海外から仲間のバンドを呼んで、イベント「SKA BRAVO」を入場無料で開催したい! KEMURIによる”SKA BRAVO” 無料ツアーを開催するためのプロジェクトです。

プロジェクト本文

※2017.9.15追記

30,000円以上のコースに、新たな特典「セットリスト会議参加権」を追加しました!

今回のツアーのアンコールセットリストを決めるWEB会議に、皆に参加してもらおうという企画。ツイキャスのメンバー限定配信機能を使って行う予定です。アンコールをやることが最初から決まっているというのも妙な話ではありますが、、、(笑)そこはアツいKEMURIファンの皆さんですから、鳴り止まぬアンコールをかけてくれるに違いないと信じてやります(笑)

セットリスト会議は10月中に実施予定。具体的な日時と出席メンバーが決まり次第、支援頂いた方にメールでご連絡します。

新コースとして1名限定の「Workin' Dayzコース」も追加しました。

こちらは「Workin' Dayz」のイントロヴォイスを、支援頂いた方に事前に録音して送って頂き、当日のライヴ時に流すという企画です。当然、ライヴDVD&アルバムにも支援頂いた方の声が使われることになります。ライヴDVDには"「Workin' Dayz」voice"担当としてお名前をクレジットします。一生モノの記念にもなりますのでぜひ!

また、津田紀昭による優先入場パスのデザインが完成しました!!普段のライヴのチケットのようなものではなく、なにか記念に残るものを、と考えて作ったもの。めちゃくちゃイイ感じのデザインになったと自負しております!こちらもお届けを楽しみにお待ち頂ければと思います。

※実際のパスは、上記デザインに日程・会場等を記載するスペースが加わります。

※2017.9.13追記

リハ観覧コース、打ち上げコースについてご連絡します。ツアー日程が平日のため、「参加したいけど都合がつくかどうかまだ分からない」というお問い合わせをよく頂きます。

ぜひご参加頂きたいとは思っているのですが、現時点でお仕事や学校の都合をつけるのが難しい、というのはよく分かります、、、

そこで!「リハ観覧コース」「打ち上げコース」に関しては、11/3までにご連絡を頂ければ、「お名前クレジットコース」への振り替え可とさせて頂きます(すでに売り切れの「楽屋挨拶コース」「ローディーコース」も同様の対応可)。

結果的に都合がつかなかったとしても振り替えができるとなれば、少しはご安心頂けるかなと。ということで、ご興味がある方はぜひ!よろしくお願いします。

 

※2017.9.9追記

ついにパトロン700名を突破しました!!沢山の方から温かいご支援を頂き、本当にありがとうございます!!

ラスト2週間、ラストスパートで目標達成目指したいと思います。

さて、リターン特典フェイスタオルのデザインが決定しましたのでご覧ください!

その他、各種特典の準備も着々と進んでいますので、随時発表していきたいと思います。

引き続き応援よろしくお願いします!!

 

※2017.9.2追記

ついにゲストバンド、会場が決定しました!!今回のゲストはUKの4ピース・レゲエ・バンドTHE SKINTS、USスカパンクシーンのレジェンドTHE BRUCE LEE BANDの2組です!!

また、新たなリターンとして「ライヴDVD&ステッカーセット コース」を用意しました。どちらも一般販売予定はない、このプロジェクトだけのメモリアルな特典です。DVDの音源ミックスは平谷庄至が手掛けます!

尚、DVD&ステッカーセットは既存コースの特典には追加されませんので、あらためて「ライヴDVD&ステッカーセット コース」へご支援頂ければ幸いです。

プロジェクトも残り3週間となりました。引き続き応援よろしくお願いします!!

 

※2017.8.29追記

沢山の方からご要望を頂き、「リハ観覧コース」を追加することにしました!即完売した「ローディーコース」を買い逃した方はぜひチェックをお願いします!(※ステージ袖観覧はできませんのでご注意ください)

 

※2017.8.18追記 

目標金額の50%を突破しました!!ご支援ありがとうございます!!

プロジェクトも折り返し地点となり、リターングッズの準備も着々と進んでいます。ラバーバンドに続き、オリジナルTシャツのデザイン・カラーが決定しました!

引き続きよろしくお願いします!!

 

※2017.8.10追記 

パトロン400名突破しました!!皆さま、本当にありがとうございます!

ご支援への感謝の気持ちを込めて、お名前クレジット以上のコースに特典としてフェイスタオル、デジタルフォトを追加しました!

そして、今回のツアーでもファミリー・エリアを設置することになりました。お子様連れの方のためのコースとして、キッズコースもご用意しましたので、ぜひぜひ親子で遊びに来てくださいー!(※公演概要に記載した注意事項を必ずご確認ください)

引き続き皆さまのご支援をお待ちしております。よろしくお願いします!!

 

※2017.8.1追記 

支援額500万突破しました!たくさんの方からご支援頂き、本当にありがとうございます!

リターングッズも少しずつデザインを始めまして、まずはラバーバンドのデザインが決定しました!もちろんこちらのラバーバンドはご支援頂いた方のみの特典で、物販での販売はありません。

引き続き皆さまのご支援をお待ちしております!

 

※2017.7.28追記 

ふみおコース第2弾を追加、またショウジコース・コバケンコースの内容を若干変更させて頂きました!皆さまのご支援をお待ちしております!

 

※2017.7.25追記 

このツアーで、KEMURIは1stアルバム『Little Playmate』の再現ライヴを行うことを発表しました!(ということは、リターンのライヴ・アルバムは『Little Playmate ライヴ盤』になるということでもあります)
沢山の方に楽しんで頂けるライヴにしたいと思います。
引き続きよろしくお願いします!

 

※2017.7.19追記 

クラウドファンディング開始から1週間経ち、目標金額の35%を超えました!
ご支援ありがとうございます!
近日中に、個人アイテムの追加が若干あるかも!?
引き続き応援よろしくお願いします!

 

こんにちは。KEMURIです。

今年、1stアルバム『Little Playmate』をリリースしてから20周年を迎えました!
いい機会だし、何かこれまでにやったことのない面白い企画をできないかな、とメンバー皆で考えました。

そこで、毎年海外からバンドを呼んで行っているイベント「SKA BRAVO」を、今年は入場無料にしてスペシャルな形で開催してみたいと思います!

場所は、東京、名古屋、大阪の3箇所。
ライヴハウスをおさえて、海外から2バンドをよび、KEMURIと合わせて3バンドで東名阪ツアーを行います。

「SKA BRAVO」は、昔から一緒にやっている仲の良いバンド、心底カッコイイと思っているバンド、そしてファンの皆と一緒に盛大に遊ぶ、僕達にとって思い入れの深いイベント。

もっと沢山の人に、もっといろんな世代の人に、もっと気軽に、なんだったら「タダだし、いっちょ冷やかしに行ってやるか?!」くらいのノリで遊びに来てほしい!
僕達の原点のひとつでもあるDIY精神をもって、皆と一緒に最高のイベントを創りたいと思っています。

そう思って、入場無料で開催するためのプロジェクトを立ち上げることにしました。

皆の顔を想いながら、特典をたくさん考えて、いろんなコースを用意してみました。
チェックしてみて、気に入ったコースがあれば、あなた色のSKA BRAVOをKEMURIと一緒に創りに、ぜひご参加頂ければと思います。

よろしくどうぞ!!
Your Friend, KEMURI

 

11/14(火)18時 東京・TSUTAYA O-EAST 
11/15(水)18時 名古屋・クラブクアトロ
11/16(木)18時 大阪・BIG CAT

入場無料(ドリンク代別途)

出演アーティスト:KEMURI、THE SKINTS (from UK)、THE BRUCE LEE BAND (from US) 

【THE SKINTS】『来日ゲストの一つは、イギリスのTHE SKINTSというバンド。スカパンク、 スカコアファンには馴染みは少ないとは思いますが、 昨年KEMURIがLESS THAN JAKEと回らせてもらったUKツアーでずっと一緒に回ってたバンドなんです。ダンスホール、レゲエ、ダブ、スカ、パンク、 全てをひっくるめたイカすバンドです。僕の観点で言わせてもらうなら、本当にイギリスっぽい。 イギリスならではなサウンドで、70's,80'sのパンク、 レゲエとか好きな人にはBLACK UHULUっぽくもあり、THE SLITSっぽい雰囲気があるんじゃないかな?もちろんルーツミュージックを演奏してるバンドだから、 オーセンティックスカや、ラバーズな曲もあります。 好きになったらハマりますよー!』津田紀昭(Bass)

【THE BRUCE LEE BAND】『楽観と悲観。希望と絶望。‬それらが混在するSKAを奏でるのがTHE BRUCE LEE BAND。シンガーのマイク・パークは‬‪韓国系アメリカ人として己の‬信じる「善」を、‬北カリフォルニア・ベイエリアパンクス魂がプンプン香るSKAのビートと共に歌い続けている‪USAスカシーンのレジェンドです。前向きな意味で懐かしく、前向きな意味で妖しげな、彼らのSKAミュージックを全身に浴びて、元気になりたいなー!そんな明るい心持ちで競演できるバンドです!皆さん、色んな意味で「FREE」なこの機会に、是非、本物を体験しにいらしてください!』伊藤ふみお(Vocal)

THE SKINTS、THE BRUCE LEE BAND、それぞれのビデオもぜひご覧ください!

 

<ファミリー・エリア設置と小学生以下のお子様のご入場について>
お子様連れのお客様向けにファミリー・エリアを設けることになりました。
ファミリー・エリアは客席後方に設置し、お子様、保護者様にご安心してステージをご覧頂ける環境となります。
小学生以下のお子様にご入場頂く場合、保護者の方にご同伴頂き、ファミリー・エリアにて観覧して頂くことを必須とさせて頂きます。
お子様の安全確保を第一と考え、このような形とさせて頂きますので、ご理解とご協力をお願い致します。
※ファミリー・エリア内でご覧頂く際でも、保護者の方が責任を持ってお子さまから目を離さないようお願い申し上げます。
※ファミリー・エリア内外問わず、来場者同士のトラブルに関しては主催者及び会場は一切責任を負いかねます。予めご了承ください。

※当日の混雑状況によっては入場できない場合がございます。予めご了承ください。
※クラウドファンディングの竹コース以上で入手できる「優先入場パス」をお持ちであれば、入場規制時でも必ずご入場いただけます。 小学生以下のお子様も、入場規制時にご入場頂くには「優先入場パス」もしくは「キッズ専用優先入場パス」が必要となります。
※入場時のオペレーション、会場、集合時間、開場時間等の詳細は後日KEMURIオフィシャルサイトにて発表します。


伊藤ふみお(Vocal)

『Little Playmate発売二十周年の今年は、今までやったことのない、面白い形でライブやツアーをやりたい!
じゃ「チケットを購入していただき、ライブを観て頂く...」と、いう、当たり前の形式を、今回は止めてみたらどうだろう?
そうだ!チケットを購入しなくても見られるフリーライブを開催しよう!
そんなメンバーの想いから始まりました!
会場費とか、海外バンドの費用とか、どうしよう? お金払ってでも、絶対にライブを観たい人たちがいたら、どうしてあげたら良いんだろう?
何か、クラウドファンディングというのがあるらしいから、皆で色々考えて広げてってみようよ!
それで色々考えて、この形をとらせて頂くことにしました。
SKA BRAVOで僕らが目にしたい景色は…僕らが海外で観て衝撃を受けた格好良いバンドの奏でる音楽で、色んな年代、職業、肌の色をした女子や男子でパンパンになった会場が、皆の歌声と熱気でヒートアップしている…そんな景色です!
皆が面白がってくれると良いな。
皆が自分なりのSKA BRAVOを創ってくれると良いな。
皆が自分なりの形で参加してくれると良いな。
ドキドキしながら、心底、そう思っています! 皆、応援、宜しくお願いしまーす!』

津田紀昭(Bass)

『何とKEMURI デビューアルバム"Little Playmate"リリースから20年!
時間の経つのは早い。
沢山辛い事もあったけど、それ以上に楽しい事も沢山あって充実した時間だったという事かもしれないですね。
そんな時間を思い出したり、みんなで楽しいライブ、楽しい時間を一緒に創れたらなー。。
なんて思いSKA BRAVO東名阪フリーライブを開催したいと思います!
小さい子供たち、家族、友達同士、気兼ねなく、チケット代も気にする事無く気軽にこれる場所、フラッとお酒飲みに寄ったら、ライブやってたー!みたいな外国的ライブハウスの雰囲気を感じてもらえる場所、そんな場所を体験して貰いたいと思ってます。
お客さん、出演者の壁を取っ払って、みんなで遊べる時間を創れたら、本当に最高ですよね。』

平谷庄至(Drums)

『みんなで作り上げるSKA/PUNK FES ついに開催!!果たしてどんな景色がみられるのか??楽しみにしてます。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。いえ゛〜〜い!!』

コバヤシケン(Sax)

『デビュー20年の節目という事で今年のSKA BRAVOはフリーライブという形で開催する事になりました!
初参戦の方のきっかけになってくれたら嬉しいですっ!みなさんが思うベストな状態でイベントに参加してくださいね!
最高な時間を一緒に過ごしましょうっ!』

田中'T'幸彦(Guitar)

『東名阪フリーライブにクラウドファウンディング!
いろいろ初の試みでどうなることやらー!海外からもめちゃカッコイイバンドくるよ!みんなで楽しい時間を作りましょう!よろしくねー!』

河村光博(Trumpet)

『KEMURIのファーストアルバム「Little Playmate」
今でも強烈な光を放つアルバムのリリースから20年目の今年、フリーライブでSKA BRAVOを開催します。
皆さんがそれぞれ楽しめる形で参加してもらえたら嬉しいです、もちろん私自身は大いに楽しみたいと思います!
普段とは違ったライブになるかも⁉︎会場でお会いしましょう‼︎ 』

須賀裕之(Trombone)

『今年もSKA BRAVOを開催する運びとなり、とても嬉しいです。
しかも今回は、皆さんと一緒にイベントを作ると言う事で、いつもよりもBRAVOな3日間になることでしょう!
皆様、何卒ご支援のほどよろしくお願い致します!』

 

 

【コバケン筆書き&メンバーサイン入りお礼状】
コバヤシケンによる一筆に、メンバー全員のサインを添えて、感謝の気持ちを込めてお礼状をお送りします!

【記念ラバーバンド】
SKA BRAVO 2017の開催を記念したラバーバンドです。Twitterアンケートの結果、デザインはこちらに決定しました!

【優先入場パスカード】
今回のツアーは入場無料ですが、会場の都合上、混雑具合によっては入場できない場合があります。そんな入場規制時でもこのラミネートパスさえあれば、必ず入れます!

デザインは津田紀昭によるもの。普段のライヴのチケットのようなものではなく、なにか記念に残るものを、と考えて作りました。めちゃくちゃイイ感じのデザインになったと自負しております!

※実際のパスは、上記デザインに日程・会場等を記載するスペースが加わります。

【ライヴアルバムダウンロードカード】
このカードに記載されたパスコードで、7/14東京公演のKEMURIライヴ音源を後日ダウンロードできます。ちなみに今回のツアーは1stアルバム『Little Playmate』再現セットリストとなります。また、音源のミックスは平谷庄至が手掛けます!

【ライヴDVD&ステッカーセット】
この公演のKEMURIライヴを収録したライヴDVDと、オリジナルステッカー7枚セット。どちらも一般発売予定はない、このプロジェクトだけの特典です。こちらの音源ミックスも平谷庄至によるものとなります。

【記念オリジナルTシャツ】
SKA BRAVO 2017の開催を記念したTシャツ。当日の物販には出ないオリジナルデザインです。サイズはS/M/L/XLの4サイズからお選び頂けます。また、お子様向けにご用意したキッズコースのTシャツは110/120/130/140/150の5サイズからお選び頂けます。

Sサイズ:着丈70.5cm 身幅46.5cm 肩幅44.0cm 袖丈17.0cm
Mサイズ:着丈72.0cm 身幅51.5cm 肩幅47.5cm 袖丈17.5cm
Lサイズ:着丈75.5cm 身幅55.5cm 肩幅51.0cm 袖丈19.0cm
XLサイズ:着丈79.5cm 身幅60.5cm 肩幅58.0cm 袖丈20.0cm
110サイズ:着丈44.0cm 身幅33.0cm 肩幅29.0cm 袖丈13.0cm
120サイズ:着丈48.0cm 身幅35.0cm 肩幅31.0cm 袖丈14.0cm
130サイズ:着丈52.0cm 身幅37.0cm 肩幅33.0cm 袖丈15.0cm
140サイズ:着丈56.0cm 身幅40.0cm 肩幅35.0cm 袖丈16.0cm
150サイズ:着丈60.0cm 身幅43.0cm 肩幅38.0cm 袖丈17.0cm

※こちらの寸法は目安となります。実物とは多少の誤差がありますので、予めご了承ください。

【セットリスト会議参加権】

今回のツアーのアンコールセットリストを決めるWEB会議に、皆に参加してもらおうという企画。ツイキャスのメンバー限定配信機能を使って行う予定です。アンコールをやることが最初から決まっているというのも妙な話ではありますが、、、(笑)そこはアツいKEMURIファンの皆さんですから、鳴り止まぬアンコールをかけてくれるに違いないと信じてやります(笑)

会議は10月中に実施予定。具体的な日時と出席メンバーが決まり次第、支援頂いた方にメールでご連絡します。

【記念フェイスタオル】
SKA BRAVO 2017の開催を記念したフェイスタオル。Tシャツと同様、当日の物販には出ないオリジナルデザインとなります。

【デジタルフォト】
SKA BRAVO 2017のライヴ写真・オフショット写真を、後日デジタルフォト形式でお届けします。

【次回作の歌詞カードにお名前を記載】
KEMURIがリリースする次回作CDの歌詞カードに、あなたのお名前を記載します!
※次回作のリリース日は未定です。決まり次第、オフィシャルHPでお知らせします。

【次回ツアー回数券】
KEMURIが主催する次回ツアーのチケットとしてご利用頂けます。
※ご本人に限り有効、譲渡不可です。
※ツアーの時期・会場は現状未定です。決まり次第、オフィシャルHPでお知らせします。

【会場内打ち上げ参加権】
終演後、会場内にて行う打ち上げにご参加頂けます。時間内はドリンク飲み放題です。会場でKEMURIと一緒に乾杯しましょう!
※打ち上げに参加するのはKEMURIのみとなります。
※打ち上げの時間は20分程度を予定しています。また、終演後会場の準備が整ってから行いますので、時間帯が遅くなる場合がございます。その場合も帰りの交通費等は負担しかねますので、予めご了承ください。

※11/3までにご連絡を頂ければ、「お名前クレジットコース」への振り替え可とさせて頂きます。

【楽屋ご挨拶権】
終演後、KEMURI楽屋にてメンバーよりご挨拶させて頂きます。
※ご挨拶させて頂くのはKEMURIのみとなります。
※終演後楽屋の準備が整ってから行いますので、時間帯が遅くなる場合がございます。その場合も帰りの交通費等は負担しかねますので、予めご了承ください。

※11/3までにご連絡を頂ければ、「お名前クレジットコース」への振り替え可とさせて頂きます。

【KEMURI リハ観覧】
ライヴ当日に行うリハーサルを観覧できます。
※KEMURIのリハーサルのみ対象となります。海外2バンドのリハーサルは対象となりませんのでご注意ください。時間帯は決定しておりませんが、昼頃となる予定です。

※11/3までにご連絡を頂ければ、「お名前クレジットコース」への振り替え可とさせて頂きます。

【KEMURI リハ観覧&ステージ袖観覧】
ライヴ当日に行うリハーサルを観覧できます。また、本番ではステージ袖からライヴを観覧できます。KEMURIのローディーになった気分を味わえる特典です!
※客席に戻ることも可能です。
※KEMURIのリハーサル、KEMURIのライヴのみ対象となります。海外2バンドのリハーサル、本番は対象となりませんのでご注意ください。 リハの時間帯は決定しておりませんが、昼頃となる予定です。

※11/3までにご連絡を頂ければ、「お名前クレジットコース」への振り替え可とさせて頂きます。

【「Workin' Dayz」イントロヴォイス参加権】

「Workin' Dayz」のイントロヴォイスを、支援頂いた方に事前に録音して送って頂き、当日のライヴ時に流すという企画です。当然、ライヴDVD&アルバムにも支援頂いた方の声が使われることになります。ライヴDVDには"「Workin' Dayz」voice"担当としてお名前をクレジットします。一生モノの記念にもなりますのでぜひ!

【伊藤ふみお(第2弾):私物 マイク(SHURE BETA58 A)、シールド】※2017.7.28追加

2015年〜Fツアーの時まで使用していたものになります!

【伊藤ふみお:私物 アコースティック・ギター】

『伊藤ふみおソロアルバムを創った時、いっつも側に居てくれたGIBSON社のアコギ。品番知れず。多分、60年代の珍品。上田現ちゃんもよく弾いてたなー』

【津田紀昭:私物 ベース】
『Tokai HARD PUNCHER 1980 中学二年生だか、三年生のパンクにハマりたての頃、おばあちゃんに買ってもらった人生初の楽器。セックスピストルズのシドヴィシャスに憧れて白ボディー、黒ピックガードを購入。「ばあちゃん、50歳まで大切に持ってたよー、だから、興味持ってくれた人に譲るよ〜」 』

【平谷庄至:私物 スネア、スネアスタンド、KEMURI ロゴ入りドラム椅子、ドラムペダル】※2017.7.28内容変更

『さあ!ドラムをはじめよう!!いずれもKEMURIと共に音を奏でてきた楽器たちです。受け継いでいただければうれしいです。

1.PEARL 14"×5" フリーフローティンク ブラススネア(w/ダイキャストフープ)
96〜97年ごろ使用してました。コンピレーションアルバム"Misfits of SKA Ⅱ"の"Ato-Ichinen"はこいつを叩いてます。オーバーホールして久々に叩いてみましたが、これがなかなかいい音なんです!!
2.PEARL スネアスタンド
一昨年まで使用
3.TAMAドラム椅子 背もたれ付き
2014年ごろまで使用
4.TAMA アイアンコブラ ドラムペダル
2005年まで使用』

【コバヤシケン:私物 スケートボード、「Slow Lights」手書き譜面、解散→REUNIONライヴ時着用Tシャツ】※2017.7.28内容変更

『
Tシャツ:KEMURIに加入どころかサックスも始めてない当時に聴いていて、来日するとライブに通っていたアメリカの「FUNKADELIC」野太いホーンセクションが好きで、楽器を始めるきっかけになったバンドのTシャツです。大切な勝負Tシャツなので解散のライブとREUNIONライブ(アンコール)で着用しました。
手書き譜面:Slow LightsをオールタイムベストSKA BRAVOで再録する時にボーンフレーズはT-SAXのみで録音する事になりボイシングやソロパートをリアレンジした際の思い出の譜面になります。
スケボー:こちらのスケートボードは体力を付けるにはもってこいです!足腰鍛えてライブでバンバンはしゃげる事請け合いデスっ!怪我には絶対注意してくださいねっ!』

【田中'T'幸彦:私物 ギター】
『このギターは20年前Little Playmateのレコーディングの時、サンフランシスコで購入しました。Workin'DayzのPVに出てるギターでーす。』

【河村光博:私物 ポケットトランペット】
『10年以上前のボーカルトランペット時代に、持ち歩く荷物の多さに負けて購入。詳細は不明ですが音はしっかり出ます。吹いて良し、オブジェとしても良しな優れ者です。』

【須賀裕之:私物 p-bone、トロンボーンスタンド、マウスピース、サイン入り教則本】
『ありがたい事に一昨年12月に教則本を出版させて頂き、その改訂版を出版させて頂ける運びとなりました。その教則本と、普段ライブで使っているトロンボーンスタンドと、p-bone、僕の私物マウスピースをつけて、トロンボーンスターターキットとして出品させて頂きます!』

※各メンバー私物の楽器類に関しては、問題なく使用できることを保証するものではありません。あくまでも記念品としてご理解ください。

 

 

2014年・第1回


記念すべき第1回、新代田FEVERにて2デイズ開催。
ゲストはUSから盟友マイク・パーク率いるThe Bruce Lee Band、日本からFEELFLIP、SKALLHEADZ、COQUETTISH、SKA FREAKS。

日本からFEELFLIP、SKALLHEADZ、SKA FREAKS、そして百戦錬磨のベテランCOQUETTISHが独自の個性を存分にアピール、そして2日目には北海道のFREE KICKが飛び入り出演するなど嬉しいハプニングも。

マイク・パークは、KEMURIがアメリカでデビューアルバム「Little Playmate」をレコーディングする際に、その自宅に転がり込んだという恩人でもある存在。彼が率いるThe Brue Lee Bandは、貫禄の中にも軽快さとユーモアをみせるステージングで、ファンの心を鷲掴みにした。

 

2015年・第2回


第2回はKEMURIの結成20周年とも重なり、東京STUDIO COAST、名古屋ダイアモンドホール、大阪なんばHatchの3箇所で開催。
ゲストはUSからLess Than Jake、Reel Big Fish、Skankin' Pickeと、スカパンク界のレジェンドが一堂に会するイベントとなった。

Skankin’ Pickleはなんとこの日のために再結成しての来日。フロントマンのマイク・パークが足を怪我していたもののそれをものともしないハードなステージを見せてくれた。

2組目に登場したのは、USスカパンクシーンの最重要バンド、LESS THAN JAKE。シンボルキャラクター“EVOLUTION KID”が乱入するなどユニークな演出もあり、彼ららしいハッピーな空間を作り上げた。

3組目はReel Big Fish。1曲目「Sell Out」からラストの「Take On Me」まで、緩急つけたセットリストと絶妙なコーラスワークで場内の温度を引き上げていった。

ラストに登場したKEMURIは、事前に宣言していた通り、1stアルバム「Little Playmate」と2ndアルバム「77 Days」の収録曲を中心にしたセットリストを展開。“スカパンク日本代表”として貫禄のパフォーマンスで締めくくった。


2016年・第3回



第3回は東京O-EAST、名古屋クラブクアトロ、大阪BIG CATの3箇所で開催。
USからSTREETLIGHT MANIFESTOを招いて行われた。STREETLIGHT MANIFESTOは”CATCH 22”の元メンバー・トーマス率いる、現在のUSスカパンクシーンの筆頭株と言えるバンド。この日も圧倒的なホーンセクションのクオリティを見せるライヴを展開。

続くKEMURIのライヴでは、いつも通りパワフルなステージだけでなく、「Sun Set」ではSTREETLIGHT MANIFESTOとのコラボを披露。両バンドのホーン隊が次々とソロを回していくスリリングな展開で、中盤の見せ場を作った。
KEMURIはこのSKA BRAVOツアーの後、逆にSTREETLIGHT MANIFESTOに招かれる形でUSでツアーを敢行。精力的にワールドワイドな活動を続けている。

 

・海外バンドへのギャラ、渡航費等
・会場費、スタッフ人件費、交通費等の制作費一式
・各リターンアイテムの制作費、発送費

 

 

 

伊藤ふみお(Vocal)、津田紀昭(Bass)、平谷庄至(Drums)、コバヤシケン(Sax)、田中‘T’幸彦(Guitar)、河村光博(Trumpet)、須賀裕之(Trombone)

1995年結成。1996年ロードランナー・ジャパンより1stアルバム『Little Playmate』リリースし、その後計4枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムをリリース。
2003年4月ユニバーサル・ミュージックに移籍、7月にシングルをリリースしたが、ツアー中の事故により、活動休止を余儀なくされる。
2004年9月、5thアルバム『CIRCLES』をリリースし、復活。
2007年、エイベックスに移籍し、8thアルバム『our PMA』をリリース。
2007年12月初頭のツアー最終公演(12月9日Zepp Tokyo)を持って解散。
2012年9月、Hi-STANDARDからの呼びかけに応じ、“AIR JAM 2012”にて約5年ぶりに復活。
2012年11月、東名阪リユニオン・ツアー実施。全公演ソールド・アウト。
2013年1月、ギター・南英紀(現Ken Yokoyama Band)の脱退と初代ギター・田中‘T’幸彦の復帰を発表。
2013年6月5日、復活第1弾となる9thアルバム『ALL FOR THIS!』リリース。
2014年3月5日、キャリア初のフル・カヴァー・アルバム『KEMURIFIED』リリース。
2014年10月8日、10thアルバム『RAMPANT』リリース。
2015年4月、17年振りのUSツアーを敢行(西海岸5ヶ所)。
2015年6月17日、一部楽曲を現メンバーで再録音したベスト・アルバム『SKA BRAVO』リリース。
2015年7月15日、11thアルバム『F』リリース。
2016年6月22日、シングル『サラバアタエラレン』リリース。
2016年10月、自身初のUKULELEツアーを敢行。
2016年11月、USツアーを敢行。
2017年3月1日、12thアルバム『FREEDOMOSH』リリース。

 

※注意事項

・短期間にアクセスが集中した場合、限定数が定められているリターンにおいて、支援数が限定数を超過する可能性があります。その場合は抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
・全てのコースは税込、送料込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。
 ただし同時決済はできませんので、個別のコースを都度お申し込み下さい。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・プロジェクトへご支援後、事情によりライブに参加できないなどの場合も、返品は受け付けられません。また、他の方へのリターンの商品や権利の譲渡はできません。あらかじめご了承の上ご支援ください。
・リターンに「次回作の歌詞カードにお名前を記載」がございます。支援時に備考欄(リターンに関するご希望)に掲載希望のお名前をご記入下さい。
・プロジェクトに関するご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。支援後はなるべくメールのチェックをお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください