新型コロナウイルス感染症の影響で中止となっていく夏祭りの中で、愛染まつりは「負けへんで!」の気持ちで、オンライン愛染まつりを開催します!お家にいながら参加できるオンラインご開帳ライブ配信、オンライン演芸大会、オンライン愛染娘で、大勢の人たちと繋がって例年と変わらず、いや、それ以上に盛り上がりましょう

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

大阪の天王寺区にあります聖徳太子ご創建(推古元年(593)創建)のお寺、愛染堂の住職の山岡武明と申します。

この度、新型コロナウイルス感染症の対策として、ステイ・ホーム(家にいよう)を徹底しながらの夏祭りを堪能する作戦として、オンライン愛染まつりでオンラインご開帳を実現し、日本中の住職さん神主さん達にもオンライン参拝の可能性を本気で知っていただきたいのです。


愛染(あいぜん)まつり とは

当寺では年に一度「愛染まつり」という、毎年6月30日、7月1日、7月2日の3日間、当寺境内にて行われている大縁日があり、初日には疫病に負けないようにと四天王寺僧侶による「夏越しの祓え大法要」が執り行われたり、期間中は縁結びと商売繁盛のご利益篤い秘仏本尊・愛染明王様の特別ご開帳(お披露目)されたりで、毎年大勢の方がご参拝されます。

天神祭、住吉夏祭りと並んで大阪三大夏祭りのひとつといわれ、大阪市の無形民俗文化財にも指定されています。


このプロジェクトで実現したいこと

『オンラインご開帳』本気で真面目な祭事
本尊愛染明王のご開帳(扉が開いてお目見えします)、今年はできるだけご自宅からも楽しめるように、インターネットを通じてのライブ配信を実現させます。また、初日には四天王寺僧侶による疫病退散・厄除開運を祈る夏越しの祓え大法要、最終日には大阪市の真言宗青年僧侶による大護摩法要、これらもライブ配信します。

『オンライン愛染まつり』楽しい要素の賑やかし
愛染まつりには毎年公募により選ばれた愛染娘(あいぜんむすめ)が、お揃いの浴衣を着て愛染まつりを盛り上げ、参拝される方々を笑顔にしてくれています。今年はコロナ禍対策でオンライン参拝に本腰を据えて、インターネット上のオンライン夏祭りを賑やかにしてくれるオンライン愛染娘を企画しています。それぞれのSNSやブログや動画サイトでPRしていただきます。

チキドンドン、チキチキドンと鳴り響く鐘と太鼓の祭ばやし、それに合わせて踊る龍踊り、演芸舞台では南京玉すだれに雀踊り、いつもの愛染まつりで目にする光景を全て、家にいながらオンライン上で楽しんでもらえるように、期限ぎりぎりまでコンテンツを模索しながら、進めてまいります。

『オンライン信者』という考え方
今は仕事や結婚を機に海外や大阪以外に住んでるが子供の頃は毎年愛染まつりに来ていた方々ともオンラインなら距離を越え再び繋がる事ができると考えています。
そのような方々にもオンライン愛染まつりを楽しんでいただきたいのです。


私たちの地域のご紹介

大阪の天王寺区は、飛鳥時代に聖徳太子が人々の幸せを願って建てた日本最古の仏教寺院、総本山四天王寺がある地域です。愛染堂は四天王寺が創建されし時に四天王寺の境内の施薬院(薬草を植えて育てて人々に配る施設)の役を担っていたそうです。また日本で2番目に寺が多い地域であるので、聖徳太子だけでなく、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、真田幸村、ゆかりの場所で溢れている地域でもあります。


プロジェクトを立ち上げた背景

新型コロナウイルスが蔓延し、今年はできるだけ3密を避けるように、ステイホームを心がけるように、と日本中の夏祭りが自粛や中止(祭事のみ関係者で行うのみ)に追い込まれています。これからの第2波も心配です。しかし、こういう時だからこそ神仏のご加護にあやかりたいと願う方々も多いのが事実ですので、ひとりでも多くの方に安らぎを感じてもらえるように今回のインターネット上でライブ配信(+動画配信)を駆使した「オンライン夏祭り」を企画しました。

今後の我々は、アフター・コロナではなく、ウィズ・コロナ(新しい生活様式)を取り入れながら過ごしていかねばなりません。それでもなお、たとえ縁日に神社仏閣が仏事/祭事のみ行うといえども、いかにご本尊様の功徳を大勢の方々に感じていただくか…、を切り捨てて良い訳では無いと思い、オンライン参拝というジャンルを確立できれば、現在気持ちの沈んでいる日本中の夏祭り関係者の方々に「負けへんで!」のパワーが宿るように、全てが手探りの実験的(ラボ)企画ではありますが、それが大阪で一番最初に始まる夏祭り「愛染まつり」がやるべき使命だと思っています。「負けへんで!」を合言葉に、日本の伝統を救う一助になるよう、皆さまにご協力いただきたいのです。


これまでの活動

去年の愛染まつりは愛染娘さん達とYouTubeで愛染まつりのPRをしました。四天王寺のイベントでも聖徳太子の絵解き説法の動画配信、平成から令和に変わる瞬間の真夜中に鐘をついて法要をするライブ配信、と体験してきました。本格的に行動するのは今回が初めてです。


資金の使い道・実施スケジュール

みなさまからのご支援はライブ配信、動画配信、PR、CAMPFIREの決済手数料などに使わせていただきます。

スケジュール(予定)
6月30日(火)10時~17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・四天王寺僧侶による病気平癒・疫病退散・厄除開運を祈る「夏越しの祓え大法要」15時〜
・オンライン護摩祈祷
・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策

7月1日(水)10時〜17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・オンライン護摩祈祷
・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策、オンライン護摩祈祷

7月2日(木)10時〜17時
・秘仏 愛染明王のご開帳、大日大勝金剛尊のご開帳
・真言宗青年僧侶による太平無事祈願「大護摩法要」15時〜
・オンライン護摩祈祷・摂州地車囃子かずら「だんじり囃子 龍踊り」
・オンライン境内散策

その他、演芸大会 仲囲巣連による 堺すずめ踊り、オンライン愛染娘によるコンテンツなど

リターンのご紹介

オンラインでの護摩祈祷を基本に1,000円〜300,000円までいろんなリターンをご用意させていただきました。
普段では体験できないような特別なリターンもご用意しました。


最後に

オンラインでの動画配信は、神社仏閣の在り方を根本から引っくり返す気持ちで取り掛からないと、単なる「おまけ」もしくは「広報のツール」程度の立場で企画してるとしか思われません。神仏に関する写真撮影やネット配信は、ある意味、NG(タブー)だからです。現時点では「ご利益が薄れる」と考えておられる方も大勢います。しかし、今回のコロナ禍という大災害に直面している今、今後の日本中の宗教行事に携わる関係者の方々に、一石を投じることができれば幸いです。

と、くどくど言ってますが、オンライン愛染まつりを安全にみんなで盛り上がれたら最高です!
どうぞ、応援の程、宜しくお願いいたします。 

オンライン愛染まつり
主催:愛染堂勝鬘院
後援:公益財団法人 関西・大阪21世紀協会
協力:オモローオオサカ / 大阪市天王寺区役所 / 一般社団法人 全国寺社観光協会 / 寺社NOW
協賛:株式会社インターリンク / 京都小泉株式会社 / 株式会社Linx / 株式会社MRI


*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/07/05 14:15

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/07/04 12:33

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/06/30 11:03

    オンライン愛染まつりはじまりました!特設会場よりご参加いただけます。オンライン愛染まつり 特設会場https://aizenmatsuri.osaka/愛染まつり期間中は、この特設サイト(ライブ配信画面の下あたり)に「オンライン祈祷」に参加できるようにしています。ライブ配信を眺めるだけよりは、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください