6月1日~6月28日まで、皆様にご支援・ご周知・応援を頂き、昨日、クラウドファンディングでのお願いを終了しました。

クラウドファンディングサイトでの入金が困難な方は、手渡しで会いに来て下さったり、お振込みをして下さったり、どうか協力できないかと御心を寄せて下さいました。 

サイトでの支援者175人:1,930,700円
その他での支援者10人:155,000円

合計185人:2,085,700円をご支援いただきました。

本当にありがとうございました。

今回のこの取り組みで、「人の優しさ」に勇気を頂きました。
皆様が以前と違うこの毎日を必死で過ごしている中で、助け合う、協力し合う優しさに触れ、感動致しました。皆様に心より感謝しています。

これから先、ドレミファダンスの活動で、誰もが”ありのまま”素晴らしい個性を発揮し、お互いを尊重し合える社会に貢献していけるよう、
笑顔を忘れず、出会えた皆様と、これから出会える皆様と、毎日を楽しんでいきたいと思います。

“生きている”それが”たからもの”

皆様、どうか健康で、元気で、またお会いできる日を楽しみにしています♬

この度は、ご支援をいただき本当にありがとうございました。


はじめに・ご挨拶

「ドレミファダンス」は、あらゆる障害者の方々、ご家族、施設職員の方々を招待し、自由に音楽とダンスを楽しんでもらう事を趣旨として、2012年10月に第1回目のコンサートを開催後、年に2回行っています。趣旨に賛同した子どもから学生、社会人、シニア世代、障害の有無に関わらず、様々な音楽とダンスの団体が演目を披露し、触れ合い、寄り添い、共に楽しみます。また、コンサートを見にいらした障害者の方々が「自分たちもステージでおどりたい!」という夢を叶えたのが「ドレミファダンスレッスン」。障害者の方々・ご家族・ヘルパーの方々が共に音楽を感じ踊るレッスンです。原宿のダンススタジオを拠点に活動しています。


今回は、

「障害者の方々の生きがいとなった場所が無くなってしまうピンチを救って欲しい!」

「障害者の方々と一緒に音楽とダンスを楽しんで欲しい!」

その思いでクラウドファンディングで支援をお願いする決意をしました。


(写真:障害の有無に関わらず皆で楽しむコンサート)



このプロジェクトで実現したいこと

  • ドレミファダンスの場を継続したい!
  • ドレミファダンスは、ユニバーサルな空間!
  • 自分を表現する、才能を発揮出来る場所が必要!
  • 障害者も健常者も誰もが共に楽しめるドレミファダンスコンサートに参加して欲しい!
  • そして、障害の有無に関わらず、誰もがありのまま、当たり前に存在し、尊重し合える社会を実現したい!



ドレミファダンスは、NPO AVA主催、60年障害者支援をしている松浦理事長の「静かにしなさいと育てられた中で、騒いで暴れて楽しめることは何かないか!古代からの普遍的な活動、音楽を楽しみダンスで暴れよう!」という趣旨で作られたコンサート♪です。 


障害者も健常者もそこにいる誰もが、のびのびと自由に音楽とダンスを楽しむことで、「優しくなれる」、「笑顔になる」、「また明日から頑張ろうと勇気をもらえる」場所。子どもの本能で踊り、歌い、楽しむ【才能】を家族が初めて見ることに、この会をやっている意味があります。


誰もがありのまま自由に楽しみ、助けが必要な人には寄り添い、支え合い、その空間を健常者も障害者もそれぞれの楽しみ方で共存します。


NPOで主催していますが、メンバー全員、職業は別にあり、ドレミファダンスレッスンやコンサートの開催は関わる皆さんのボランティアで成り立っています。

現在はコロナの影響で活動を自粛し、オンラインで障害者の方々へダンスレッスンを行っています。また、2020年4月に開催予定でしたコンサートも中止にしオンラインで見て楽しめるダンスを配信しました。

https://www.youtube.com/watch?v=4oRUrjVtGOA&t=56s 


■障害のある娘さんを持つお父様からのお手紙

どうか再開できる日まで元気に健康に過ごしていて頂きたいと切に願っています。



これまでの活動

ドレミファダンスの活動は、様々な業種の方々の協力で行っています。活動拠点である「原宿ダンススタジオ」は、2011年の3.11の経験から、ダンスで社会貢献できる場所をとの思いで、その年の7月にOPENしました。このドレミファダンスに協力する為、コンサートの運営費や場所の提供を行ってきました。

(写真:活動拠点である原宿ダンススタジオ)


スタジオでは、障害者の方々へのダンスレッスン、ドレミファダンスコンサートの稽古、出演団体の稽古、全体演目の振り入れ、コンサート運営会議などを行っています。


(写真:障害者の方々とのダンスレッスン)



プロジェクトをはじめた経緯

「原宿ダンススタジオ」は、この障害者支援をする為、レンタルスタジオとしてダンスの先生方に借りて頂き、その料金で運営をしています。

新型コロナウィルスに伴う【緊急事態宣言】が発令されるより、もっと早い段階でダンス関係の仕事をしている先生業は【自粛】を余儀なくされました。イベント、舞台が次々と中止、レッスンも開講出来ない状況になり、3月4月のスタジオ利用は激減し、5月は更に減り、緊急事態宣言が解除されれば少しずつ良くなっていくかと思っていましたが、解除後も当面の間は3密を避けるため、まだまだ先生方は活動を自粛されている状況です。報道では、スポーツ施設等の休止要請が解除される日ももう少し先であるとの状況が発表されました。(令和2年6月1日時点)


これから先の先生方の活動の見通しが立たない中で、知恵を振り絞り費用を捻出出来ることを考え行動していますが、賄えるだけのお金がありません。そんな中でも、ドレミファダンスが生き甲斐となった障害者の方々へオンラインダンスレッスンの開催、活動を再開出来た時の為のコンサートの準備などを日々、行っています。


(写真:コンサートへ出演協力をして下さる子どもや大学の皆さん)


そして、コンサートの運営資金は、一般の方々からの来場のチャリティと様々な業種の方々からのご寄付で成り立っています。一般の方々がドレミファダンスコンサートに見に来て下さることが、心の面でも金銭面でもこの活動の大きな支えになっています。9年間の活動で、出演団体・ボランティア団体・協賛企業・協力団体、それぞれが「自分たちに出来る事」を出して下さり作ってきました。それぞれの”思い”と”良いところ”を集め開催してきた為、「出来ないことはやらない。出来ることを全力でやる。」時間もお金も裕福ではない中、活動をしてきました。

そのような中、今回の新型コロナウイルスの影響で金銭的・時間的にしわ寄せがきて、ドレミファダンスを支える活動を続けていくことが厳しい状況となりました。

現在、世界中が困難な状況の中でのお願いで大変恐縮ですが、 「障害者の方々、ご家族にとって居場所となった場所を存続させたい。」「健常者と障害者の架け橋となるこのユニバーサルな活動を続けていきたい。」その思いで、皆様にご支援をお願いする決意をしました。どうか、力を貸して下さい。



■ドレミファダンスコンサート開催実績

第1回:2012年10月20日(土)渋谷公会堂 2084席(渋谷区)

第2回:2013年5月25日(土)渋谷公会堂 2084席(渋谷区)

第3回:2013年11月16日(土)セシオン杉並 568席(杉並区)

第4回:2014年6月28日(土)渋谷公会堂 2084席 (渋谷区)

第5回:2014年9月27日(土)国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール 758席(渋谷区)

第6回:2015年3月22日(日)千駄ヶ谷区民会館 327席(渋谷区)

第7回:2015年10月3日(土)明治神宮 神宮会館 2000席(渋谷区)

第8回:2016年4月23日(土)千駄ヶ谷区民会館 327席(渋谷区)

第9回:2016年10月2日(日)東京体育館メインアリーナ 10000席(渋谷区)

第10回:2017年6月10日(土)東京体育館メインアリーナ 10000席(渋谷区)

第11回:2017年11月4日(土)メルパルクホール 1582席(港区)

第12回:2018年6月10日(土)東京体育館メインアリーナ 10000席(渋谷区)

第13回:2018年10月13日(土) 駒沢オリンピック公園総合運動場内体育館 3000席(世田谷区)

第14回:2019年4月28日(日)千駄ヶ谷区民会館 327席(渋谷区)

第15回:2019年10月20日(日) 駒沢オリンピック公園総合運動場内体育館 3000席(世田谷区)

第16回:2020年4月19日(日)オンライン配信

第17回:2020年10月4日(日) 駒沢オリンピック公園総合運動場内体育館 3000席(世田谷区)開催予定



■障害のある娘さんを持つお母様からのお手紙


楽しかったら声を出し、鈴を鳴らし、体を動かし、音を感じ、思うまま伸び伸びと自由に!それぞれの楽しみ方で過ごす「ドレミファダンス」、その才能や輝き、純粋さ、ありのままの姿が、互いを尊重し合える社会を築く、小さな本物への第一歩になると信じ、この活動をしています。








《31歳ダウン症の娘さんのお母様より》

娘が心も体も病んだ状態となっていた時、気兼ねなく参加させていただける居心地の良い場所に出会うことができました。「障害が重く、いく場所がない方こそ楽しんで参加してほしい」とのお話を伺った時、ハッとしました。大きな音をたてないように、声を出さないように、迷惑にならないようにと気を使いながら、それでも制御できなくなり、行ける場所が限られるようになった今、ドレミファダンスが本当に貴重な場となりました。笑顔が少なくなった娘がダンスコンサートで見せるちょっとした笑顔や生き生きと踊る姿に、胸が熱くなります。原宿スタジオでの練習もただ立っているだけの時もありますが、確実に刺激になり、また、温かい声かけに助けられています。



資金の使い道

皆様からのご支援は、全て上記の障害者支援活動の為に使わせて頂きます。

2020年10月4日(日)開催のドレミファダンスコンサートの運営資金、2020年3月~6月稽古場代、皆様へのリターン、サイトへの手数料に充てさせて頂きます。



リターンについて
  • ①感謝の気持ちを込めてお礼のメール【1,000円】

  • ②ドレミファダンスコンサート入場チケット【2,000円】

  • ③ドライ素材ジップパーカー(黒)【2,800円】 

  • ④ドレミファダンスTシャツ(白・ピンク)【3,000円】

  • ⑤オンラインダンスタイム+コンサート入場【5,000円】

  • ⑥オンラインダンスタイム+コンサート入場+Tシャツ 【8,000円】

  • ⑦原宿ダンススタジオ利用5時間分【10,000円】

  • ⑧大きな支援をありがとうございます。コンサート入場20枚+コンサートパンフレットにお名前掲載【50,000円】

  •  ※上記のTシャツやパーカーは、日頃よりチャリティして頂いているものです。


  •  

最後に

長くなりましたが、ここまでお読み頂きありがとうございます。今、世界中が大変な状況ですのでお願いすることに懸念がありましたが、このご支援によりドレミファダンスの活動が存続出来、更には皆様にコンサートへご来場頂けるきっかけとなれば幸いです。奉仕の輪が広がり、障害の有無に関わらず、誰もがありのまま、当たり前に存在し、尊重し合える社会を実現する為、障害者の方々、ご家族の方々に私たちが出来ることはどんな事でも尽力していく思いです。この度は、どうか力を貸して下さい。よろしくお願い致します。




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。





ーー《障害者支援活動をする為にダンススタジオを運営しています》ーー

原宿ダンススタジオ(ホームページ)

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-4林ビル地下1階



ーー《障害者支援活動をボランティアで行っています》ーー

NPO AVA(ホームページ)

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-4林ビル1階



ーー《ダンスレッスンやコンサートを開催しています》ーー

東京都障害者ダンス大会ドレミファダンスコンサート♪ (youtube)

2017年に開始しました第10回記念大会報道の様子



  • 2020/06/29 20:01

    6月1日~6月28日まで、皆様にご支援・ご周知・応援を頂き、昨日、クラウドファンディングでのお願いを終了しました。皆様、本当にありがとうございました。クラウドファンディングサイトでの入金が困難な方は、手渡しで会いに来て下さったり、お振込みをして下さったり、どうか協力できないかと御心を寄せて下さ...

  • 2020/06/27 21:53

    皆様、今日まで応援、ご支援、周知のご協力、ありがとうございました。皆様それぞれが大変な中、思いを寄せて下さったこと、感謝の気持ちでいっぱいです。ドレミファダンスのこの活動を、今回のファンディングを機会に知って下さった方もいます。この活動は、私も含め、皆様が「良いところ」「出来ること」を出し合っ...

  • 2020/06/27 21:29

     『オンラインダンスタイム♪』https://www.facebook.com/watch/live/?v=287496618967081 本日の午前中に行いました!画面の向こうでダンスを楽しむ障害者の皆さんの笑顔を思い、踊っています!今は、毎週土曜日の10時15分~10時35分の20分間、ラ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください