愛犬あずきの手術費の支援 多頭飼育の崩壊現場から救われたあずきは、先天的に歯が生えてこない体質。 縁あって我が家へ迎え入れ、元気に過ごしていましたが、歯牙腫という口腔の病気の為、手術が必要と判明しました。 コロナウィルスの影響で仕事も制限され、収入も減ってしまう為、どうかお力を貸してください。

プロジェクト本文

はじめまして

あずきとともに暮らすSugimotoと申します。

このページをご覧くださりありがとうございます!


早速ですが、あずきについて詳細をお伝えさせてください。

埼玉県にある動物愛護団体が多頭飼育の崩壊現場より救った兄弟の中で、

一際小さく弱っていたのがあずきでした。

(2019/7時点のあずき)


ボランティアのご家族が呼吸もままならなかったあずきのために酸素機を用意し、

体を大きくするためにミルクやご飯を数時間おきにあげてくださり、

やっと3kgまで体重が増え、健康的に大きくなったタイミングで我が家にきました。

体は兄弟犬達の1/3ほどしかありませんが、

走り回るのが大好きで毎日遊んで散歩に行こうとせがんできて、

短くても30分、長い日には1時間以上は外で一緒に遊びました。

運動するせいなのか食いしん坊のあずきですが、

上顎と下顎の長さが違い歯が上顎1本下顎3本しか生えていない為、

ドライフードとウェットフードを歯茎で潰せる位まで柔らかくし、

誤嚥しないようにつきっきりで食べさせました。

(2019/10時点のあずき)


そんなあずきに異変が起きたのが4月末

ある日、右の鼻から緑色の鼻水が垂れていました。

風邪をひいてしまったのかと思いかかりつけの病院に連れて行くと、

すぐに歯科専門病院への受診を進められました。

歯科専門病院 にて下された診断結果は「歯牙腫(しがしゅ)」

人間でも起こりうる病気ですが、

本来生えてくるはずの歯が生えてこず、そのまま顎の中に埋まっているという症状です。

数本だけ、ということならあるようですがあずきの場合は、

上顎に1本、下顎に3本の歯以外は全て埋まっています。

このままにしておくと、顎の中で成長した歯から液が出て顎の骨を溶かしてしまい、

両顎を失ってしまいます。

全国的に見てもここまでの状態は非常に珍しいらしく、

現在の状況はそのうちの1本が悪さをして上顎に生えている歯を壊死している状況です。

今回の手術では壊死している歯を取り除くを同時に、

歯茎を切り開き埋まっている歯を可能な限り摘出手術を行います。

ただし、どこまで摘出できるかはわかりません。

顎の骨を傷つけてはいけない為、成長している歯のみ摘出します。

今回の手術が成功しても定期的にレントゲンやCT撮影をし歯の状態を確認し、

悪化していればその都度手術を行っていかなければなりません。

(2020/4上旬のあずき)


-------



2020/5/6 埼玉県内の動物で診察を受けた際の治療見積書、診察費用の領収書を添付いたします


【手術の実施スケジュール】

すでに一部の歯が壊死してしまっている為、緊急を要します。

また、壊死した歯から細菌感染を引き起こす可能性がある為、現在は抗生物質を飲ませ炎症を抑えております。

本来であればなるべく早く手術を受けさせたい(当初は5月下旬を予定しておりました)のですが、コロナウイルスの影響で夫婦揃って仕事が制限されている影響もあり、手術を延期させることとなりました。

資金の目処がたち次第、手術を受けさせたいと考えております。


※薬の効きがいいのか、以前より悪化している様子はないとのことで、獣医さんから多少の後ろ倒しであれば問題ないと診断を受けました。


【資金の使い道】

手術費用、今後の通院費、お薬代、今回の病気により発生する費用として使用いたします。

(日々の餌代やトイレシートなどの日常経費では使用いたしません。)

資金が過剰に集まった場合はあずきを保護してくださっていた、団体へ寄付を行う予定です。

※私たち夫婦は団体に属してはいませんが、事前に団体の代表様と直接お話をし、今回の件は報告済みです。


【最後に】

あずきは食べることが大好きで歯がないこと、

上下の顎の長さが違うため舌が出っぱなしなんてことおかまいなし。

元気いっぱいのわんぱくな女の子です。

私たち夫婦もそれを知った上で家族として迎えており、

子がいない私たち夫婦には子供同然です。

今まで通りに元気いっぱいにご飯を食べて走り回るあずきとお散歩がしたいです。

皆様のお力添えをどうかよろしくお願いいたします。

*********************************************
※今回使用している画像の所有権・掲載権は私たち夫婦にあります。

※ALL in方式にて募集させていただきますので、必ず手術を行います。

※集まった資金は適切に使用し、ご支援いただいた方への報告は欠かさずに行います。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください