ストレッチゴールについて

皆様の温かいご支援のおかげでプロジェクトスタートから4日間で
目標の100万円を達成する事が出来ました。本当にありがとうございます!

BLUEVINEメンバー一同話し合いを行い新たにストレッチゴールを設定させて頂くことにしました!

150%達成で、2020年7月中旬〜下旬の間で支援者様限定の配信ライブを開催致します。リアルタイムでご覧いただけない方への、アーカイブを期間限定ではありますが残させていただきます。

200%達成で、2021年2月11日に東京で開催予定のBLUEVINE結成2周年記念ライブへ支援者さまをご招待させていただきます。

通常のライブができない期間、DVDをお待ちしていただいている間に、今のBLUEVINEの姿を届けることができればと思い設定させてだきました。そして、何よりBLUEVINE2年目の幕開けを共に迎えられればという思いでこのリターンを準備させて頂きました。


引き続きご支援の程 何卒よろしくお願い致します。

※ 200%のストレッチゴールについては、達成した場合に支援者の皆さまへ「メモリアルピクチャーチケット(ご招待状)」をお送りさせていただきます。ライブに足を運ぶことのできない方に対しては関係のないリターンになってしまいましたが、何卒ご理解いただけると幸いです。


ロックバンドBLUEVINE(ブルーバイン)です。

生熊耕治(vo&Gt)、赤松芳朋(Dr)とAKI(Ba)による3ピースROCKバンド。
3人がこれまで活動してきたROCK、POPS、ヴィジュアルのシーンの枠にはまらないスタイルでライブ活動を中心にバンドを作り続けてきました。

2020年3月に初のCD「RAINDROP」をリリース。3月から5月にかけてツアーを実施予定でした。

しかしながら、新型コロナウィルスの影響により、全公演が延期となりました。それでも、是非多くの方に今回の 「RAINDROP」をお届けしたいという気持ちから、別会場にて無観客ライブを実施し、その映像をDVD化してお届けすること事を決めました。

しかしそのためには会場費、制作費、経費など多くの資金が必要となります。この計画を成功させるためにも、ぜひご支援いただけますと幸いです。


新型コロナウイルスの影響により、今回のツアーを全ての公演が延期となってしまいました。
そんな中でも応援してくれるファンの皆さんに対して、バンドとして「少しでも前を向いてもらい、誕生したBLUEVINEの楽曲たちを届けたい」との想いで立ち上げたプロジェクトです。


ライブ中心で活動の中で、ファンと一緒に歩んできたBLUEVINEの記録の一つとして刻まれるはずだったBLUEVINE LIVE TOUR 2020「RAINDROP」をファンの皆さんとともに作り、皆さんの記憶に残る作品の一つとして形にし、次に向かって共に進んで行ければと考えた次第です。


ツアー初日で予定していた3月のライブが延期となり、メンバーのソロ活動も含めツアーファイルなるで予定していた5月31日までのライブスケジュールが全て中止となりました。各公演の延期を想定していますが、現在スケジュールは各会場と随時協議しながら対応を検討しています。
このプロジェクトにおける資金は映像DVD化する際の撮影、編集、送料などの制作費、会場代のキャンセル費用、イベント延期によるチケット代の手数料、スタジオ代、人件費などの経費補填、もう一度、ゼロからこの先のスケジュールを組む為にかかる制作費として大切に使わせていただきます。
*目標金額について本プロジェクトではまずは100万円を目指します。

なお金額に関しては支援者様の数によって製造数が変わる事や各種制作費の変動がある可能性がある為あくまで概算となります。

(目標金額に対する内訳)
■映像収録費用・映像音源編集費用 約40%
■プレス・パッケージ費用、各種リターン製造費用 約20%
■撮影に伴う人件費 約20%
■送料、手数料、雑費など諸経費 約20%


ライブ映像をDVD作品にして支援者限定にお届け!

BLUEVINE初のライブ映像をDVD作品して支援いただいた方限定でお届けします。

各リターンに応じて様々な特典がつきます!

収録は5月末から6月で実施予定。

作品が完成次第皆様のお手元へお届けします。(10月頃予定)

※政府からの自粛要請による会場の状況等でスケジュールが変更になる場合があります。

※本プロジェクトにおける制作物についての権利は、BLUEVINEに属します。リターンの複製や動画サイトへの転載はご遠慮ください。


この度、新型コロナウィルスによる政府による自粛要請を受けて、初のアルバム(RAIN DROP)のプロモーション、tourが延期になりました。

本来なら各会場で直接皆様にお届けお伝えしたい音と気持ちが、現段階で宙ぶらりんの状態です。

RAIN DROPは既に発売されておりますが、僕達の居場所、 LIVEステージパフォーマンスを如何しても届けたく思い悩みました。メンバー、スタッフ協議の結果、いつまで続くか分からないウィルスとの戦いを少しでも生えある物にしたく、無観客LIVEを収録した作品を制作する事を決断しました。

皆様と逢える日まで音楽を鳴り止まさず BLUEVINEは頑張ります。

何卒宜しくお願いします。

BLUEVINE Gt&Vo生熊耕治



大変な時期になってしまいましたが、僕たちはそんな時にも音楽をすることしかできなくて、不甲斐ない想いをしています。

そして、同じようにファンの皆さんも自粛の中、色々我慢をしていたと思います。

作品を作ることしかできない僕たちが今まで皆さんと培って来た大事な時間を切り取って作品として皆さんと共有できたらと思います。

宜しくお願いします。

BLUEVINE Dr.赤松芳朋



医療従事者の皆様に、感謝の気持ちを伝えたいです。

大切な人を失くしてしまった方には、お悔やみを申し上げます。

感染してしまった人には、いち早く元気になって欲しいです。

一人一人環境が違って、何を言葉にすれば良いのかわからないです。

ライブというのは、ファンの皆様とメンバーで作り上げるものだと、僕は思っています。

この無観客ライブという作品は、そういう意味では未完成だと思っています。

皆様に観てもらって、皆様の手で完成させてもらえたら嬉しいです。

また会える日まで。

BLUEVINE Ba AKI


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください