ご挨拶

キャストオフグループ代表の佐藤と申します。弊社は7年前より秋葉原を本拠地と定め、現在アニソンDJ barモグパン、アニソンカラオケバー高まり研究所秋葉原本店・昭和通り口店の3店舗を運営しております。この度政府の緊急事態宣言に伴いましてお客様、スタッフ、地域社会の安全を最優先し、4月8日より長期間の営業自粛をしております。加えて高まり研究所の新たな挑戦としての新店(新橋店)のオープンも控えており、その結果、5月に入り運転資金は枯渇し虫の息となってしまいました。


お店が作られた背景

アニソンを通じて楽しめる場所を作りたいという思いで、アニソンカラオケバーの開業を考えました。開店当初、秋葉原中心部ではお客様が主体で歌って楽しむお店がほとんどありませんでした。営業が成り立たない不安を抱えながらも1号店である高まり研究所秋葉原本店をオープンし、我々が実現したいことを貫いた結果、おかげさまで皆様のご支持を頂きアニソンカラオケバーの2号店設立(秋葉原昭和通り口店)へと展開することができました。


そしてさらにはアニソンを聴いて楽しめるジャンルのお店として、お客様が飛び入りでDJプレイができるアニソンDJ barモグパンの誕生となりました。


お店のこだわり

「店舗を通じてお客様やスタッフが体験する喜びや楽しみ、そして苦しみさえも全てが尊い」そう考えながら、店舗を気に入って頂ける方の大切な居場所として日々運営しております。


リターンのご紹介

前売りとしての食事券、そして今回初めてご用意するオリジナルTシャツなどのグッツをご用意いたします。


プロジェクトで実現したいこと

自粛による閉店危機を乗り越えたいと思います。


資金の使い道

人件費としてのスタッフ報酬、家賃などの固定費支払いに使わせて頂きます。


最後に

今回の新型コロナウィルスによる自粛休業のダメージは甚大な経済被害をもたらしております。

お客様、スタッフ、地域社会の安全を第一に考えた結果、過去にはない存続危機となってしまいました。

モグパン、高まり研究所は単なる飲食店ではなく、もはや多くの方の大切な居場所になっていることかと思います。

ここで負けるわけにはいきません。可能な範囲でご支援頂ければ嬉しいです。どうぞ宜しくお願いします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください