大阪京橋のイタリアンバルのオーナーシェフが挑戦する【美味しい】x【児童自立支援】x【就労支援】=SDGsを継続していくためにお力を貸してください!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。私は大阪の京橋で【イタリアン酒場ORA】の
オーナーシェフ吉田誠也といいます。

思わずワインでカンパイしたくなる生ハムや、自家製ソーセージ
などお肉料理を中心に、素材にこだわった創作イタリアンを提供しています。

また大阪ならではの食材をつかったイベント、アーティストを
招いてコンサート付きお食事会などを定期的に開催しています。


このプロジェクトで実現したいこと

【特製ソーセージで社会貢献をする仕組みを持続させる

■原材料の一部を児童自立支援施設で作り購入。
売り上げの一部は、児童自立支援施設の子供たちが自立する際の資金としてプールしておく。

■完成したソーセージの受注と発注を就労支援A型で請け負っていただく。
安定した販売を行うことで就労支援A型のメンバーのお仕事を創造する。

プロジェクトをやろうと思った理由

料理人である私が、ふとしたきっかけで。
ノーズチャリティーという様々な問題をかかえる子供たちを支援する団体の活動を知り。
私も子供たちのためになにかできないか?と思うようになりました。


でた結論は、料理人としてできること。
「おいしいもの」を作りだしお客様に喜んでいただく。
その喜びのサイクルが支援につなげられる。そんな事業をはじめました。


お客様にもより喜んでいただき、事業が軌道にのりかけていた矢先。
ご存じのとおりCOVID-19 (コロナウイルス)が世界中に広がってしまい。
支援どころか自分の店もかなり厳しい状態になってしまいました。


【それでも、私は子供たちの支援をしたい。】


どんな状況でも、君たちを助ける大人達がいる!ということを子供たちに見せたいのです。
どうかみなさまのご支援をお願いします。

資金の使い道

ソーセージ製造料金:200,000円
    広告宣伝費:272,500円
    手数料など:27,500円
       合計:500,000円

リターンについて


ソーセージA480gとノーズチャリティへの支援:5,000円
ORAクラファン特別コース:3,000円
お鼻とお礼のメール:2,000円
などたくさんのリターンを用意しています。
ぜひリターンをご確認ください。

実施スケジュール

2020年7月ノーズソーセージ販売開始
2020年10月就労支援A型施設での就労開始

最後に

コロナの問題で、私の店も今後どうなっていくかもわかりません。
しかし、どうなっていこうとも支援は続けていこうと心に決めています。
今は小さな灯ですが、未来の大きな光になれるように。
どうかあなたのお力を貸してください。お願いいたします。

そして、この文章を読んでくださった「あなた」もなにかできることが
ないか?と考えるきっかけになれば。とてもうれしいです。

イタリア酒場ORA

住所:大阪府大阪市都島区東野田町5-7-9 石井ビル2F
電話番号:06-6167-7379
定休日:日曜日
アクセス:JR京橋駅徒歩5分


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください