プロジェクト本文

「黒い服は色褪せるから、毎回洗濯したいのに、気を使ってしまう。」

こんな風に感じたことはありませんか?

「ハイター(塩素系漂白剤)が服について、部分的に脱色してしまった。」
「色が変わってしまうたびに、同じ様な黒い服を何度も購入したことがある。」

こんな経験はありませんか?

特に黒い服って、普段着はもちろん仕事着としても着用する事が多いと思います。
「黒」って着ているときちんとして見える色なのに、洗濯するたびに白っぽくなっていったり、変色してしまってすぐ買い換えないといけない色ですよね?

一番着る機会が多い色なのかもしれないのに。

黒い色を黒いままにずっと着ていたい。
こんな風に思った事、ありませんか?

そう事を感じた事のある、あなたに着て欲しい。

雑に扱っても色褪せない。気にせず洗濯できて、気にせず着られる。
汚れが目立ったら、漂白剤も使えます。

手入れの面倒臭さからもカイホウされる。

僕たちALL YOURSは、私たちのブランド「DEEPER'S WEAR」を通して、

「洗濯を繰り返しても、色が変わらない黒いパンツ」

を開発しました。

 

試しに2種類の塩素系漂白剤の原液を使って実験しました。

・洗濯用漂白剤(塩素系)をぶっかっけてみました。

左が一般的な生地、右が今回のプロジェクトに使用している生地です。

 

・キッチンハイターをぶっかけてみました。

 

左が一般的な生地、右が今回のプロジェクトに使用している生地です。

 

一般的なパンツにに使われいる素材は、時間の経過とともに色が変色していきます。しかし、このパンツに使われている生地は全く色が変化しないのを確認して頂けましたか?

 

試しに、

 で検索してみてください。「色落ちしない服」が検索されることはありません。あのgoogle先生もその存在を知らないのです。「服の色落ちを防ぐ方法」ばかりが検索上位に出てきます。そこにも書かれているのですが、綿素材を代表とする天然繊維を用いる洋服は、その特性上、染料を定着させる能力があまり高くなく、特に黒や濃紺などの色が濃ければ濃いほど、使う染料の量も多く、配合も複雑なので、洗濯などにより色が変わってしまいます。

ものごとの「あたりまえを、あたりまえにしない」という理念を持つ僕たちは、この「google先生も知らない」問題解決に着手したのです。

先にお話しした通り、天然繊維は特性上、色が落ちやすくできています。
でも、黒い服は黒いまま着たい。でも着ていると絶対に色があせてきてしまうこの矛盾
いったいどうやってクリアすれば良いのか…?
既存の方法ではこの問題を解決するにいたりませんでした。

そこで、僕たちはモノづくりの発想を変えました。

天然繊維ではなく、色褪せない素材を綿の風合いや見た目に近づけていく方法があるのではないか?

そこで僕たちは「ポリエステル」という素材に着目しました。
ポリエステルって聞いたことありますよね?そう、スポーツウェアに良く使われる素材です。

海パンもポリエステルで作られています。つまり、海水のような強い塩水にさらされても、汗を沢山かいても色落ちしにくく作られているのです。

ポリエステルは天然素材と反対で、高温処理によって繊維に隙間を作り、染料を無理矢理押し込むような方法で、さらには天然繊維には適用できない染料を使用するため、芯まで染めることが出来ます。
つまり、天然繊維と比較して、圧倒的に染着性が高く、色あせることなく使用することができます。

化学繊維は光沢感があるので抵抗がある方もいらっしゃると思います。今回のパンツに使っている生地は、表面の光沢を軽減することに成功し、見た目は綿素材に近づけたものを採用しています。

つまり

「綿素材を使用しているように見えるのに、実はポリエステルだけを使って作られている」

これが

「洗濯を繰り返しても色褪せしない。購入時の色がずっと続く黒パンツ」

の秘密です!

毎日穿いてほしいこのパンツ。さまざまな優れた特長があります。
普通に生活するって、意外とハードな事。日々の生活って、実はスポーツ並みに運動量ありますよね?

この製品は、日々の生活にスポーツウェアのパフォーマンスを持ち込みました。
つまり、スポーツウェアと同等の機能を持つ普段着なのです。その特長を詳しくご説明します。

・洗濯脱水後、室内干しで3時間で乾く

遊びに行ったり、仕事が終わって帰宅後に洗濯すれば、次の日の朝には乾いています。ちなみに、生地が重なっている最も分厚い部分が3時間以内で乾きます。これで、旅行や出張に行くときの荷物を減らすことができますね。

・汗をかいても、濡れても肌が生地に貼りつかない

スポーツウェアと同等の機能を備えているため、汗をかいても、濡れても速く乾くので、肌にまとわりつきません。

・型崩れしにくく、しわになりにくい。

ポリエステルという素材は、弾力性があり、自ら元の状態に戻ろうとする力を持っています。穿き続けることで、どうしても避けることが出来ない、ヒザの裏側のシワや、モモの部分のシワもつきにくく、長い間折りたたんだ状態でついてしまう折りシワも、少しの時間で自然になくなります。

・優れたストレッチ性

歩く、走る、座る、昇る、降りる、日常のさまざまな動きに追随するに十分な伸縮性を兼ね備えています。

 

 

今回のリターンとして、「洗濯を繰り返しても、塩素をかけても、色が変わらない黒パンツ」をご用意させていただきました。その他、本数まとめ割り引きや特別企画などをご用意しております。詳細はリターンページをご覧ください。

 

●サイズについて

ウエストサイズは全部で7サイズ(26・28・30・32・34・36・38インチ)ございます。
(センチ表記は下のサイズ一覧をご覧ください!)
※サイズが不安な方は、メッセージにてお問い合わせください!

●シルエットについて

細身の女性の方から体格のいい男性の方まで穿いて頂くことができる、細すぎないテーパードシルエットです。

●股下の長さをご指定いただけます

股下の長さについては、56㎝~100㎝(何と1m!間違いなく日本一長い!!)まで、2㎝刻みでお好みの長さをご指定頂けます。特に84㎝以上の長さについては、このプロジェクト限定の展開になりますので、この機会にぜひお試しください!(ご指定が無い場合は、股下82㎝の商品をお届けさせて頂きます)

 

●リターンの表示額には全て送料が含まれています。

 

Q.商品の返品交換について

A.股下を指定されていない商品のサイズ交換は承ります。

股下の長さを誤って指定された場合、大変申し訳ございませんが交換は承ることが出来ません。

また、商品に欠陥がある場合を除き、基本的には返品には応じておりませんのでご了承ください。 

 

株式会社オールユアーズ https://www.allyours.jp/

 木村昌史(きむらまさし、写真前列左)と原康人(はらやすと、写真前列中央)により2015年7月に設立。

 「あたりまえを、あたりまえにしないモノづくり」

これを理念に「新しい普通」となる洋服を開発し続けています。

 僕たちALL YOURSは服を「ファッション」として捉えず、「服」=「道具」として考えています

(このコンセプトを僕たちは"LIFE-SPEC(ライフスペック)"と呼んでいます。話すと長くなっちゃうので、気になった方は是非こちらをご覧ください!)

「道具」=「ソリューションを提供するモノ」と捉えると、服ってストレスばっかりだと思うのです。

「おしゃれは我慢」って言葉ありますよね。
 
我慢してあつかうモノは、「道具」じゃない。

「クールである」前に、なにも考えず直感的に使えるから「iphone」は偉大な製品だし、分厚い説明書と訓練が必要なガラケーに変わって、日常に無くてはならない、新しい「道具」になったと思うのです。
 
日常着が通常カテゴライズされるのは、「ファッション衣料」です。
「身にまとう道具=服」として考えた時に、洋服が目指すべきモノは「外装デザイン、ディティール」や「流行、トレンド」によって毎年無理やりアップデートされるのではなく、「ストレスのなさ」「動きやすさ」みたいな、その人の活動のモチベーションになるような、そんな要素で自然にアップデートされるべきだと考えます。

着用時のストレス、(洗濯などの)ケアのストレス、購入時の値段のストレス…
ストレスなく、丸洗いできて、丈夫で長持ち。そして、気にせず着られる。

そんな根源的なストレスや、使いにくさを解決するモノを必要としている方々に届けたいと思い、クラウドファンディングにチャレンジしていきます!

よろしくお願いいたします!

ALL YOURS STORE 〒153-0043 東京都目黒区東山3-18-9(レインボー倉庫内)

東急田園都市線 池尻大橋駅より徒歩5分の場所に実店舗が御座います。こちらにて、実物のサンプルをご覧いただけます。実際に触って穿いて、体感してみてください。申し訳ございませんが、月・火は定休日でございます。

この看板が目印です。もし道に迷われた際は、090-1049-0701(お客様ご案内用電話番号)までお電話くださいませ。

今回のプロジェクトを皮切りに、CAMPFIREを通じて、24か月連続、つまり2年間クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げ続けます。

過去にもクラウドファンディングで皆様に多大なるご支援をいただいておりましたが、なぜ僕らがクラウドファンディングで商品(アイディア)を公開していくのか?この場をお借りしてご説明させていただこうと思います。

◎理由1

『服の購買体験を変えたい!』

既存の服作りの枠組みに囚われず、ユーザーさんに必要と思っていただけるような製品開発をしているのですが、
会社の運営をしてみて感じたのは、製品開発よりも、流通の方が既存の枠組みに囚われていることに気づきました。
クラウドファンディングという、通常の卸と小売り業態では無い、新しい流通で購買体験を変えていきたい。そんな考えがあります。

ダイレクトにユーザーさんに製品のコンセプト、開発者の想い、開発時のエピソードなど、そんな製品自体とは関係無いことまでをしっかりと伝えることができます。

そして、そのことに対して共感してくださる方々がいる。

過去のクラウドファンディングで、ここが一番重要で大切なことでした。

僕たちが製品をコンテンツ化して直接お届けすることによって、僕らの活動に共感していただいてから製品を購入していただけます。ユーザーさんがファンになってくれたのです。

そんなファンになっていただいたユーザーさんに、欲しいと思ってもらった量をクラウドファンディングで作る。

僕たちにとってはとても自然なことのように思えました。

それが1つ目の理由です。

 ◎理由2

『新しいあたりまえを、知らないあなたへ』

僕たちはユニークな製品を開発していると思っているのですが、創業したてで、資金力に乏しく、しかも代表である木村に友達が少ないためPR力が弱いのがウィークポイントです。

つまり、ALL YOURSに共感してくれて、ファンになっていただける人たちに、僕たちのことが伝わりきっていないのではないか?というのが2つ目の理由です・

僕たちの製品は、お世辞にも「ファッショナブル」で「トレンド最先端」なものは作っていません。

むしろ、そんなもの作れません。

なので、僕たちに共感してもらえる方々は単にファッション好き、洋服好き。だけでなく

新しいものが欲しい人、ユニークなものを探している人。と思っている人。そんな人に知ってもらいたいのです。

性質上、そんなユーザーさんがたくさんいるクラウドファンディングでのチャレンジは、僕たちを知ってもらえる良き機会になるのではないか?と考えています。

また、趣味性の高い「ファッション」ではなく、あくまで日常を快適に過ごすためのソリューションとして服を提案していきたいと思っています。

僕たちはこれを「ファッションを民主化する!」というスローガンにして活動をしています。

そして、その後、他にもまだまだやりたいことのビジョンがあります。
一緒に実現させていただけたら、本当に嬉しいです!

ぜひ、暖かく見守っていただけると幸いです! 

****************************

SPECIAL THANKS

PHOTO : MISUZU OTSUKA

MODEL : TOMOSHI @ Good people & Good coffee

LOCATION : DESSART & Co.

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください