夫婦や仲間と楽しみながら語りあい、未来の夢の実現に向かって「ゆるぎないキズナ」を手に入れるゲームと、オンラインで共鳴状態をつくり、夢を描いてチームをつくる「シンパシーセッション」をお届けします!

プロジェクト本文

◆出逢った頃の気持ちを思い出し、絆を深めたい!
◆仲間と目標のベクトルを合わせたい!
◆もはや職場となった家庭を心地よい場所にしたい!
◆会社にも家族のような「あたたかさ」や絆を持ちたい!
◆親から受け取ったバトンを見つめ、自分の天命を見つけたい!
家族と夢を叶えたい!
そんな想いを抱くあなたへ”2つの贈り物”をご用意しました。


★1つ目の贈り物
家庭や職場で楽しみながら「ゆるぎない家族の力」を手に入れるボードゲーム「アチーバスエフェクト」をお届けします


★2つ目の贈り物
オンラインでガイドを受けながら、夢をわかち合い、実現へと導く「シンパシーセッション」をお届けします。



はじめまして!!

アチーバスジャパンの梅村と申します。

私は、マレーシアで出逢った奇跡のゲーム、アチーバス( ACHIEVUS ) を通して、みんなの想いを包み込む夢(メタドリーム)を描いて、実現させてゆきたい、と思って活動しています。

今まで、アチーバスはリーダー育成やコミュニケーション力を高める、ということで教育委員会や文科省の出前授業として、職場の活性化やビジョン共有、結婚相談所で相互理解を深めるために使われたり、その他、様々なシーンで活用されてきました。

今、アチーバスを活用するトレーナーは全国に380名、「思いやりーダー育成人」として活躍しております。

今回、新型コロナウイルスの流行により、4月に予定されていたイベントはほとんどが延期または中止となりました。

そこで私が感じたメッセージは、

「今、世界全体がつながって未来を描く最高のチャンス!」です。

今からお伝えする企画は、新しい時代を迎えるにあたり、心から幸せに生きるための力を養うことになる、と信じてます。



家族ってなんだろう?   

アチーバスはもともと「夢を叶える力」を家族で分かち合う という目的で作られました。

わたしたちは、両親から生まれ、長い間、生活の糧を頂きます。

人が成長するには、ある一定の間、見守ってくれる存在が必要です。

そして社会に出た後、「人と関係を築いて、助け合う力」を身につけてゆきます。

アチーバスを広げてゆく中で、友達や出逢った人とさえも、心がつながって信頼しあい、まるで家族のような関係をつくることができる可能性と、その必要性に気づきました。

「家族がチームになること」と「家族どうしがチームになること」。

これが新しい時代に支え合って生きてゆく在り方です。


著書「 第3の波 」で時代の変化をぴたりと予言した、未来学者のアルビントフラーは言っています。

「未来、コミュニケーション手段の発達により、会社に通勤する必要はなくなる。

人はいつか、家庭で仕事をするようになる。

その時に大切なのは側にいる家族である。」

今、テレワークの発達により、「 家庭 = 職場 」いう新しいステージが訪れています。

家族と真剣に向き合い、ともに未来を描く時代がやってきたのです。


アチーバスって何?

アチーバスの説明を少しだけさせてください。

アチーバスの意味は、 ACHIEVE( 達成する )+ US( わたしたち )の造語で「 わたしたちで達成する 」
勝ち負けが目的ではなく、みんなで協力達成してよろこびあうゲームです。



お互いに協力しながら、夢を叶える17のチカラを集めてゆく。

このゲーム体験を通して、思いやりーダーが誕生します。

「 思いやりーダー 」とは、「 思いやり 」を土台とした「 リーダー 」。みんなのチカラを引き出して、チームの力を最高に引き出すリーダーです。

今まで、このゲームがきっかけで、家族や職場に様々な奇跡が起こりました。

アチーバスについては以下のHPをご覧ください。

https://www.achievus-japan.com/achievus/


人と人を引き裂いたウイルス騒動

新型コロナウイルスの流行によって何が起こったのか?

三密だから、ということで人が集まることが不可となり、触れ合うことすら、できなくなりました。

企業の活動は止まり、世界中でロックダウンが起こり、一時、みんながステイホーム、家で過ごすようになりました。

そして家で過ごすことのストレスが語られ、コロナ離婚やDV( 家庭内暴力 )が生まれてきました。

今だかつて体験したことのない、いのちに対する危機感。

「 仕事、仕事 」だったお父さんが家にいる。

学校で勉強したり、友達と遊んでいた子どもが家にいる。

普段、どんなに仲の良い家族も、関係性の基盤がつくられていないと、ストレス状態が引きおこる可能性があります。

この状況は、家族の絆を取り戻すことの必要性を感じさせてくれました。


家族を救うゲームがあった!

自粛している時、リリースが先延ばしになっているゲームを思い出しました。

れは、まだ未発売のままだった「 アチーバスエフェクト 」の存在です。

この新作ゲームの構想を開発者ジャーミーレイザー氏から聞いたのは2年前。

7人の画家が絵をデザインし、家族向けに作られた手軽なゲーム。

コンセプトは " Enduring Family "。

" Enduring Family " とは「 ゆるぎない家族 」

別の言葉で言えば、

● 困難を乗り越えてゆく家族
● 永続する家族
● 強い絆で結ばれた家族

の意味です。

ただ、構想を聞いた時はアチーバス日本版が出たばかりだったので、リリースできるのはまだ先だ、と正直思ってました。


ファミリーレガシー  ~次世代にバトンをわたす~

昨年、9月にラスベガスでこのエフェクト体験会を開きました。

街中が勝ち負けに没頭する中、「勝つ楽しさ」だけじゃなく、「助け合う楽しさ」を伝えるチャレンジです。

現地の人々が言いました。

「もっと早く、このゲームに出逢っていれば僕の家族は救われたかもしれない。」
「このゲームは、ギャンブル中毒のこの街を救うかもしれない。」

アチーバスエフェクトには家族が継承してゆくもの(ファミリーレガシー)について描かれています。

家族が未来の世代に何を遺してゆくのか?

自己完結する家族ではなく、時間や距離を超えてつながってゆく家族の在り方を考えるきっかけが描かれていました。

私は「 これほど今の時代に必要なゲームは無い! 」と確信しました。

今、これを世界に向けてリリースしたい!!

私は決意しました。

1日も早く、このアチーバスエフェクトを届けよう。

「 アメリカ生まれ、日本育ち 」と言われたアチーバスを、思いやりの国、日本から世界へ発信し、家族の輪を広げていこう。


オンラインでガイドを受ける効果

もうひとつ、ゲームを通して気づきを得る時に、重要なポイントがあります。

それは、ファシリテーター(ガイド役)の存在です。

アチーバスが日本に来た頃、教育に携わっている人たちが口々に言っていたのは、

「ファシリテーションによって価値が180度変わる」

ということでした。

ゲームというのは1回目の体験が大事です。

初めてゲームをやって「こんなものか」と思ってしまったら、二度とそのゲームをやらないでしょう。

ゲームについて熟知して場を進行するファシリテーターの存在は必須です。

日本でアチーバストレーナー制度を作ったのはそこに意図があります。

ゲームのプレイには、その人の思考・感情・感覚のすべてが現れます。

さらに、チームでゲームをする時、その場でどうように関係性が育ってゆくのか?

そのプロセスの中に、長年の自分のくせや、すれ違うポイントが現れています。

ここに気づくことが、体験から得られる最大の効果です。

ファシリテーターはそこに向かってガイドする必要があります。

企業でもそうなのですが、部長、課長、係長、というヒエラルキーや役割がある中では、本音を語るのはなかなか難しいです。

しかし第3者が介入することで、場がフラットでになり、チームの可能性が引き出されるのです。

家族でも同じことが言えます。
家庭を機能させるための「夫」「妻」「父」「母」「子ども」この役割にしばられてしまい、かえって、人と人のコミュニケーションがとれなくなっている場合があります。

アチーバス開発者のジャーミーレイザー氏は言っています。

「アチーバスは死んでいる。トレーナーによっていのちが吹き込まれるのだ。」

実際に、アチーバスを家庭で体験した方達から、心が洗われるような体験をした、ということをたくさん聞きました。

しかし、それはトレーナーの家族やたまたまファシリテーションを受けることができた家族です。

家族みんなでゲームに出かけるのはなかなか難しいですし、ファシリテーターを家に招く、というのは敷居が高いです。

どうしたら家族でファシリテーションを受けられるようにできるのか?

そして、ひらめきました。

オンラインなら「家に人を招く」というストレスもない!

「家族みんなにとってステキな時間をつくろう♪」ということなら、伝えやすいかもしれない!

家族はいつも家庭にいます。

万が一、タイミングが合わなかった場合は1人でも受けられるようなプログラムも用意します。

そして、今、家族関係は、家庭の幸せにも、仕事の成果にも、多大な影響を与えるのです。

オンラインは今、世界で潮流になっております。

今こそ家族に絆を深め、未来を描くファシリテーションを届ける時!!


オンライン出張型サービス「シンパシーセッション」

楽しいゲーム体験と深い会話の場を家族に届ける。

オンラインでファシリテートする時は「見守る」ということが重要なポイントです。

必要以上に介入する必要がないことが、効果を引き出します。

ちょっとした気づきは、人生や家族が大きく変わるきっかけになります。

このプロセスを「シンパシーセッション」(別名:ファミリーセッション)と名付けました。

そして、今回、アチーバスのエッセンスを応用し、オンラインで楽しめる3つのゲーム を作りました。

● じゃんけん( あうんじゃんけん / テレパシーじゃんけん )
● トランプ( ライフコンパス )
● コインゲーム( 思いやりコイン )



このゲームの利点は、

●遊びながら、呼吸合わせができる
●短時間でお互いの理解を深められる
●「家族にとって大事なこと」が見つかる
●家族と一緒にの夢を描くことができる
●家族の羅針盤となる「地図」をつくることができる

などなどです。

家族で夢を描き、応援しあうことができます。

このセッションを受けられたご夫婦の声をお聞きください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンパシーセッションを受けた方からの感想

● 旦那様

今回、初めてあうんじゃんけんをやらせて頂きました。

結論から言うと、とっても良かった!やって良かった!

アチーバスは既に経験済みで、とても素晴らしいと思ったのですが、

このあうんじゃんけんに夫婦で臨むにあたり、

どうだろう?じゃんけん?

じゃんけんから見えてくるものって何?じゃんけんを通して語る?

正直、最初は半信半疑、下手したらゲームを始めてからもピンと来ない自分がいましたが、

進めていくうちに、ルールがシンプル故に、奥深い所で相手と共有できている部分、できていなかった

部分などがまざまざと見えてきて、終了時にはすごくスッキリ感と今後の課題がハッキリと見えるという、正に、シンプルイズベストなゲームだと思いました。

用意する道具等もほぼないので、思い立ったらすぐできるという部分も、凄く良い。やれる頻度が増えればその分チームの成長も早まり、良いことづくめ。

あうんじゃんけんに出会えてホントに良かったです。

ありがとうございました!


● 奥様

悩んでいたことが何故かわかった。

片目を瞑って100歩譲る事を嫌がらず、諦めたけれど、このゲームで、それが相手に伝わったのがスゴい!

今後またイヤだ。と思ってもスムーズに100歩譲れる。

未来は、このまま進めば明るい未来になると思う。

悩みを吹き飛ばしてくれてありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まなざしが変化する瞬間

私は脳力開発の会社に7年半勤め、インストラクターをしておりました。

その中で、夢を叶える人とそうでない人の違い。それは【 思考習慣 】だ、と伝えてきました。

この「 思考習慣 」というものを掘り下げると、「 繰り返される家族の記憶 」という視点に

たどりつきました。

家族の影響がいかに大きいのか?

私はその気づきを踏まえ、10年前、「 ユナイテッド・ファミリー・コンサルティング 」という名前で個人事業として独立しました。

そして、パートナーシップコーチング、システムコーチング、ファミリーコンステレーションetc家族システムにアプローチする方法を体験する中で、「 わたしたち 」という関係性にアプローチする方法が見えてきました。

しかし、これらのファシリテーションをマスターするには、長時間のトレーニングが必要だったり、大きなハードルがありました。

そんな中、アチーバス体験は、特殊なファシリテート能力がなくても、フラットで創造的な場を一瞬で作ることができます。

ゲームをして対話する中で、気づきとともに相手との関係性に変化が起こってゆく。

日常とは異なる体験を共有することで、認知の枠組みに変化を起こすことができます。

そして、「 わたしたち 」という意識を育てながら、一緒に夢を描いてゆくことができる。

「 ゲームダイアログ 」の無限の可能性に気づきました。


ファミリーシップナビゲーター

私はこのプログラムを家庭に届ける人を「ファミリーシップナビゲーター」と名付けました。

最初のナビゲーターに立候補して頂いた方の声をお聞きください。

立候補して頂いたナビゲーターは、みんな家族を抱え、楽しく豊かな人生を生きているステキな仲間ばかりです。

少し話すだけでもいろいろなことに気づかせてくれるはずです。


様々な家族のニーズへの対応

人の個性が多様であるのと同じように、家庭での課題も様々です。

そこで、課題ごとにジャンルをつくり、そのジャンルが得意なナビゲーターが支援する、という形にしました。

ナビゲーターは、個性や経験を活かし、家族のそれぞれの夢や課題に応じて応援することができます。


家族から「地球家族」へ

今回のセッションは、家族にフォーカスを当てていますが、私の描いている未来は、家族が豊かで幸せになってゆくことと同時に、世界中の個人や家族がつながってゆくこと。

「 地球家族ネットワーク 」をつくることです。

この「地球家族」には、未婚の人も、子どもがいない人も、天涯孤独の人も、みんな含まれます。

みんながつながって、大きな家族になってゆけば、地球に未曽有の事態が起きても、乗り越えてゆけるはず。

そして、世界中の仲間たちがメタドリームを描いてゆくことができる。

こんな壮大な旅はワクワクしませんか?

そんな地球家族の船が「ファミリーシップ」です。


資金の使い道

今回の200万円の内訳は

●アチーバスエフェクトの制作代金150万円
●販売プロモーション、動画制作、デザイン 40万円
●キャンプファイヤーの手数料10万円

です。

そして、今年の11月22日には、毎年恒例のアチーバスコンベンション2020が九州で開催予定です。

このコンベンションで、クラウドファンディングの突破体験を共有したいと思っています。

*アチーバスコンベンション2018には、アチーバスの様々な分野のプロジェクトの発表が
行われました。

このプロジェクトをきっかけに、ファミリーシップナビゲーターをひとつの職業ジャンルになるようにしてゆきたい、と思います。



リターンについて

アチーバスエフェクト日本版 をお届けします。

そして、エフェクトの体験会・新しく開発したシンパシーセッション・ファミリーシップナビゲーター養成講座・職場開発をお届けします。

ゲームとファシリテーションを組み合わせ、

家族のきずなを深め、個人の夢を実現するオリジナルのプログラムです。

近い人との間では、すれ違いや孤独が起こりがちです。

今、苦しんでいる方も、幸せな方も楽しんで頂けると思います。

ちなみに、こちらは、おひとりで受けてもよいですし、ご家族で受けて頂いてもどちらでも大丈夫です。

オンラインで画面を通してできるゲームやセッションをご用意しております。

きっと人生を変化させる新しい体験が待っています。


★ 実施スケジュール&リターン計画

〈 2020年 5月 ~ 8月 〉

● アチーバスエフェクト日本版制作

● オンラインファシリテータープログラム開発


〈 2020年 8月以降 〉

● アチーバスエフェクト  随時発送

● シンパシーセッション(別名:ファミリーセッション) 8月から予約開始&実行

● オンラインゲーム交流会 8月実施予定

● ファミリーシップナビゲーター養成講座 8月中旬から実施予定

● アチーバスエフェクト学習セミナー 9月開催予定

*「 シンパシーセッション 」「 オンラインゲーム交流会 」「 ファミリーシップナビゲーター
養成講座 」「 アチーバスエフェクト学習セミナー 」はオンライン( 基本はZOOM )で行いますので、
交通費は、かかりません。

● エフェクト体験会 9月 ~ 12月で数回開催予定

* 関東( 主に東京 )で実施予定です。交通費、滞在費etcは自己負担となります。


〈 2020年 11月22日 〉

●アチーバスコンベンション2020


最後に

わたしたちの中には、いつも両親の影響が宿っています。

人はいつか親から自立してゆきますが、家族の中で育ったぬくもりや愛の関わりは消えません。

それは、施設で育った子どもたちでも、誰もが同じです。

その影響から逃げるのではなく、感謝のチカラに変えて、新しい夢を描き、次の世代に
バトンを渡してゆく。

会社の事業承継にも同じことが言えるのかもしれません。

そばにいる家族を大切にして、世界とつながる。

家族が幸せになれば、世界が幸せになり、

世界が幸せになれば、地球が豊かになる。

家族な身近な仲間を幸せにすることは時代の使命です。

「 地球家族 」の未来を、ともにつくってゆきませんか?

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/08/02 15:31

    7月31日(金)23時59分59秒。これがクラウドファンディングの最終期限でした。期限の1週間前になっても、50%もいっていない状況。でも、この1週間にドラマがありました。最終日の夜、日本橋でトレーナーであり、かつクラウドファンディングのチームを率いるリーダーでもある橋本大和さんのアチーバス体...

  • 2020/07/30 12:49

    こんにちは!クラウドファンディング、ただ今、71%まで達成しました。明日で終了です。ご支援頂いた皆様、心から感謝しております。新作「アチーバスエフェクト」と、オンラインでアチーバスの効果を届ける「シンパシーセッション(=ファミリーセッション)」。この2つが今回の目玉です。家族が深くつながること...

  • 2020/07/12 17:42

    ゲームを使ったファミリーセッションを学ぶ「ファミリーシップナビゲーター養成講座」の0期コース、全6回のうち、第4回が終わりました。「ゆるぎない家族の力」とは?「わたしたちがバトンを受け取り、未来に遺す財産とは?」についてディスカッションしながら、進めましたが、深い話になり、感動で涙を流す方もい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください