若い世代に大流行の「人狼ゲーム」。そして、「アディショナル人狼」は、その人狼ゲームに要素を加え、また、変化させて新感覚のゲームにしました。

プロジェクト本文

みなさん、「人狼ゲーム」はご存知でしょうか。


人狼ゲームは、プレイヤーが最初に配られた役職と呼ばれるものを1ゲームの中で演じていきます。


1人の役職を知ることが出来る占い師

死んだ人の役職を知ることができる霊能者

などさまざまな役職に分かれて話し合いをします。


「アディショナル人狼」では、役職と能力の2つのカードが配られます。


夜のフェイズに能力を使うことで、役職の入れ替えが起きるため、市民が突然人狼になっていることもあります。


アディショナル人狼は、与えられた役職と能力から、瞬時に議論に参加しなければならない新感覚の人狼ゲームです。


■プロジェクト

ようこそ、アディショナル人狼の世界へ!

はじめまして、ボードゲームカフェプラスの店長:巽俊輔です。

当店は、大阪市北区の梅田にございます。

席数は20席ほどです。小さめの店舗で経営をしています。

こちらは、ボードゲームの棚です。

烏も飼っています。ここがお気に入りのポジションなようです。


こちらがホームページとなっております。

話はそれましたが、この度は、アディショナル人狼のページをご覧いただきありがとうございます。


新型コロナウイルスによる経済活動が停止する中、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。


土日に家族が家の中で集まっていても暇ということはないでしょうか。


アディショナル人狼は4人から議論が出来ます。

なんとなく憂鬱な期間になるこの自粛期間に思いっきり、「考えて、伝える」ゲームをして、コミュニケーションを活発にすることが出来るのではないかと思います。


それでは、アディショナル人狼の全容を紹介していきます!


○イントロ

人狼ゲームはロシア発祥のゲームです。


村の中に人間に化けた狼である「人狼」が潜み、毎晩村人を喰らいます。


村人は人狼を探すべく毎日、疑わしい1人を処刑していきます。


このように恐ろしいゲームですが、現在では小学生も遊ぶようになりました。


アプリゲームも増えており、若い世代を中心に爆発的な人気を有しています。


「人狼ゲーム」に対して、「アディショナル人狼」は、平和な人狼ゲームです。

人狼は、村人を襲いません。

村人が、人狼を探して森に追い返すゲームなのです。


途中で死んで脱落することのない、「犯人探しゲーム」、「推理ゲーム」のような思考のぶつけ合いを行います。


脱落者がいないため、情報が多く、議論はより白熱します。


優しいゲーム背景にも関わらず、高レベルの議論が楽しめる「アディショナル人狼」の遊び方へ!


○遊び方

役職カードとアディショナルカードの2種類をそれぞれのプレイヤーに配ります。

夜のフェイズに、アディショナルカードの能力を発動します。


昼のフェイズに全員で議論し、その後投票タイムへ!


最多投票の入ったプレイヤーへ質問をします。

「あなたは人狼ですか?」


の質問に対して、「はい」「いいえ」で答えます。

「いいえ」であれば、再び夜が訪れます。


※この世界の人狼は正直者なため、この投票時の質問には正確に答えないといけません。


夜になると、アディショナルカードが回収され、シャッフルしたあと、配り直しをされます。


○主な特徴

特徴①

[脱落しない]


アディショナル人狼では、ゲーム中の脱落が起こりません。


途中で脱落することに、恐怖を覚えずに楽しむことが出来ます。


特徴②

[複数回夜がある]


2回目の夜には、またアディショナルカードで役職の入れ替えが起こります。


2日目の議論では、違う役職を演じることも多々あるでしょう。


さっきまで、市民だったのに人狼になってしまった。

このドキドキ感がゲーム中のスリルとなります。


○イメージ

アディショナルカードにオリジナル能力である、「香具師(やし)」と「幻影魔導師」があります。

どちらも、役職の交換を行う重要なアディショナルカードです。


人狼を相手に押し付けたり


はたまた相手から人狼を奪い、1ターン凌いだり


○デザイン一覧

デザイン一覧はこちらです!


○このゲームの魅力


アディショナルカードにより、全員に様々な情報が行き交います。

そのため、初心者でも議論に参加しやすいのです。


例えば、香具師の能力により、突然人狼になったあと、すぐに議論が始まることもあります。

どうやって嘘をつこうか。このドキドキ感が刺激となり、ゲームが盛り上がります。


また、ゲームマスター不要のため、全員が参加できます。複数回するときもカードを集めて配り直すだけなので、すぐにはじめられます。


○内容物

役職カード 18枚

アディショナルカード 24枚

説明書 2枚

プレイ人数4人以上(9人以下がおすすめです)

プレイ時間10分〜


○資金の使い道

お店の維持費用

新しいゲームを作るための資金

にさせていただきます。


お店のテナントの維持費用が月に15万円ほどかかるため、今回の目標金額を15万円に設定しました。


■アディショナル人狼を制作したきっかけ

僕が開くオフ会の中で人狼ゲームを行う機会がよくありました。


人狼ゲームでは、とりあえず吊ってしまおうということで、僕は2日以上生きたことがほとんどありません。


※いじられキャラなため、友達と人狼ゲームをすると吊られやすい!


これは悲しい!他にもこんな思いをしている人は多いはずだ!

と思ったため作ったゲームがこのアディショナル人狼です。


※人狼ゲーム自体はかなり好きです!


このゲームは、1日目から大量に情報があるため、全員で会話することが基本となります。


また、情報の多さは、はじめてプレイする人が何を話ししたらいいのか分からないという事態に陥ることも防ぎます。


なぜなら、とりあえず、分かっている情報を伝えることが出来るからです!


その割に情報を操作する力がある人がゲームの中では強く、初心者と玄人の差を出すことも出来ます。


それでも安心してください。アディショナル人狼では、夜毎に味方のプレイヤーが変わります。

さっきまで、敵だったプレイヤーが味方になることもあります。

最後まで、勝利をもぎ取ることができるこのゲームをぜひ遊んでもらいたいと思っています。


■プロジェクトメンバー

代表

巽俊輔(プラス)

ボードゲームカフェプラスの店長です。大学院を修了した後に化学の研究職に付きました。

ゲームが好きすぎて2019年10月14日にボードゲームカフェプラスを開業しました。好きなボードゲームは、ドミニオンです。

Twitterアカウント

@purasururinngo 個人アカウント

@Cafe_PLUS_OSAKA お店のアカウント

サポート

畑雄貴(はてぃ〜)

ボードゲームカフェプラスのスタッフです。作曲家です。今回のプロジェクト動画の音楽も作曲していただきました。

好きなボードゲームは、こちらもドミニオンです。


■あとがき

アディショナル人狼は、イベントで大きく宣伝して販売しようとしていたところでしたが、新型コロナウイルスの影響でイベント自体がなくなってしまいました。


そして、ほとんど宣伝出来ずにいたのですが、今回お店の維持費用と、新たなゲームの制作資金を集めたいと思い、クラウドファンディングに挑戦しました。


僕の経営しているお店も休業期間となりました。

第二波、第三波の感染拡大が発生する可能性を考えると、長期的に資金が厳しくなります。

また、自粛自体は完全に終わったわけではないため、お店の来場者数も大幅に減少すると思っています。


ボードゲーム業界は、日本の中ではまだまだ小さいです。

しかし、この2年間ぐらいで、メディアに取り上げられることも多くなり、ボードゲームの認知度と人気は上昇していました。


このボードゲーム業界の発展が止まらないためにも、この危機を乗り越えたら、さらなるプロモーション活動に取り組みたいと思います!


■スケジュール

6月6日(土曜日) 支援募集終了

6月8日(月曜日) 順次発送

6月22日(月曜日) 発送完了予定


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください