社会貢献、再犯防止支援事業として営業している【Maki Beef Wine 正道塾】刑務所から出所した人たちを雇い、再犯を防止する飲食店がコロナで経営の危機!ピンチをチャンスに変えるためにクラウドファンディングに挑戦!

プロジェクト本文

[はじめに・ご挨拶]

-突然ですが私には前科があります-

はじめまして「川中正喜」と申します。45歳。飲食店ステーキハウス「MAKI BEEF WINE 正道塾」という飲食店を営んでおります。


肉とワインに特化したお店です。

お肉も自信を持って美味しいと言っていただけるものを提供、BAR営業も好評なぐらいにワインにもこだわっております。

それだけでは他のステキな飲食店様と変わりません。当店最大の特徴はその事業形態にあります。

当店は私を含め、スタッフ全員が前科を持っています。

罪を犯したものが罪を償ったあとの居場所を作る。「再犯防止支援事業」としてお店を運営させていただいています。

前科持ちである私達ですが、胸を張ってお客様の笑顔のお手伝いができている!

お客様からも必要とされている!

と自負しています。


包み隠す事なく、恥じる事もなく、このクラウドファンディングにも挑戦、そしてお願いをさせてください。


[プロジェクトで実現したいこと]

単刀直入にお店の存続です。

月の売り上げはだいたいこのような感じです。

月の売り上げ 350万

原価   150万

人件費 100万 (30%)

借入金返済   35万

閉店でもかかるランニングコスト 40万

自粛休業中は収益はゼロなので

月に175万のマイナスです。

国や市からの手当てなどをいただいたとしても、厳しい数字です、、だからといってワケありのスタッフを解雇するなどとてもできません。

目的は当面のキャッシュです。

実は、金融機関に融資の相談にも行きましたが、私の前科の問題で融資も受けることができませんでした。


[このプロジェクトをやろうと思った理由]

このお店は普通の飲食店ではありません

働いてるスタッフには絶対に「居場所」が必要なんです。

またこれから先「居場所」のない出所者を受け入れるためにも絶対にお店を潰してしまうわけにはいきません!!

一度は人の道を外してしまった我々が人の為に頑張れる場所なんです!!

「正道塾は我が人生!」

例えコロナに負けようとも自分自身には二度と負けるわけにはいきません!!

そして、これからの活動においても、このクラウドファンディングをきっかけに認知していただくことも大きな励みとなります!

[これまでの活動]

当店の存在により世の中から少しでも犯罪をなくしたい!居場所がないがために再犯に手を染めてしまう加害者を作りたくありません。

被害者などもってのほかです。

スタッフの中には生き別れになっていた親御さんと再会を果たせた人もいます。

お客様にも「この場所は絶対になくしたらあかん!負けたらあかん!」と力強いお声をいただいております。

正道塾は美味しいお料理とお酒を楽しむ場+エンターテインメントだと思っております。

そして間違いなくこれからの日本に必要な場所であると自信を持って言えます!

このプロジェクトの成功により、なんとかお店を存続させ、社会を良くする役割を少しでも担えることを願い努力します。

[資金の使い道]

当面の維持費です、持ち堪えてる間に持続可能な融資などの策を練っていきます!

[リターン]

予約販売という形で様々な自慢の品をご用意させていただきました。是非コロナが収束いたしましたら「正道塾」へ来てくださればこんなに嬉しいことはありません。


最後に

どのお店も大変なのは承知しております。

だけどだからといって何もせずにこのまま店をなくしてしまうことだけは嫌だ!

やれることは全てやります!命がけです!

クラウドファンディングという仕組みも最近知りました。

ノウハウもなければアテもない。

色んな人に助けを乞いなんとかこうして形にすることができました。

どうか!どうか少しばかりのご支援をよろしくお願いします!!

店舗の詳細情報はこちら↓

https://makibeefwineseidoujyuku.gorp.jp/

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください