宮崎県の山間部にある美郷町。新型コロナの影響で町内の飲食業の売上は下がり、なかには一時休業を決断したお店も。それは、美郷町の一人の町民の声掛けから始まり、町内の有志が集い、プロジェクトチームが結成されました。美郷町内飲食業で「将来使える商品券」を購入して、美郷町の『テーブル』を囲もう!!

プロジェクト本文

■ネクストゴール 100万円目指します!!!

多くのご支援まことにありがとうございます!
スタートしてから15日目の目標達成に、驚きと感謝でいっぱいであります!

コロナ(567,000)を超えて行け!と目標を掲げましたが、
みさとテーブルは更に大テーブルを広げます。

多くの方に、美郷町の飲食店を知ってもらいたい!
多くの方に、美郷町の飲食店に足を運んでもらたい!!
多くの方に、美郷町の飲食店の方と触れ合ってもらいたい!!!

そこで
活動報告内にて、登録店舗を1店舗、1店舗、心を込めて紹介させていただきます!

引き続き、皆さまのご支援をよろしくお願い致します!

皆さまと、美郷町内飲食店との距離が、更に深まりますよう願っています。



はじめに・ご挨拶

初めまして。みさとテーブル実行委員会です。現在(令和2年5月10日)、宮崎県は「緊急事態宣言」から「県独自の強い警戒態勢」に移行しようしています。このままコロナ収束へと願うばかりですが、まだまだ予断を許さない状況です。コロナは私たちが住んでいる宮崎県美郷町でも爪痕を残し、特に飲食業に多大な影響が出ています。

3月から4月の歓送迎会シーズンのキャンセルや、移動自粛に伴う売上の低迷はもちろんの事、なかには一時休業されたお店もあります。今後もイベント中止等の影響が第2波、第3波と襲い掛かろうとしています。そんな時だからこそ、

「希望を売ろう!」

と、みさとテーブル実行委員会と美郷町商工会が連携。美郷町の飲食業で将来使える商品券を販売し、皆様からの「応援」をリアルに感じていただきたい!
そして、難局を乗り越え、美郷町の地元の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

【みさとテーブル実行委員会】
 会長 岡田栄一
 会員 西田伸哉、園田達也、川西邦明、黒木研作、甲斐綾


「みさとテーブル」プロジェクト名の由来

家庭での食卓、飲食店でのテーブル。どんな場所でも、このプロジェクトで繋がる家族や仲間と囲む食卓(テーブル)が、幸せで温かな場所であってほしい。という願いが込められています。


私たちの地域のご紹介

美郷町は宮崎県の北部に位置し、面積の9割が山林という自然が豊かな約4,700人の町です。海がある隣町の延岡市、門川町、日向市まで1時間圏内で行けるため、町民の方にサーフィンをされる方もいらっしゃるほど、利便性も兼ね備えています。

地域資源は豊富で、日本三大備長炭の一つである宇納間備長炭や美郷町を含む西北山間地域産のお米が令和元年度に最高峰の特Aを受賞。他にも、椎茸や完熟きんかん、南高梅をはじめ、季節の山菜、ジビエなど食の宝庫です。 

そして、美郷町三大祭りの「御田祭」「師走祭り」「宇納間地蔵尊大祭」は必見!
しかし、残念ながら今年の御田祭はコロナの影響で中止になってしまいました・・・
師走祭り(令和3年1月22日~24日)宇納間地蔵尊大祭(令和3年3月6日~8日)の頃にはコロナも収束して欲しいと切に願います。

この素敵な地域資源の神輿の下には、それを担ぐ「人」がいます。

飲食業も同様で素敵な「人」ばかり。私たちにとって家族みたいなもので、「兄ちゃん、姉ちゃん」であり、「母ちゃん、父ちゃん」であり、「じいちゃん、ばあちゃん」なんです。

そんな「人」こそが、美郷町の最大の宝です。


プロジェクトを立ち上げた背景

コロナの影響ばかりではないのです。平成18年に3村(南郷村・西郷村・北郷村)が合併した美郷町。合併当初は人口約7,000人でした。少子高齢化のあおりを受け、現在は約4,700人。宮崎県の高齢化率でトップです。

町内飲食店も、そんな様々な要因で売上も少しづつ下がり始めたなかでの新型コロナウイルス。本当に多くの飲食業が岐路に立たされています。

地元町民に愛され、町民1人1人の思い出が詰まったお店
お客様 がわざわざ町外から通ってくれるお店
「美郷町で挑戦したい!」と、移住者の方が開いているお店
自慢したいお店ばかりです。

現実問題、飲食業の多くは若い方が少ないのも事実。コロナが収束するまでお店の体力がどれだけ続くのか心配です。

『こんままじゃやべーやん!!』

一人の声が仲間を呼び、みさとテーブル実行委員会が立ち上がりました。
まずは動かなければ何も始まらない!と今日に至ります。

今回のプロジェクトは、商品券を前売り販売し、その売上金を町内飲食業にお渡しすることで、運転資金として活用していただきたいと思っています。

「応援したい店」「行きたい店」を購入時に指定していただき、そのお店で将来使える商品券を郵送します。なお、お釣りは出ません。

*新型コロナウイルス蔓延防止にご協力のうえ、ご利用ください。
*フェイスブックグループ【美郷町グルメ情報】を立ち上げ(令和2年5月6日)、町内飲食業の情報発信をしています。ぜひ、ご覧ください。
 


コロナの影響で会いたい人にも会えない人へ

今回のコロナの影響により、GWで帰省出来なかった人、会いたい人にも会えなかった人が多くいらっしゃると思います。

そこで、この商品券を大切なあの人へ、遠く離れた両親へ、「ギフト」で届けてみませんか?

人と人との距離を保たなくてはならないからこそ、「ギフト」でその距離を縮められれば、それはとてもステキなことだと思います。
この「みさとテーブルプロジェクト」で、幸せになる方が一人でも多く増えると、私たちも幸せです。

*商品券は支援者の方へ郵送します。


参加店舗(随時募集中。ご参加いただける飲食業の皆様からのご連絡をお待ちしています)

コロナは、いつ美郷町に襲いかかるか分かりません。スピードが重要であることから、美郷町全体の飲食業様にお声がけが終わる前でのスタートとなり誠に申し訳ございません。登録店は随時募集中ですので、参加いただける方はご連絡ください。
*店舗名はあいうえお順。追加店舗は所在地域の下段に店舗名と掲載日を記載

【南郷地域】
 南1 そば処 田舎屋 みかど
 南2 旅荘 いちもり
 南3 御料理 まつもと

【西郷地域】
 西1 Otto-Otto
 西2 ごはん屋「涼」
 西3 西郷ふれあい

【北郷地域】
 北1 お食事処 まんてん
 北2 Cafe&goods Tali Kasih
 北3 喫茶 珈慕
 北4 小黒木農家レストラン 味さと
 北5 酒処 もず
 北6 つどいちゃん食堂


資金の使い道・実施スケジュール

▼芳名板記載(プロジェクト全体を応援したい方)
支援いただいた場合、本プロジェクトの運営費を差し引いた残りを参加店舗へ全額支援させていただきます。※運営費とはクラウドファンディング決済手数料や芳名板の印刷費、デザイン関連費を指します。

▼商品券
店舗を指定いただいた商品券については、全額を飲食店にお渡しします。決済手数料の5%はみさとテーブル実行委員会が負担します。
商品券不要の場合は、本プロジェクトの運営費を差し引いた残りを参加店舗へ全額支援とさせていただきます。

▼支援金(商品券不要で飲食店を応援したい方)
支援金については、決済手数料の5%を差し引いた残りの全額を指定された飲食店にお渡しします。

※1回の決済に220円の手数料がかかりますので、複数の場合はまとめて購入がお得です 。


リターンのご紹介

▼芳名板記載(プロジェクト全体を応援したい方)
・お礼のメッセージをお送りします。(みさとテーブル実行委員会より)
・美郷町商工会にご支援者リストにお名前を記載させていただきます。芳名板に記載する名前を「備考欄」にご記入ください。

▼商品券
・お礼のメッセージをお送りします。(みさとテーブル実行委員会より)
・クラウドファンディング終了後に商品券を支援者の皆様へ郵送します。
※1,000円分商品券をリターンの金額に分けて郵送します。(1,000円分×〇枚)
※必ず備考欄に購入する店舗名をご記入ください。
(例)複数店舗購入の場合、A店1,000円、B店1,000円等、応援したい店名と金額を入れてください。
※商品券不要の方は備考欄に「商品券不要」とご記入ください。
※本プロジェクトでは、飲食店の指定がない(参加店舗どこでも使える)商品券の発行はありません。
※お釣りは出ませんのでご注意ください。
※有効期限は令和2年7月27日~令和2年12月26日までです。

▼支援金(商品券不要で特定の飲食店を応援したい方)
・お礼のメッセージをお送りします。(みさとテーブル実行委員会より)
ご支援をいただく際、備考欄に参加店舗の中から店舗名をご記入ください。
(例)複数店舗購入の場合、A店1,000円、B店1,000円等、応援したい店名と金額を入れてください。

美郷町商工会からも力強いメッセージが!

「美郷町商工会は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業所を応援しています。相談窓口も設置し、売上減少等の影響を受けた事業所の支援も行っています。みんなで手を取り合い、この困難を乗り越えていきましょう!」

美郷町商工会長  川村  義幸


最後に

このプロジェクトは美郷町の飲食業に対する売り上げ貢献だけではなく、皆さまからの「応援」を肌で感.じれることに大きな意味があります。
皆さんのご支援のひとつ、ひとつは、美郷町の飲食業の方たちの励みに繋がっています。そして、皆様を笑顔で迎えられるよう頑張っていきたいと思います。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!


▼お問い合わせ先
 みさとテーブル実行委員会
 事務局 川西邦明
 TEL  0982-62-6203
 Mail   misatotable@gmail.com 

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/08/04 14:13

    支援者の皆様、こんにちは。みさとテーブル実行委員会です。今回、インターネット上での支援以外で、直接支援をいただいた方もいらっしゃいました。そこで、最終的な結果を発表させていただきます。【最終結果】目標額   567,000円総支援額 1,203,000円支援者数     134人達成率    ...

  • 2020/07/11 13:28

    こんにちは!みさとテーブル実行委員会です。令和2年5月21日から『51日間』走り抜けました。そして、支援総額   1,166,000円支援者数 141人達成率  205%という、予想を遥かに上回る結果となりましたー!!ご支援いただいた皆様のおかげです。本当にありがとうございましたー!!!!嬉し...

  • 2020/07/07 23:26

    今日は7月7日、七夕。織姫と彦星が再会する願いを叶えられる日。人々は『2人のように願いがかないますように』と短冊に願いを込めて笹につるします。そして、願いが叶いました。ネクストゴール100万円達成ー!!!支援していただいた皆様、本当に、本当にありがとうございます!皆様からの応援が美郷町に降り注...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください