自由が丘の飲食店にエールを。「#エール券」プロジェクト 

ー はじめに ご挨拶ならびに「#エール券」プロジェクトが立ち上がるまでー

自由が丘の飲食店にエールを。「#エール券」プロジェクト 代表の逆井 真です。

私は自由が丘で創業し、17年間地域に愛していただいてる居酒屋てっぺん自由が丘店で勤めております。

当店は、創業以来たくさんのお客様やお取引業者様ならびに仲間である同業の方々に支えられ、自由が丘の地で商売をさせていただいております。「1軒の居酒屋から日本中を明るく元気に」「居酒屋は愚痴を語る場所ではなく、夢を語る場所」という想いを大切に、自由が丘で商売を継続させていただけていることに感謝しかありません。

17年間、数字や人的な経営課題において、様々試行錯誤し、地域とお店、伝統を守りつつ一歩一歩ではありますが、みなさまと共に歩んで参りました。
しかし、今回の新型コロナウイルスの影響は今まで体験したことがない事態です。
お客様やスタッフ、店舗や歴史、抱えるものが多ければ多いものほどに感じる負けられない戦いです。
なんとかなる。大丈夫。と周りに言い聞かせ、何とかしようと奔走しました。

が、日々の中で様々なイベントの中止の決定や今まで起きたことないような課題の数々。
同業や地域の方々と、不安な気持ちが次第に高くなっていきました。

従業員の安全は?雇用の確保は?営業継続?営業自粛?お店や会社の存続は?
予算確保は?テイクアウト?デリバリー?助成金確保?

どうすれば・・・どうすれば・・・。

「これは、自分のお店だけが踏ん張っていてもダメだ。個々の店だけが頑張るだけでは敵わない危機だと確信しました。こんな時こそ、こんな時だからこそ、仲間どうしで協力し合って、知恵を出して、やれることを全てやらなくては」との思いが募りました。

が、何もできずにいました。

そんな時、同じ思いを持った同志の投稿をFacebookで見かけました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お知らせ。

緊急事態宣言のなか、飲食店はお弁当、テイクアウトを行うお店が増えております
この度、自由が丘の飲食店4店舗合同でお弁当の販売を行うことになりました。
自粛要請の中、なんとか助け合いできることはないかと模索し協力しあう次第です。
様々な方のご厚意やご協力に感謝を致しまして、日頃ごひいきしていただいてるお客様にお店の味を食べていただきたいと思い、各々心を込めてお弁当を作らさせていただきたいと思います。
※消毒等、感染防止策は十分に対策しております。

場所 自由が丘美観街空き地(松屋、回転寿司隣)
※東京都目黒区自由が丘1丁目12−1
日時 4月24日(金)11時30分~15時頃
基本、各店舗出来る限り毎日販売を行いたいと思っておりまのでどうぞ宜しくお願い致します。


尚、今後自由が丘全体の飲食店の皆様と一緒に出来る様に、只今自由が丘商店街振興組合や各町会の方々と様々な意見交換などを行い模索しておりますので決まり次第追って連絡致します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

#自由が丘エール飯発起人 鳥へい代表 中村四州王 

こうしてまずは、
自由が丘飲食店合同テイクアウト【#自由が丘エール飯】の取り組みが始まっていきました。


私は、SNSでの発信だったため、賛否両論すべてを受け入れる覚悟をこの投稿で感じました。
#自由が丘エール飯
への覚悟をこの投稿で感じたんです。

何かしなくては。何かないのか。
そう思って、なにもできずにいた私自身恥ずかしく、情けなくなりました。

そんな中、2月末に非常事態宣言が出た北海道で、飲食店を支援するクラウドファンディングが立ち上がって大きな反響を得ていることを知りました。
そのあと、私の地元、千葉県でも大成功を収めているのを知り、背中を押していただきました。
一歩踏み出すきっかけとなってくれました。
みてくれているかわかりませんが、この場を借りてお礼を伝えさせてください。

本当にありがとうございます。


「大小関係ない。都内も地方も関係ない。全国の飲食店が頑張っているなら。踏ん張っているなら。立ち上がるべきだと思いました。」


私たちは自由が丘の街が大好きです。自由が丘の活気を守りたい。自由が丘の街に元気を取り戻したい。

自由が丘に住んでいる方々、お越しくださる方々に笑顔になっていただくには、自由が丘を守る人達から笑顔になっていこう。そして、そんな自由が丘の取り組みを見た周りの地域から広がり、徐々に日本中が明るく元気になればいいと思います。
北海道の取り組みや千葉県の取り組みに背中を押された私たちのように。

コロナの脅威はたくさんのものを奪っている気がします。人、お金、居場所、コミュニケーション、絆。
見えない敵に立ち向かうべき、自由が丘の飲食店が一致団結して立ち上がります!!

自由が丘の人情味溢れる街づくり、個性やセンス溢れる街づくり、関わる人すべての笑顔のために。

#エール券 プロジェクトメンバー

そうしてできた
飲食店合同テイクアウト【#自由が丘エール飯】

その声は徐々に広がり、飲食店関係者のみならず、様々な立場の方々から参加や協力を申し出る手が上がりました。
このように一人の勇気あるSNS投稿により、ムーブメントが起こり、

飲食店合同クラウドファンディング 自由が丘の飲食店にエールを。「#エール券」プロジェクト

おかげさまで短期間でプロジェクトが立ち上がり今日に至りました。


ー「#エール券」プロジェクト名の由来ー

現在コロナの今までにない脅威におびえ、飲食店の皆様やお客様も出歩けないストレスを感じているのではないでしょうか。「友達といろいろ話したい。仲間と語って乾杯したい。美味しいもの食べたい。行きつけのお店でいつもの!と言いたい」などお考えの方も多いのではないでしょうか?

それなら、「ご家族やご友人、大切な人とご飲食をしているところを思い浮かべながら、飲食チケットを事前に購入していただき、個店または自由が丘内の参加店舗を応援していただければ」と考えました。

「自由が丘を、飲食店を応援して未来を創り出すお食事券」をお買い求めいただいて、自由が丘の飲食店にエールを送ってほしいということで「#エール券」のプロジェクト名が誕生しました!

自粛が明け、ふと思い立った時に自由が丘の飲食店にお越しください。
エールを送っていただいた分、参加飲食店一同、最高の笑顔とおもてなしでみなさまを歓迎いたします。

ー#エール券 プロジェクトへの想いー

コロナの脅威は世界中に不安と恐怖を与えています。「自分たちができることは何だろう」を一生懸命考えました。不安な時だからこそ身近な人たちと手を取り合って、心と力を寄せ合うことが大切なのではと考えました。

1つのお店を守ること。

それは、そこで働くスタッフさん、取引業者様、お客様、ビルオーナー様、地域の活気を守ることだと考えます。
今まで地域に愛されてきたお店やこれから新しい命を吹き込もうと奮闘するお店の廃業は、中長期的に見て、自由が丘の人的、経済的な損失になりかねないと思います。また、今こそ地域のつながりを深めていくことにつながると考えております。
より多くの皆様のご理解とご協力を賜り、このプロジェクトが自由が丘の活性化につながることと信じております。
また、素敵な笑顔でたくさんの笑い声が響き渡る飲食店を夢見て、この状況をみんなと耐えきって見せます。

つきましては参加飲食店を応援するお客様がたのみならず、自由が丘に縁(ゆかり)のあるあらゆる企業様、個人様に切にお願い申し上げます。
また笑顔でお会いできる日まで、どうぞみなさんご自愛ください。

クラウドファンディング 自由が丘の飲食店にエールを。#エール券プロジェクトメンバー一同


ーーーーー【応援の方法】ーーーーー


応援の仕方は下記となります。


【1】「参加店舗指定食事券を事前購入」で支援(参加店舗の中から指定して応援する)
【2】#エール券参加店舗全体への支援(食事券なし)
【3】自由が丘料飲組合全体への支援(食事券なし)
【4】#エール券プロジェクトへの支援(食事券なし)

※まとめて購入いただけるととても嬉しいです。
どうか、皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

【リターンのご紹介】

【1】「参加店舗指定食事券を事前購入」で支援(参加店舗の中から指定して応援する)

◇2,500円→ご希望の参加飲食店の食事券3,000円分
◇5,000円→ご希望の参加飲食店の食事券6,000円分
◇10,000円→ご希望の参加飲食店の食事券12,000円分
◇30,000円→ご希望の参加飲食店の食事券36,000円分
◇50,000円→ご希望の参加飲食店の食事券60,000円分

【参加店舗】

縁LAVIDA  ●Salir  ●鳥へい  ●  ●てっぺん自由が丘  ●悪代官  ●usubane  
ひなたkitchen  ●クルンサイアム自由が丘店  ●Cathy’s  ●terrace dining Busenante  ●THE ESSENCE ●こかげ酒場 ●CURRY&BAR Gu ●炭焼き小料理わさび ●たいよう食堂 ●stone gril NIC ●京乃臣 ●三拍子 ●FINCA de LAVIDA  ●ナンリ亭 ●ワインとイタリア料理141 ●豚島 ●MONI ●bar legnA ●bar パレス ●餃子屋台 Menoji ●二八庵さらしん ●大文字 ●自由が丘 牛タン いろ葉 ●自由が丘味よし ●BAR Lismore ●プティマルシェ ●味彩 ●BAR Neverland ●SORA自由が丘 ●ドライフルーツのお店アラカルト  ●謝逢紅〜SHARK〜 ●PIZZA17 ●厚切りステーキ ジカビー ●タンテリーザ笑多  ●T's レストラン

※参加店舗は随時増えます。(現在42店舗)
※参加店舗指定食事券のみ備考欄に支援したい店舗名を記入してください。

参加を考えている店舗の方へ→参加申し込みフォーム

※最終締め切り日を過ぎましたので、店舗募集は締切とさせていただきます。
今はみんなで協力して乗り越えるべきです。自店のためにも、自由が丘のためにも立ち上がりましょう!
参加を表明していただいた店舗は参加店舗欄に追加させていただきます。※若干のタイムラグはご了承ください。

応援して頂ける参加飲食店を選んで頂き、そのお店でご利用頂ける食事券をお送りいたします。

※食事券購入については上記参加店舗の中からお選び頂き、必ず「備考欄」に購入する飲食店名をご記入ください(本プロジェクトでは、飲食店の指定がない(参加店舗どこでも使える)食事券の発行はありません)。食事券不要の場合は、「食事券不要」と備考欄にご記入ください。

※1回の決済に220円の手数料がかかりますので、複数の場合はまとめて購入がお得です。
※食事券有効期限:2020年8月1日〜2021年1月31日
※お食事券は3,000円券でご支援頂いた金額分お届け致します。
※参加店舗は随時追加していきますので、予めご了承下さい。
※食券会計時お釣りは出ませんので予めご了承下さい。
※店舗を指定する際は本文中の参加店舗よりお選びください。確認出来ない場合は、参加店舗全体で均等に分けて活用させていただきますので予めご了承下さい。

【2】#エール券プロジェクト参加店舗全体への支援(本プロジェクト参加店舗への応援)
◇3,000円→本プロジェクト参加店舗へ均一に割り振られ、活用させていただきます。

※プロジェクトメンバーからメールにてお礼の連絡させていただきます。
※参加店舗からのお礼のメッセージを活動報告欄にてさせていただきます。
※備考欄に応援メッセージを入れていただくと、参加店舗からお礼のメッセージが届くかもしれません。

【3】自由が丘料飲組合全体への応援(食事券なし)

◇3,000円→自由が丘料飲組合加盟店舗へ均一に割り振られ、活用させていただきます。
◇50,000円→自由が丘料飲組合加盟店舗へ均一に割り振られ、活用させていただきます。
◇100,000円→自由が丘料飲組合加盟店舗へ均一に割り振られ、活用させていただきます。

※プロジェクトメンバーからメールにてお礼の連絡をさせていただきます。

【4】#エール券プロジェクトメンバーへの応援(食事券なし)

◇2,000円→本プロジェクト立ち上げ店舗へ均一に割り振られ、活用させていただきます。
※プロジェクトメンバーからメールにてお礼の連絡させていただきます。

※「食事券購入なし」の支援(自由が丘料飲組合全体の応援)は、食事券のご提供はありません。
※プロジェクト終了後、ご支援頂いた金額を均等に分けて、参加店舗一同で使わせて頂きます。


ーーー自由が丘で飲食店を行われている方へーーー
随時参加店舗募集中です!!
#エール券に賛同いただいた店舗代表者の方の参加表明により、掲載させていただきます。
【1】 「食事券を事前購入」で支援(店舗を指定して応援)については、料飲組合非組合店舗でも参加いただけるようにしておりますのでぜひご相談ください。
今は共に支え合い、助け合い、みんなで乗り越えていきましょう。

【スケジュール】 

・5月8日15日 クラウドファンディングスタート

・6月28日 クラウドファンディング 終了

・7月中お食事券を発送いたします

・届き次第~1月31日までお食事券を各飲食店でご利用いただけます。
※申し訳ございません。御恩はしっかり返したいと思いますので、繁忙月である12月中のご利用はなしとさせていただきます。セカセカ、バタバタせず、落ち着いてお礼を伝えさせてください。

ー 最後にー

自由が丘の飲食店の元気のために、自由が丘の街の元気のために、大好きな自由が丘のために、今ここ全力で自由が丘を盛り上げていきたいです!
落ち着いたころ、皆様を自由が丘にてお待ちしておりますね。
その時はみなさんのおうちごはんやおうちじかんでの思い出話を聞かせてください。
そこまでなんとか、一致団結耐えますので、笑顔で乾杯をしましょう!!
最後までお読みくださりありがとうございました!

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

【事務局】てっぺん自由が丘店(株式会社DLE)
【企画・サポート】自由が丘の飲食店にエールを。#エール券 プロジェクトメンバー
< 縁LAVIDA  Salir  鳥へい  渡  てっぺん自由が丘 >


  • 2020/06/24 14:18

    この度は貴重なご支援誠にありがとうございます!僕らの商売はお客様あっての仕事だという事を改めて感じている次第です。お客様に、自由が丘にまた行こう!と思ってもらえる為に、これからも日々精進していきます。支援してくださった方々への感謝を、生まれ変わった自由が丘の姿でお伝えできるよう頑張ります。これ...

  • 2020/06/19 12:46

    皆様この度は私どもの活動にご寄付、ご支援を頂き、心より感謝申し上げます。皆様からお寄せ頂いたご厚意は、自由が丘飲食店、又Cathy'sの発展に活用させて頂きます。今後共どうか末永いお力添えを頂きますよう宜しくお願い申し上げます。未だ油断のならない事態ですが、Cathy'sは消毒、ソーシャルディ...

  • 2020/06/08 13:26

    おかげさまで目標金額300万円を達成しました。ご支援ご声援ありがとうございます。引き続きネクストゴール500万円にむけて頑張ります。引き続きどうぞよろしくお願い致します。#エール券プロジェクト 逆井 真

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください