国内、国外を問わずたくさんのゲストを受け入れてきた「ホステルムンド」は現在、新型コロナウイルスの影響によりかつてない存続の危機に直面しています。築100年の京町家ホステルへ緊急支援をお願いするプロジェクトです。 

プロジェクト本文

ごあいさつ

はじめまして。京都のバックパッカーホステル、Hostel Mundo(ホステルムンド)の橋本恵美です。
2020年の1月に前オーナーからバトンタッチをして、運営・管理をしています。

ホステルムンドについて

「城下町にひっそり佇む昔ながらの町家には、京都ならではの風情がそこはかとなく漂い、今宵も世界中から旅人たちがここに集う。
皆でちゃぶ台を囲み、車座になって和気藹々と酒を酌み交わし合い、かつての旅の話に、これからの旅の話に花を咲かせながら……。
京都の伝統を縦糸に、異国情緒を横糸に、多種多様な感性をゆっくりと熟成させ織り上げられた、全ての旅人を温かく包み込む布のような宿。それがホス
テルムンド京都————」

ホステルムンドは、2010年にオープンし、2020年で10周年を迎えました。
京都・西陣と世界遺産二条城のあいだの、比較的住宅の多い場所に位置しています。
日本国内、国外を問わずたくさんのゲストを受け入れてきました。
何度も足を運んでくださる方、1ヶ月、2ヶ月と長期滞在してくださる方、滞在を延長したいと言ってくださる方……。
たくさんのゲストに支えられてきました。

(ゲストが撮影した動画です)

地域が”自然なおもてなし”で溢れている

スタッフ、ゲストと初詣に行きました

・築100年を超える京町家
・大々的なリノベーションは行わず町家のありのままの姿が残っている
・誰もが懐かしさを感じられる空間
・ゲスト同士、スタッフが楽しく交流できる

私たちのホステルの良さを挙げればきりがないのですが、何よりの自慢は「地域に溶け込んでいる」という点です。

近所の住民の方には
「スーツケースを持って道に迷っている人を見かけたら、ムンドのお客さんかな?と思って声をかけるようにしていますよ」と
近くの喫茶店では
「ムンドさんね。お客さんや働いている子が何度も来てくれているよ。その子の住んでいる国に遊びに行って案内してもらったこともあるんだよ」と

地域の方に受け入れてもらっているんだな、自分たちの知らない所でもたくさんの方に助けてもらっているんだな、と日々感謝しながら過ごしています。

スタッフはもちろん、ゲストも一緒に町内の行事にも参加させていただいています。
ゲストには”旅先でのかけがえのない出会い・体験”を、住民の方には”外国人への理解・交流”を。
私たちのホステルに滞在しているからこそできる経験をしてもらいたいという思いです。

そして住民のみなさんの”おもてなし”が自然に行われている、地域に密着した宿泊施設であり続けたいと思っています。

町内の地蔵盆に参加しました

貴重な京町家ホステルが存続の危機に

新型コロナウイルスの影響で、今年の2月〜5月の100件を超える予約がキャンセルとなりました。現在、ホステルムンドは未だかつてない存続の危機に直面しています。

春の京都は、みなさまご存知のとおり桜、ライトアップ、葵祭など見所ばかりで、毎年たくさんの人で賑わっています。
今年の桜は天候に恵まれ、比較的長い期間花をつけていました。
本来だったらたくさんの人に楽しんでもらえたのにな……と複雑な思いでした。

京都市は町家の保存・継承の取り組みを進めていますが、住み手が見つからず空き家のまま取り壊されてしまう町家が現在もたくさんあります。
外国人はもちろん京都以外に住む日本のゲストに、昔ながらの京都人の生活を体験してもらえる貴重な場所を失くしたくありません。

ホステルムンドの「未来の宿泊チケット」

人々が普段通りの生活が安心してできるようになり、旅行に出かけられるようになったら。
またみなさんに京都に足を運んでいただけるように、そして京都に来ていただいた際にはホステルムンドをぜひ利用していただきたいと思っています。

そこで、ホステルムンドの”未来の宿泊券”を先行販売することに決めました。
「計画していた京都旅行を断念した」
「事態が収束したら、京都に遊びに行きたい」
未来の京都旅を想像するそのひとときだけでも、楽しい時間にしていただけたら……。

私たちに力を貸していただけると嬉しいです。

特典について

・未来の宿泊券とあわせて、支援をしていただきます感謝の気持ちを込めまして「ホステルムンド オリジナルグッズ」をお渡しいたします。
過去に訪れてくれたゲストやスタッフに寄贈してもらったイラストをモチーフとしたグッズを製作中です。

・宿泊券につきましては、繁忙期(詳しい日程については改めてお知らせさせていただきます)を除きご利用いただけます。有効期限は2021年12月末までとなります。

・宿泊時には京都市宿泊税(1名様あたり1泊200円)が別途必要になります。

想定されるリスクとチャレンジ

・宿泊券の有効期限について
毎日のように状況が変わる中、この事態がいつ収束するのか予測できない状態です。
宿泊券には有効期限を設けていますが、安心して旅行ができるようになった際に利用していただけるよう状況に応じて期限を延長する予定です。

おわりに

大掃除、庭の整備、家や備品のメンテナンスなど、ゲストがいない今だからこそ力を入れてできることを精一杯行い、いつでもゲストのみなさまをお迎えできるようスタッフ全員で準備しております。
何卒、ご支援をよろしくお願いいたします。

また、この世界的な危機が一刻も早く収束し、平和な日常生活が戻ってくるよう願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。)

  • 2020/06/30 11:00

    こんにちは、ホステルムンドの橋本です。プロジェクトが終了しました。27名のサポーターの方から242,000円ものご支援をいただきました!心より感謝申し上げます。スタッフ一同、みなさんをお迎えできる日を心待ちにしています。ゲストのみなさんが安心して快適に滞在していただけるよう、なお一層の努力をし...

  • 2020/06/22 20:00

    こんばんは、ホステルムンドです。先週末の河原町(京都の繁華街)は、外出自粛前以来となるたくさんの人出でした。自粛中の夜は、毎日「これから台風が来るの?!」というくらい人気のない日々でした。それが当たり前のようになってしまっていたので、賑やかな京都は久しぶりでまるで新しい街に訪れたような気持ちに...

  • 2020/06/10 20:00

    こんばんは。ホステルムンドの橋本です。目標金額の20%を達成しました。CAMPFIREでのご支援以外にも、緊急事態宣言解除のタイミングで訪問してくださったり、個別に予約をしていただいたりと、色々な形で応援してもらっています。こんなにたくさんのご支援をいただけるとは想像しておらず、驚いています!...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください