新型コロナウィルスの影響で、関西を中心に活動するダイアモンドバスケットボールスクールはすべての活動が休止となりました。部活動やクラブ活動も次々と休止に追い込まれる中、今こそ私たちができること。「バスケに挑戦するあなたへ」オンラインバスケットボール教室を届けたい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして、一般社団法人バスケットボール推進会の山口と申します。

弊社は、4歳から中学生を対象としたバスケットボール教室「ダイアモンドバスケットボールスクール」の運営をはじめ、アマチュアバスケットボール大会の「ジョイフルリーグ」や、基礎練習会や試合が個人参加でも楽しめる男女バスケサークル「B-JAM」などを企画しております。


【ダイアモンドバスケットボールスクール】

2015年4月に大阪府大東市で開校しました。

弊社の主な事業として成長し、大阪府9会場、兵庫県1会場で開催され、

350名の選手が所属しております。(2020年3月末)

[URL] https://basketball-pp.or.jp/diamond-bbs/ 

指導者は私を含む計20名(アシスタントコーチ含む)が在籍しており、2020年度には大阪府、兵庫県の更なる拡大だけではなく、和歌山県、京都府での活動も予定しておりました。


【ジョイフルリーグ】

バスケ仲間と気軽に参加できる、1DAYバスケットボール大会です。

[URL] https://basketball-pp.or.jp/joyfulleague/ 

大阪府で月に1~2回程度の開催頻度で継続してきましたが、2020年度には、兵庫県などへの展開も視野に入れ、アマチュアバスケプレイヤーが気軽に試合を楽しめる環境をより多くの方に提供していく予定でした。


【B-JAM男女バスケットボールサークル】

バスケ初級者から経験者まで、年齢や性別を問わず、個人でも気軽に参加できるバスケサークルです。

[URL] https://basketball-pp.or.jp/b-jam/

これまで大阪府と兵庫県で開催し、延べ1万人のプレイヤーに参加して頂きました。

バスケットボール初級者向けの練習会もご好評を頂いております。


新型コロナウィルスの影響で

バスケットボール教室を主軸とした様々な活動を続けておりましたが

2020年3月から徐々に制限がかかり、

4月7日の緊急事態宣言発令と共にすべての活動が休止に追い込まれてしまいました。


「どうやってこの状況を乗り越えるか?」ということに、頭を悩ませてきました。

自粛期間に、「今、できること。」が何かをひたすら模索しました。


特にスクールでは、

選手や保護者様にとって、今何が大切なのかを考えてきました。


SNSやグループLINEを使って、

家の中でもできる練習を「宿題動画」として配信してきました。


ビデオ通話アプリを使って、コーチと選手がリアルタイムにつながる

「ライブレッスン」を実施しました。



日々、打ち合わせを繰り返し、選手たちに何を伝えることができるか?

何をしたら喜んでくれるだろうか?と試行錯誤しました。


オンラインバスケ教室「ダイアモンドBBSオンライン」

今こそが、プロジェクトを発表する最高のタイミングだと感じました。

実は、昨年から構想を練り、動画の撮影や編集、

WEBページの制作などの準備を進めてきました。

[URL] https://basketball-pp.or.jp/diamondbbs-online/




なぜ、昨年から準備していたのかと言うと・・


私たちの会社、そしてダイアモンドバスケットボールスクールは、

全国にバスケの魅力を伝えていきたいと考えているからです。


バスケットボールを通じて、

人と人のつながりをつくり、

人生を豊かにしてほしいと本気で思っているからです。


これは会社の理念として創業当初から掲げており、

私個人的には、大学生の時から想いは変わっていません。


しかし、全国へ実施会場を広げていくのは

ものすごいパワーと時間が必要です。

今すぐに実現・・というのはなかなか難しい。


そこで私たちは、ただ一方的な配信ではなく、

人と人とのつながりのあるコミュニティとして

少しでも早く全国のプレイヤーと交流する方法を考え、

「ダイアモンドBBSオンライン」を準備することにしたのです。


年齢や性別を問わず、全国のプレイヤーが

バスケットボールの魅力に触れ、

バスケを通じて元気になってくれたら嬉しいです。


「バスケットボールを、もっと身近に。」

私には、「夢」があります。それは、

日本のバスケットボールをもっと身近なスポーツにしていくことです。


そのために、私ができることに全力でチャレンジしていきたいと思います。

この事業で達成したい目標は2つだけです。

ひとつめは、スクールを全国で300クラス実施すること。

ふたつめは、バスケットコートを全国につくることです。


バスケットボールを身近なスポーツにするためには、

とにかく現状の環境をより良くしていくことが大切だと考えています。


「バスケを教えてもらえる場所を増やす」

「バスケが気軽にできる場所を増やす」

これこそが、競技普及の本質だと考えるからです。


日本におけるバスケットボールの競技レベルは、世界と比べると低い位置にあります。

体格・骨格などの問題もありますが、その原因は競技人口にあると感じています。


世界で最も競技人口の多いスポーツは、すべての競技の中でバスケットボールが第1位。

4億5000万人ものプレイヤーが存在しているのです。

第2位はサッカーで2億5000万人とその差は歴然、不動の1位だというのです。


しかし、日本における社会生活基本調査によれば、

スポーツ人口ランキングの第1位は、ウォーキング、第2位がボウリング、

第3位は水泳というデータがあります。

この調査ではバスケットボールは17位という結果となっています。


では、今の中学生・高校生に人気の部活は何でしょうか?

この調査では男子部門の1位がサッカー、2位がバスケットボール。

女子部門の1位がソフトテニス、2位がバレー、3位がバスケットボールなのです。

男女合算すると実は、バスケットボール部が最も人気であるという結果になります。

これは驚くべき結果だと思います。


ところが、社会に出てからバスケットボールを続ける人の数は、極端に減っていくのです。

つまり、日本には、やりたくても続けられる場所、環境が整っていないということが考えられます。

この、「世界とのギャップ」を縮めたい。


次世代の選手たちの、根本的な課題をクリアにしたい。

バスケを愛し続ける大人を増やしてB.LEAGUEを盛り上げたい。

オリンピックやワールドカップで、日本が世界と対等に戦い、活躍する姿を応援したい。

そう心から願って活動を続けて参ります。


なぜ、そんなにバスケが好きなの?

これは本当によく聞かれます。

実は、長くなるからあんまり聞いてほしくないんです。(笑)


私がバスケットボールと出会ったのは小学5年生の時で

中学生で初めてバスケを教わりました。

高校で引退して、大学はサークル、社会人でもソコソコのレベルでしか

バスケットボールをしていませんでした。


でもなぜこだわるのか?


それは、スポーツには人を幸せにする力があると思うからです。

私が好きになったスポーツが、たまたまバスケットボールだったのです。

バスケットボールは、私にたくさんのプレゼントをくれました。


健康な身体、仲間との出会い、社会で生き抜いていくための学びを

惜しみなく私に与えてくれました。最高の贈り物です。

どの経験も、生涯の宝となりました。


だから、バスケットボールが好きなんだと思います。


経験は、人生を豊かにすると思います。


今でも、バスケットボールはたくさんの成長と仲間との出会いを、贈り続けてくれます。

それは、バスケットボールを愛し続けるからこその、特別な贈り物です。


だから、バスケットボールがくれた素晴らしい体験を、

今度はお返ししていく番だと思っているのです。

普及活動を続けることで、恩返ししていくのです。


※私が大学時代に「バスケットボールで、食べていく」ことを

決意するまでの軌跡を、こちらで綴っております。

[note]

https://note.com/diamond_bbs 

お時間ございましたら是非ご覧ください。


資金の使い道

皆さまから頂いた資金は

新型コロナウィルスの影響を受けたスクール事業をはじめとする活動を

存続、維持、回復させるために大切に使わせて頂きたく思っております。


まだまだ続く自粛期間、及び活動制限の中での再開、

事業を再び発展させていくには非常に時間がかかることが予想されます。

それまでに必要な経費は、具体的にこのくらいあれば大丈夫という目安がありません。


指導者に対する人件費や、会場使用料の他、運営にかかる諸経費はもちろん、

コロナ前よりもたくさんの皆さまに支持いただける活動にしていかなければなりません。

練習内容をより良くするためのツールの導入、

社員やアシスタントコーチがこれまでよりも働きやすい環境づくりを目指していきたいと思います。


また、オンライン教室では日々のアップデートで

より質の高い内容を提供していきたいと思っています。

動画やテキストの再構成や追加などにかかる諸経費としても活用させて頂きたく思っております。


リターンのご紹介

ご支援頂いた皆さまには、実際にオンライン教室を3ヶ月~最大1年までご支援金の範囲でご利用頂き、

差支えなければご意見、ご感想など、より良いサービス提供のためのアドバイスを頂けたらと思っております。

物を差し上げて終わり、ではなく、

皆さまと一緒にバスケを前に進めていくコミュニティとして

ご縁を頂けましたら幸いです。


最後に

長い文章になってしまいましたが、

ここまで私たちの想いをご覧頂き、本当にありがとうございました。


私個人としましては、志半ばでこの業界を去りたくありませんし、

まだまだやれること、チャレンジしたいことがたくさんあります。


日本バスケットボールの普及、発展に

私が生きた証として少しでもつめ跡を残したいと思っています。

その覚悟で活動を続けて参ります。


是非、ご支援のご検討を頂けましたら幸いです。

宜しくお願い致します。


一般社団法人バスケットボール推進会

代表理事 山口貴久


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/01 19:01

    こんにちは!バスケットボール推進会の山口です。昨日の23:59で期間終了となり、目標である1,000,000円を達成することができました!ご支援頂いた99人の皆さま、本当に本当に、ありがとうございます! 最後の3日間の追い込みがすごかったです・・最終日の22:49に達成だったので、しゃーなしで...

  • 2020/06/30 09:00

    こんにちは!バスケットボール推進会の山口です。 6月上旬から取り組んできたクラウドファンディングは本日が最終日となりました。 準備している段階では応援してくれる人はどのくらいいるのだろう?目標はどのくらい達成できるのだろう? 正直不安なことが多かったのですが本日までに80名以上の方にご支援いた...

  • 2020/06/21 07:00

    こんにちは!バスケットボール推進会の山口です。 皆さまにご支援頂いているクラウドファンディングが残り10日となりました!(なってしまいました・・)※写真は昨日のものを使っています。2020年6月上旬に発表させて頂き、皆さまのご協力、あたたかいご支援によって支援者は60名を超え、目標達成率は65...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください