はじめに・ご挨拶

  数あるプロジェクトの中からご覧いただきありがとうございます。
私は都内で一人暮らしの大学生、ミルクの飼い主です。
  4歳のミルクちゃんが猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症し、治療を開始したことをきっかけにこのプロジェクトを立ち上げました。

ミルクとの出会い

  2016年1月30日。ミルクは衰弱な状態で当時住んでいたマンションの下で見つけました。身体は小さく、産まれて間もないため目も開けられない状態でした。まだ幼いため寒い外に放っておくわけにもいかずその場で引き取りました。    その後、東京の大学に進学するため田舎から上京。友達も知り合いもいない私にとって、ミルクは私の唯一の心の支えでした。   アルバイトでどんなに遅くなっても、必ず玄関で出迎えるミルク。保護されてすぐに診断された白血球増加症も定期的な通院を終え、これからは何も心配がなく、健康で暮らせると思った矢先にこの病気が発覚しました。

プロジェクトをやろうと思った理由


 FIPは致死率がほぼ100%の病気ですが日本での具体的な治療法はなく、対症療法のみとなっています。
 色々な方からお話を聞き、このFIP(猫伝染性腹膜炎)は不治の病といわれていましたが、現在は新薬によって8割は助かる病気になりました。
 これで救える!と思ったですが、日本で未認可の新薬「MUTIAN」が唯一の治療薬となりましてこれが非常に高額な薬となります。
 ミルクは今の体重は3.3kg(5月3日診療の時)のため
 今の症状から考えると1日に350ml必要で
 9240円/1日の投薬を84日間連続で行う必要があり、薬代だけで単純計算すると¥9240(税込)*84日=776,160 約77万
 また検査代や回復による体重増加を考慮すると、それ以上の治療費がかかることが想定されます。
 しかし、この金額はとても大学生である私には手が届かない金額です。
 コロナの影響で両親二人で営む小さな料亭も数か月連続赤字の状況で、とても家計が苦しいため支援するのは難しいです。
 私自身2年間働いたアルバイト先も緊急事態宣言のため、2月末から閉店し生活費もままならない状態です。4月に大学の学費を何とか集めて払ったものの、自身の貯金もギリギリです。

 医者さんに相談したら、安楽死を進められました。

     「安楽死」…現実を受け止めず、家でミルクを抱いてただただ泣きだしました。



 そんななか、ずっと食欲もなかったミルクは私に元気づけられるようにごはんも食べ、泣いてる私頭の隣に寝てくれました。生きようとしているミルク。少しでも奇跡を期待し、私は決めました。



ミルクは私の唯一の生きがいです。
この子がいなかったら、これからどうすべきか、まったく考えられません。

どうか この子の命を守りたいという思いに ご支援頂けないでしょうか。


これまでの活動

  4月中旬頃からミルクの食欲不振、お腹の大きさの変化に気づき、4月24日に最初の動物病院で診察したところ、腹水、貧血が診断され、FIPの可能性もあると告げられた。精密検査をし、結果を待つ一週間の間、突然死を防ぐため、プレドニゾロン、ビクタス、シクロスポリンを処方されました。腹水は減ったものの、体重が4キロだったのが2.85キロに減りました。1週間後先生に「FIPです。このままだと1か月持たないでしょう」と告げられました。

食欲がないから、かなり細くなっている、
腹水もあるのミルク

  

  

     一つ目の病院で一週間治療したものの、回復の兆しが見えなかったため、5月3日に2つ目の(ネットと友だちの紹介で都内唯一、FIP治療のためのmutian薬を処方できる)病院に転院しました。再び検査したところ、やはりFIPと診断されました。この時、ミルクは腹水だけが増え,体重は2.85kgから3.3kgまで増加しました。先生と相談したところ、まずは一週間分で最大耐用量のmutian薬を投与することにし、これ以外にも貧血の飲み薬と消炎剤も一緒に処方されました。そして、もう一度精密検査もしなければなりません。

   




   

  5月3日から10日までの薬を服用してる間に、薬をミルクの食欲は少し良くなり、日向ぼっこもするようになりました。5月10日再診する際に、腹水は予想通りに減っていなかったものの、黄疸はほぼ消えていて、生きる希望が見えてきました。



このプロジェクトで実現したいこと

ミルク今の体重は3.3kg(5月3日診療の時)
今の症状から考えると1日に350ml必要


50mg   ¥1200+税=¥1320

100mg  ¥2400+税=¥2640『MUTIAN』と貧血の治療薬

200mg  ¥4800+税=¥5280


¥1320+¥2640+¥5280=¥9240 (1日)


これを84日続けなければ完治することはできません。

計算してみると薬代¥9240(税込)*84日=776160

血液検査(7項目+CBC)¥7000*12週=84000

腹水検査(腹部エコー検査あり)¥13000*5回=65000

合計¥925160


どうか助けてください。



資金の使い道

全てミルクのお薬代、検査代に充てさせて頂きたいと思います。
その都度かかった費用はお知らせいたします。
ミルクのインスタグラムのアカウントを開きましたので、そちらでも公開させていただきます。

これは4月24日から5月2日まで通ったの動物病院の診療明細


これは5月3日から5月10日まで通ったの動物病院の診療明細


ミルク5月3日と5月10日の血液検査結果


リターンについて

¥500 ミルクちゃんの写真を含めの感謝メッセージを届けします。
¥1000 お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを2枚セット
¥1500 お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを5枚セット
¥5000 お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを10枚セット、写真データ10枚、
¥10000お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを10枚セット、写真データ10枚、ミルクちゃん写真入れマグカップ
¥30000お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを10枚セット、写真データ10枚、ミルクちゃん写真入れクッション
¥50000お礼のお手紙と、ミルクちゃんの写真を用いたポストカードを10枚セット、写真データ10枚、ミルクちゃんの油絵1枚


最後に

ミルクのインスタグラム
[mimi.mimilk]

自力ですべてを補えない未熟な飼い主ですが、
少しでも長く、この子と一緒にいられるように、温かいご支援ご協力をよろしくお願い致します。


【本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。】

  • 2020/06/10 23:35

    みなさんご支援や拡散のご協力、そして温かいメッセージを頂き、誠にありがとうございます。最近授業が始まり、ミルクちゃんの治療は続けています。活動報告が遅れでしまい、申し訳ございません。毎日注射している副作用で足が歩けなくなっていた5月後半、ミルクが血栓と似ている症状が起こりまして、朝5時くらい急...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください