日本で20年以上活動してきた京劇団だからこそ実現できたこの公演。 日本の「能楽」と中国の「京劇」が夢のコラボレーションを果たします! 「静」と「動」相反する芸術が融合した『覇王別姫』の舞台をプロの撮影で映像化したい!

プロジェクト本文

▼ご挨拶とプロジェクト趣旨について

 一般財団法人日本京劇振興協会は日本を拠点に中国伝統芸能『京劇』普及活動を行っている非営利団体です。財団の母体となった「新潮劇院」は東京・世田谷を拠点に日本人と中国人の京劇俳優とで構成された在日京劇団で、20年来『京劇』普及活動を通して日本文化振興と日中友好に尽力してまいりました。近年では子供たちが舞台の楽しさを通じて異文化への興味を高めたり、積極性を高める活動を推進しており、文化庁の「文化芸術による子供の育成事業」にも採択されております。(劇団のより詳しい活動につきましては劇団紹介ページをご参照ください)

 

 

 当団体では劇団名の『新潮』が示す通り先進的な芸術表現にも取り組んでおり、在日京劇団としての特性を生かして日中伝統芸能のコラボレーションを行っています。2015年からは能楽師の西村高夫氏をパートナーに「能楽」「京劇」のコラボレーションプロジェクトを発足しました。どちらもユネスコ無形文化遺産に登録されたアジアの文化芸術でありながら「静」と「動」という相反する性質を持っている両者を融合させ、新たなアジア伝統芸術を創造することで国内外に新たなムーブメントを巻き起こすことが目標です。

 

 コラボレーションの題材として、かつての女形の名優「梅蘭芳」のために創られた京劇の代表演目「覇王別姫」を選び、この作品の持つドラマ性を生かしながら、能と京劇、お互いの味を引き出す試行錯誤が行われています。初演は2015年、劇団旗揚げ公演の場所である横浜市・テアトルフォンテにて「平成26年度テアトルフォンテ・アズビル・アワード芸術文化活動支援制度対象事業」として開催されました。(公演情報はこちら)広報の努力が至らず集客には苦戦しましたが、演出家・佐藤信氏をはじめとするご来場の方々から多くの賛辞を受け、この新たな世界観への自信を新たにしました。

 

 

 内容に更に磨きをかけ、2回目となる公演を2017年5月13日、劇団の拠点となる世田谷区の公共ホール「成城ホール」にて開催することとなりました(公演詳細はこちら)。今回は前回の反省を踏まえ、広報への予算・労力を増大し、おかげさまで客席は満員の見込みとなりましたが、予算的には公演を実施するにギリギリとなってしまいました。席数が足りない方、遠方や所要でご来場が難しい方のため、そして、2020年東京オリンピック開催という国際文化機運が醸成される中、国内外にプレゼンを進めていくための材料として、この公演の模様をプロの機材で撮影・編集し、映像資料として残したい、というのがご支援依頼の趣旨となります。日本で実績を積んできた当団体だからこそ実現できた、この新たな取り組みに、ぜひ賛同いただき、暖かいご支援をお願い致します。

 

▼プロジェクトの詳細

「能楽」と「京劇」が融合する舞台をプロの撮影によって映像化し、日中国交正常化25周年記念作品としてDVDを作成します。完成DVDは販売経路に乗せて今後の活動資金とするとともに、プロモーション活動資料として使用します。将来的には中国を含めた世界各国での公演につなげていきます。


▼資金計画

○初回の目標金額 66,000円
 ・2カメラによる撮影(1台固定)
 ・当団体で編集
 ・当団体でPCよりDVDライティング→劇団HPで販売
○5/6迄の見込金額 98,000円
 ・3カメラによる撮影(1台固定)
 ・当団体で編集
 ・当団体でPCよりDVDライティング→劇団HPで販売
○5/13迄の見込金額 120,000円
 ・2 or 3カメラによる撮影(1台固定)
 ・プロの編集作業
 ・当団体でPCよりDVDライティング→劇団HPで販売
○最終金額 200,000円
 ・2 or 3カメラによる撮影(1台固定)
 ・プロの編集作業
 ・バルクDVDでの海外プレス(1,000枚)→劇団HPで販売
○最終金額 250,000円
 ・2 or 3カメラによる撮影(1台固定)
 ・プロの編集作業
 ・バルクDVDでの国内プレス(1,000枚)→劇団HPで販売
○最終金額 280,000円
 ・2 or 3カメラによる撮影(1台固定)
 ・プロの編集作業
 ・トールパッケージDVDでの海外プレス
 ・JANコード付加での流通販売
○最終金額 350,000円
 ・2 or 3カメラによる撮影(1台固定)
 ・プロの編集作業
 ・トールパッケージDVDでの国内プレス
 ・JANコード付加での流通販売
○最終金額 350,000円Over
 余剰分は次回、コラボレーション公演の活動資金とさせていただきます。

※撮影委託先:舞台映像カラーズ

 

▼リターンについて

俳優による直筆メッセージや新潮劇院オリジナルグッズに本公演DVD。さらに、劇団ホームページ・DVD・パンフレットなどにお名前を掲載できる権利などなど、ご支援金額に応じてお送りします。
高額支援者にはナント「あなただけの特別公演」も!

 

▼公演詳細

覇王別姫(はおうべっき)~能楽と京劇 日中ユネスコ無形文化遺産の融合~
[日時] 2017年5月13日(土)18:00開演
[会場] 成城ホール ※小田急線「成城学園前」徒歩4分
[料金] 一般:4,300円 / 世田谷区民:3,800円 / 学生:1,500円
[共催] 成城ホール(アクティオ株式会社)
[後援] 中国大使館文化部 世田谷区

 日本の伝統芸能「能楽」と中国の伝統芸能「京劇」。どちらもユネスコ無形文化遺産に登録されているアジアの伝統芸ながら、かたや能面をつけ、ゆったりとした動きをし、神秘的な「幽玄」の様相を見せる『静』。かたや派手な衣装と化粧で激しく立ち回り、大音量の銅鑼が鳴り響く『動』。その相反する性質をあえて融合させ、新たなアジア伝統芸術を創造致します。平成26年度テアトルフォンテ・アズビル・アワードにて初演を迎えた夢のコラボレーションが、満を持して世田谷に登場です。

 ベースとなっている演目「覇王別姫」は、かつての女形の名優「梅蘭芳(メイランファン)」のために創られた京劇を代表する演目で、中華の覇権を争った「項羽と劉邦」の物語より、「四面楚歌(しめんそか)」の故事でも有名な項羽と后・虞姫の別れの場面を描いたものです。チェン・カイコー監督の映画「さらばわが愛、覇王別姫」でもモチーフとして用いられ、一躍有名となりました。今回の創作コラボレーションはこの演目を題材として、新しい表現を創作した内容となります。

[出演]


項羽:張春祥(新潮劇院/一般財団法人日本京劇振興協会)
北京生まれ。祖父の代から三代の京劇一家。北京戯曲学校を卒業後、北京京劇院に在籍。1989年来日後は舞台・映画・演出など幅広く活躍。1996年在日京劇団「新潮劇院」設立。日本における京劇普及と後進の指導に務める。一般財団法人日本京劇振興協会 代表理事。


虞姫(能):西村高夫(観世流シテ方/銕仙会)
1976年、銕仙会に入門。八世観世銕之亟、観世寿夫、山本順之に師事。1978年 〈土蜘蛛〉のトモで初舞台。1982年独立。現在は銕仙会理事として活躍。世阿弥座などの海外公演にも多数参加。1991年 清水寛二と「響の会」を結成。


虞姫(京劇):張桂琴
中国戯曲学院大学演劇学科卒業、同大学院を修了。山西省京劇団で京劇俳優として活躍する一方、14年間にわたり母校演劇科の教員を務め、日本や韓国でも京劇の特別講師を務める。専門は「刀馬旦(ドウマダン)」という立ち回りと唱の両方をこなす文武を兼ね備えた難役。

 [販売窓口]

新潮劇院:特設ページまたは080-4478-7009(担当:衛藤)
成城ホール:事務室窓口(※世田谷区民チケットのみ)
イープラス:専用フォーム(※一般・学生のみ)
※全席指定席・字幕付き
※開場は開演30分前
※未就学児入場不可

 

▼劇団の活動内容

主な活動内容
・日本人京劇俳優の育成|京劇教室+発表会
・文化庁「文化芸術による子供の育成事業|学校巡回公演」
・毎月開催|無料体験ワークショップ「京劇であそぼ」
・その他、様々な企画・公演を行っております。詳しくは劇団ホームページをご覧下さい。

 

▼最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このプロジェクトを通して、普段見慣れていない伝統芸術が、実は楽しく観れる娯楽の一つであるということをご理解頂ければ、これほど嬉しいことはありません。「伝統芸能はわざわざ劇場に足を運ばなくては観れないもの」ではなく「家でも楽しめるし、劇場に足を運べば、もっと大きな感動を得ることが出来る」という選択が可能な環境作りを目指しております。お近くにお住みの方はこの機会に是非、劇場まで足をお運びください。

応援、宜しくお願い致します。

  • 活動報告

    映像を一部公開いたします

    2017/06/18

    募集の締め切りまであと10日あまりとなりました! 舞台映像カラーズ様からデータも拝領し、映像編集の準備も進めております。 先行して一部映像を公…

  • 活動報告

    祝!達成率100%

    2017/05/17

    おかげさまでプロジェクト支援100%達成致しました。ありがとうございます。 引き続き、流通販売を最終目標としてご支援を承っております。 達成金額に…

  • 活動報告

    公演終了!

    2017/05/15

    多くのご支援ありがとうございます! 現在、 目標の99% となり撮影は2カメラでの依頼となりました。 が!なんと舞台映像カラーズ様のご好意により、…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください