※追記7/10
リターンの追加いたしました!

【リターン名】

「BBQ・キャンプ用 山都シダープランクサーモン」

これからの季節にあった商品となります!

皆様のご協力宜しくお願いいたします!

※追記6/25
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【感謝とネクストゴール挑戦について】
多くの方々に温かいご支援をいただきまして、誠に感謝申し上げます!
予想を超えるご支援と応援メッセージをいただき、目標金額50万円を5日でクリアすることができましたが、生産事業者・飲食事業者の苦難はまだまだ続くことが予想されます。
今後の山都町の持続可能な地域経済発展の為、ネクストゴール150万円に挑戦させていただきます!
引き続き、皆様のご協力宜しくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


はじめまして。数あるプロジェクトの中から、ご覧いただき有難うございます。私たちは、九州のちょうど〝へそ〟に位置する、熊本市内から車で約1時間、阿蘇の外輪山と九州山地に囲まれた農村地・山都町の生産者・加工業者と飲食店で作るプロジェクトメンバーです。熊本と聞くと、南国のイメージが先に来ると思いますが、私たちの住む山都町は、夏でも天然クーラーの中にいるような・・・、ひんやり心地よい風が吹き抜ける、日本の原風景が残る地域です。この地では、古くから有機野菜の栽培が盛んで、「オーガニック発祥の地」といわれています。


山都町の有機野菜畑


また、肥後石工の巧みな技が光る日本最大の石造アーチ式水道橋「通潤橋」の迫力ある放水や、江戸時代から農家の人々の娯楽として受け継がれてきた清和文楽を楽しみに、毎年県内外から多くの人が訪れる観光地としても知られています。

観光名所「通潤橋」

①通潤橋(観光)への打撃

観光の目玉となっていた日本最大の石造アーチ式水道橋「通潤橋(つうじゅんきょう)」は、熊本地震で甚大な被害を受け、人々を魅了していた大迫力の放水もしばらくの間休止せざるを得ない状況でした。震災で石壁が崩れた通潤橋(写真右側)あれから4年―。ようやく修復も進み、今年に見事な景観を楽しんでいただける準備ができたところで、容赦なく襲いかかってきたのがコロナ禍でした。

②生産者、飲食店への打撃

土作りに始まり、種まき、植え付け、圃場管理をしながら、収穫、出荷を迎える手塩に掛けて育てた野菜、また川魚やジビエ肉等、自然の恵に付加価値を付けた加工品を販売していたレジャー施設や公共施設、それらの特産品を存分に味わえる飲食店は、開店してはいるもののほぼ来客はゼロ。

(人のいない週末の商店街)

外出自粛が解けた今も町からは観光客の声が消え、先の見えない現状が続いています。

しかし、このような危機を抱えているのは私たちだけではありません。全世界の皆さまが苦境に立たされている状況ではありますが、私たちはこの山都町の産業と人々の暮らしを守り、何としても以前の活気と人々の交流を取り戻したいのです。今回「オーガニック日本一の町を存続させたい!生産者&飲食店共同プロジェクト」を立ち上げ、皆さまに支援の呼びかけをさせていただきます。どうか私たちの町の産業が、もう一度立ち上がるために、皆さまの力を貸してください。

私たちのプロジェクトは、もちろん支援をいただくだけではありません。


「オーガニック日本一の町を存続させたい!生産者&飲食店共同プロジェクト」で実現したいことは、

<支援> 経営が苦しい生産者(農業従事者)、飲食店を支援します

支援者の方々にお寄せいただいた資金で、山都町の有機野菜セットや有機米、山の魚セット、ジビエセット、山口牧場オリジナルセットなどのリターン商品を準備します。また資金の一部を、コロナ収束後に町内の飲食店で使用できる「未来の食事券」に充てます。

<リターン> 山都町の有機野菜や特産品、農泊付きの田んぼオーナー券+有機米などを届けます

 私たちが大切に育てた有機野菜やジビエ、ヤマメなどの特産品を、ご支援をいただいた皆さまにお届けします。

「未来の食事券」は、今後山都町内にお越しいただいた際にご利用できる食事券となります。

すばらしい景観の中で、特産品を使った料理を心ゆくまでお楽しみください。


※今回のプロジェクトは、この回だけに終わるものではありません。プロジェクトを通してつながった皆さまに、「実際に山都町に足を運んでみたい」と思っていただけるよう、「ご縁」をつないでいきたいと思っております。

*・゜゚・*:.。..。.:*・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*

このご縁が、これからずっと、ずっと続き、

山都町の魅力が全国の皆さまに届きますように!

私たちも、全国に誇れる大好きな山都町の産業が、

一日も早くこれまでの輝きを取り戻せるよう頑張ります。

*・゜゚・*:.。..。.:*・ ・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*

資金の使い道

プロジェクト実行委員会の運転資金、協力事業者の経営維持の運転資金に使わせていただきます。

・2020年7月28日(火)クラウドファンディング 終了

・2020年8月中に支援者へ購入品順次発送

※未来の食事券は8月中に発送します。

※飲食店の未来チケットの有効期限は2021年2月28日です。

■有機野菜セット10,000円(1回発送)

■有機野菜セット+有機米2kg 40,000円(年間4回発送)

■有機野菜セット+有機米12kg 100,000円(年間12回発送/毎月)

■田んぼオーナー制度(農泊付)+有機米120kg 500,000円

■天然湧水で育った「山の魚セット」 10,000円(1回発送)

■ジビエセット 10,000円(1回発送)

■山口牧場オリジナルセット 10,000円(1回発送)

■未来の食事券 10,000円→11,000円分

■未来の食事券 20,000円→22,000円分

■未来の食事券 30,000円→33,000円分

■未来の食事券 50,000円→55,000円分

■未来の食事券 100,000円→110,000円分(団体さまもご利用になれます)

■未来の食事券 200,000円→220,000円分(団体さまもご利用になれます)

■未来の食事券 300,000円→330,000円分(団体さまもご利用になれます)

※未来の食事券は複数飲食店でお使い頂けます!

※詳しい内容は各リターン内容からご確認お願いします。

飲食店 ※随時更新中
【矢部エリア】

牛力

■紗陶

本さつまや

■まつば

■ひろ家

■イノウエ菓子店

■梅太郎

■富士ラーメン

■松風

■オンゴス Hongos

■CAFE KOTONOHA

■とんぼ

■まりも

■山都ころっけ本舗

■阿多福

■さんみゃく

■じかんですよ

■カナ

■藤乃屋

■美代

■やむらかん

■紋次郎

■ダイニングバー田(下田鮮魚店)

■bread&cakeチポリーノ

■ふるさと

■みさどん


【清和エリア】

穀物屋総本店

シリアル屋カフェ

そば文楽

みずたまカフェ

■Cafe 218

【蘇陽エリア】

■夢屋

食彩の里ふしみ

パン工房ヤマGEN

STOCK

■やじろべえ

(※順不同)


生産者

■マルハチファーム

■田上農園

■YASKI FARM

■えのえん

■リーフレットファーム

■COG

■梶原耕藝

■Roots Organic Farm

■本田農園

■アグリ

■やまわのファーム

■YAMADORI ORGANIC REVO

■林農園

■porco fram

■もっちの畑

(※順不同)


加工事業者

■山口牧場

■ジビエ工房やまと

■松本養魚所

(※順不同)

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください