羽の網目



長期間の使用に耐えるよう、ラタンキャリーベッドの骨格となる部分にはアイアン製のフレームを採用しています。室内飼いの猫は平均寿命が約15年といわれていますが、愛猫の生涯にわたって使っていただけるものと自負しております。

底面にはゴム脚を4箇所に取り付けておりますので、置いた際にラタンが地面に直接触れることがありません。現地の宗教上の理由から猫のためのキャリーベッドとしていますが、もちろん小型犬の飼い主様にご使用いただいても問題ありません。


このラタンキャリーベッドは高級旅館の厳しい要望に応えなくてはならないオーダー家具と同等の製造過程を経て、卓越した技術を持つ職人たちが丹念に一つずつ手作りしています。品質やデザインに目の肥えた日本のお客様に満足していただけるよう努力した結果、ペット用のキャリーケースとしてはややオーバースペックな感もあります。

量販店などで一般向けラタン製品を目にされたことがあるかと思います。それらと私どもの製品を比べると素材や編み込みのクオリティがまったく異なり、そのことが結果的に耐久性に大きな差を生み出しています。中には安価なラタン製品を数年おきに買い換えれば良いという方もいらっしゃるでしょうし、一方で気に入ったラタン製品を長く使いたいという方もいらっしゃるはずです。素材のクオリティ、職人の技術、猫への想い、そして一番大切な製品の安全性と耐久性。さらにナチュラルなテイストを演出したデザイン性と、このラタンキャリーベッドにかけるこだわりがみなさまにうまく伝わると幸いです。

私どもがこの製品に正当な価格を設定するとしたら、間違いなく3万円を大きく超えることになります。それだけ製品に自信があると受け取っていただいても構いません。今回、はじめてのクラウドファンディングへの挑戦を通して、何より現地の職人たちのアイデアを実現させ、コロナ禍で沈んでいる気持ちにふたたび自信を持たせることができればと考えています。

インドネシアからの輸送費、消費税、みなさまへの配送費、クラウドファンディング手数料を含み22,000円というかなり攻めた金額を設定させていただきました。ぜひ一度本物のラタン・クオリティを手にとっていただき、末長くご愛用いただけますよう、ご賛同をお願いいたします。

製品仕様

間口の巾=約280mm
間口の高さ=約300mm
全体の高さ=約380mm(ハンドル部、底ゴム脚含む)
奥行=約400mm
重さ=約2.8kg
フレーム=アイアン(溶接仕上げ、ハンドル部を含む)
扉=アイアン(溶接&塗装仕上げ)
編み材料=ラタン(表皮つきプルット材)
扉の結合部=ポリエチレン樹脂(屋外用家具に使う紐状の材料で強度&耐候性抜群)
扉ロック部品=プラスチック樹脂(今回の製品サンプルより大型の部品を採用予定)


※猫の場合は体が柔軟なため、体重8kg程度以下であれば快適にご利用いただけます。
※小型犬の場合は製品のサイズ(奥行)を目安にご検討ください。
※自然素材のハンドメイドなので大きさには若干の個体差があります。
※扉部分を目隠しするためのカバーを開発中です。
※ラタンキャリーベッド内部の底面に敷くマットを開発中です。
※製品のお届けは2020年9月を予定しています。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2020/06/01 20:05

    実は5月中旬頃からプロジェクトページは公開していたのですが、ご案内のための詳細な写真と情報が揃いましたので内容を更新いたしました。今回すべての経費、手数料、消費税を含み22,000円というかなり頑張った金額を設定させていただきました。そのため最低50個の製作が必要となっており、それを目標金額と...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください