岡山で20年、走り続けてきました。新型コロナウイルスという障害物に引っかかり転倒して重傷を負いましたが、ゴールまで走り切りたいと思っています。皆さんの「愛」でもう一度走るためのパワーをください!!

プロジェクト本文

ご挨拶

皆様、いつもライブハウス岡山MO:GLAをご愛顧いただきありがとうございます。
オーナーの”サンちゃん”こと福武三二です。

事の始まりは、50歳までにはライブハウスを作りたい!僕自身がバンドで気持ちよく演奏できるハコがほしい!と言う単純なわがままからでした。
1999年5月、比較的大きなビルの地下全面を借りて、友人逹と共にほぼ手作りで作り上げ、当時の仕事であったデザイン事務所とライブハウスの二足のわらじという形でのスタートとなりました。
いざオープンしてみると、想像以上に広く、わからない事だらけで大変でしたが、思いもよらなかった素晴らしい出会いや感動の数々、音楽でつながる人々の輪などなど、かけがえのない財産をいただきました。
バンドも弾き語りもダンスも、音楽のジャンルも関係なく、楽しい物は楽しい!大好きな物は大好き!それでいいと思いつつ21歳の誕生日を迎えました。
あこがれていた大物アーティスト、全国を回るツアーミュージシャン、地元バンドマン、そして大切なお客さん、スタッフに支えられて一つになって、ライブをいちばん楽しみ、打ち上げでいちばん盛り上がっているのは僕自身だと思います。

ところが‥‥
イベントのキャンセルが3月から始まって大打撃を受けたところに、4月はほぼ全てのイベントやライブが中止(延期)となり休業を余儀なくされています。
5月、6月もキャンセルが相次いでいて、先が見えない状況の中で、家賃など固定費の支払いは...と考えるとやはり不安です。
そんな中、MO:GLAを愛してくれるバンドマンや、お客さんからも、ぜひ存続してほしいからと”クラウドファンディング”の話をいただき、踏み切る決意をしました。

皆様からご支援いただいた資金は休業中の固定費支払いもありますが、営業再開後の新しい取り組み(素晴らしいライブをもっとたくさんの人々に届けるための配信設備の充実など)に充てたいと思っている次第です。

ライブハウス、ミュージシャンのみならず、様々な業種が困窮している中での決行は心苦しくもありますが、続けてほしいと言う声に耳を傾け、地下にあっても明るい!アットフォームでとことん楽しい雰囲気のMO:GLAを維持するために頑張りますので、ご支援のほど心よりお願い申し上げます。


資金の使い道

MO:GLAの存続とこれからの時代に向けての設備投資。


リターンについて

お届け日が記入されていますが、作業の工程で前後する可能性がございます。
ご了承ください。


実施スケジュール

支援受付:2020年5月20日17:00
支援受付終了:2020年6月28日24:00


最後に

まだ岡山の地にMO:GLAは必要だと思っています。
ミュージシャンにとってもお客さんにとっても、「ただいま」と言える場所を頑張って残していきます。
皆さんの暖かいご支援、よろしくお願いします。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/28 13:00

    皆様、たくさんの「愛」をありがとうございます。緊急事態宣言は解除されましたが、なかなかライブハウス業界への風当たりは厳しいままです。このクラウドファンディングも残り「32」日となってまいりました。引き続き、よろしくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください