こんにちは!
私たちは、新宿区高田馬場で「地球を旅するCAFE」というお店を経営している夫婦です。
旅をしながら出会ったアイディアやレシピを詰め込んだ、小さな飲食店を2014年に開業しました。

現在、地球を旅するCAFEの運営と並行して、開業当初から使用して来た最高に美味しくて素敵なストーリー溢れる、タイのAKHA AMA COFFEE(アカアマコーヒー)のお店を作っています。

6月中旬にオープンの予定ですが、新型コロナウィルスの影響により、大々的に集客ができない世の中となってしまいました。地球を旅するCAFEも休業をしています(5月1日現在)。

このような現状を踏まえ、AKHA AMA COFFEEをご自宅で楽しんで頂きたい!という思いで
クラウドファンディングを始めさせて頂きます!




AKHA は、少数民族の”アカ族”、AMAは、”お母さん” の意味です。

タイ北部、チェンライ県に位置する山岳地帯の村で育った1人の青年が、お母さんが育てる完全無農薬手積みのコーヒー豆を焙煎し、小さなカフェをチェンマイの住宅街で開いたのが始まりでした。

中国からミャンマーを通って、難民としてその地に逃れてきた人たちの、当時はとても貧しい村
その村で初めて大学を卒業したのが、AKHA AMA COFFEEのオーナー・リーくん。
リーくんのお母さんは、子どもたちを学校へ通わせるための現金収入を得るために、コーヒー栽培に力を注いできました。


大学を卒業し、コーヒーについて学んだリーくんが開いた小さなカフェは、
認証はないけれど完全なる「フェアトレード」。
コーヒー豆のストーリーとその美味しさは、飲む人々を魅了し続け、10年経った現在はチェンマイの街中に2店舗、郊外に大きなロースターを併設したファクトリーを構え、タイの国内はもちろん、世界中にコーヒー豆を届けています

コーヒー豆が売れるようになり、お母さんの村は少しずつ豊かになりました。今は村のたくさんの家族がコーヒー栽培に夢中で、若い人たちも積極的にコーヒーに関わり生計を立てています





8年前、地球を旅するCAFEを開業する前に訪れたタイのチェンマイ。
当時の旅で出会ったこのコーヒーに感動し、夢だった飲食店を開業するきっかけとなったのが、AKHA AMA COFFEEでした。「こんなに美味しくて、オーナーさんや村の人たちの思いのこもったコーヒーを使いたい!
そして、地球を旅するCAFEは、
日本で初めて正式にAKHA AMA COFFEEを使ったお店としてオープンしました。
その後何度かチェンマイを訪れる中で、タイのコーヒーの魅力にどっぷりはまり、
農園へ連れて行ってもらったり、様々な経験をともにさせてもらっていたある時。

AKHA AMA COFFEEとコラボして一緒に日本にお店を出さないかい?

実は私たちがずっと願っていたことでした。
いつか、AKHA AMA COFFEE を日本に出店させて、日本でもたくさんの人に飲んで欲しい

日本中にコーヒー屋さんはたくさんあるけれど、シングルオリジンやスペシャリティコーヒーという言葉は定着してきたけれど、こんなに素敵な思いのこもったコーヒーだけを扱うお店を日本に作ったらとっても素敵だ!

そして1年前にプロジェクトがスタートしました。




東京メトロ東西線、神楽坂の駅から徒歩3分ほど、メイン通りから少し入った静かなエリア。
近くには大きな公園や赤城神社があり、とても気持ちの良い場所。
AKHA AMA COFFEE ROASTERS TOKYO という店名で6月中旬に、オープンします!

タイのメンバーが、3月とオープンの6月に来日する予定でしたが、叶わない状況となり、いろいろな弊害が生まれています。焙煎機を併設させた店舗の予定でしたが、タイのメンバーが来日できない為に始めは焙煎豆を定期的に送ってもらいながらのスタートとなるなど、思ってもいなかった様々な事象が発生しています。しかし、物件は契約していたので、コロナの状況下でストップをするわけにはいきませんでした。タイの店舗でも、ロックダウンや外出自粛のために、テイクアウトの営業のみとなって売り上げが激減しています。

念願のオープンに向けて、大々的に「オープンします!ぜひご来店ください!」と声をあげて叫びたいところですが、それを叶えることが難しい世の中になってしまいました。

それでも、この未曾有の現状の中ではありますが、AKHA AMA COFFEEを日本に広めていきたい。

そこで、コロナが収束するまで、(収束してからも!)自宅でAKHA AMA COFFEEを楽しんでいただけたら、と思い、少しお得にコーヒー豆をお届けでできるプロジェクトを始めさせていただきました。




AKHA AMA COFFEE

AKHA AMA COFFEEのスタンダードな豆を3種類ご用意しています。

Ponlamai  ・・・タイ語でフルーツという意味。浅煎り
Klangklang・・・イタリアンロースト
KhemKhon・・・深煎り

現在制作中の、AKHA AMA COFFEE JAPAN オリジナルデザインパッケージでお送りします。

※ 送料込みです。
※ 店舗では、100g / 900円・200g / 1680円 での販売予定です。
※ 6月〜7月に順次発送いたします。


AKHA AMA COFFEE ドリンクチケット

有効期限はありません。お店が開店したら、ご近所の方はぜひお散歩ついでにテイクアウトで使ってください。近くには公園もあります。状況が落ち着いてきたら、店内でゆっくり使用していただけます。ご友人やご家族へのギフトとしてお渡しくださっても大丈夫です。

※ ドリンクの販売価格は一杯500円前後を予定しています。
※ ドリンクチケットの有効期限は、お店が営業する限り有効です。
※ ドリンクチケットは、1ドリンクにつき1チケットが使えます。お釣りや追加料金はありません。


地球を旅するCAFEチケット

6年続けている地球を旅するCAFEも、現在休業をしていて大きくマイナスとなっています。ちょうど7年目の更新の時期で少しの迷いはありましたが、大切なお店を失うわけにはいかないという強い思いから、更新手続きも済ませました。常連さんたちから未来お食事券はやらないの?とありがたいお言葉を頂きました。今はなかなか使えないけれど、お店が通常通りに戻った時に使えるように、お得なチケットをご用意させて頂きました!コーヒーは飲めないけれど、地球を旅するCAFEでお食事はしたい!という方はぜひこちらをご支援いただけたら嬉しいです!

※チケットの有効期限は、お店が営業する限り有効です。
※お釣りは出ません。




実は私たち夫婦は、地球を旅するCAFE開業時の6年前にもCAMPFIREを通してクラウドファンディングを行わせていただきました。ど素人の私たちが、がむしゃらに飲食店を立ち上げる際にたくさんの方が応援してくださり、開業。
小さなお店には想いをたくさん詰め込んで、ど素人だった私たちのお店にも、常連さんが増え、
たくさんの出会いに恵まれ、成長を続けてきました。

旅で出会ったアイディアやインスピレーションをどんどん日本に発信してきたい、そんな人生を送りたいと思い、今度は大好きな、自分たちの人生をも変えてくれたタイのコーヒーを日本に持ってこよう!
そう意気込んでいた矢先にコロナウィルスによってお客さんがこない日々が始まり、休業となり仕事がなくなりました。
それでも、いつまで続くかわからないこの現状下でも、毎朝 AKHA AMA COFFEE を淹れて始まる朝に希望を持ちます。

今私たちにできることは、地球を旅するCAFEはいつか日常が戻った時にまた元気に営業できるように維持していくこと、そしてタイのコーヒーをいまこそ日本に持ってきて、みなさんに飲んでいただくこと!

そう思いながら、自宅で開業に向けてできることを進めています。

ぜひ皆さんに、このコロナで世界中が大変な時ですが、
ご自宅に届く AKHA AMA COFFEE を飲んでいただけたら嬉しいです。

そして、思い切り外出ができるようになった際には、神楽坂の AKHA AMA COFFEE ヘ、
そして夜は地球を旅するCAFEへ、遊びに来てください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

___

AKHA AMA COFFEE ROASTERS TOKYO
東京都新宿区赤城元町1-25
※6月15日頃OPEN予定!
詳しくは、instagramをフォローしてください!
https://www.instagram.com/akhaamacoffee.japan

地球を旅するCAFE
東京都新宿区高田馬場2-12-5
http://chikyu-tabi-cafe.com
https://www.instagram.com/cafe_today_is_my_life/

-----------

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/06/19 17:42

    <オープンのお知らせ>AKHA AMA COFFEE ROASTERS TOKYO、オープン日が決定しました!コロナの影響で豆の輸入が遅れてしまい少し遅くなってしまいましたが、みなさんぜひ遊びにきてください!●グランドオープン●7月1日(水)8:00~<営業時間>平日 8:00-19:00 (...

  • 2020/05/22 13:39

    こんにちは!たくさんのご支援をいただき、本当にありがとうございます。今日は、AKHA AMA COFFEE JAPAN のオリジナルパッケージが完成しましたのでご報告させて頂きます!コーヒー生産者であるアカ族の人々が大切にしている民族の衣装のデザインを描いた個性的なパッケージとなりました。オー...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください