はじめに・ご挨拶
  オーナーの戸澤強志です。日頃よりスタジオ24関内を応援して頂き誠にありがとうございます。

  当スタジオは昭和、平成、令和を生き抜いた横浜の老舗スタジオです。前オーナーから当スタジオを受け継いたのは2014年です。

なぜ、スタジオ24を受け継いだのか?

 きっかけは 2013 年 4 月に私が尊敬していた先輩と、友人が出演する川崎某ライブハウスへ一緒に 応援しに行った時のことでした。その帰りに寄った居酒屋で「みんなが集まって演奏できる場所を作りたいね」と真 剣に話し合い、私も深く共感したのでお手伝いを始めました。しかし 残念ながら 御本人である先輩が 癌で 他界された為に 私が意思を継いだのです。2014 年 1 月にスタジオ 24 を譲渡する話が舞い込 み、6 月には私が オーナーになりました。

 店舗情報

スタジオ24関内

神奈川県横浜市中区不老町1-6-6 関内LSビル4F・5F

https://studio24kannai.jimdofree.com/

studio24kannai@gmail.com

このプロジェクトで実現したいこと

  スタジオ24関内を存続させること、そして音楽文化に寄与すること。

  なによりも、皆んなが集える場所を残したい!バンド練習そしてライブを通じて音楽文化の発展・継承に寄与したい。その為にスタジオ24関内を存続させたい!

 ご支援はスタジオ存続の為に必要な固定費(家賃、水道光熱費、仕入れ、機材費)、リターン製作費などの運営費に使わせて頂きます。

このプロジェクトはAll-in方式です。

All-in方式は、プロジェクトで定める目標金額設定において、目標金額に満たない場合でも資金を調達することが出来る方法です。


プロジェクトをやろうと思った理由

   2020年3月中旬まで皆さまの応援があり、お陰様で順調に営業させて頂きました。しかし、コロナの影響でバンド練習、イベントのキャンセル、延期が相次ぎ、さらに政府の緊急事態宣言の休業要請により4月11日より5月27日まで休業しており、収益はゼロです。5月28日より営業を再開いたしましたが、スタジオの予約率は通常時の8割減です。イベントもコロナ禍の影響で開催出来ない状況です。

 これからも 笑顔で皆んなの集まれる場所を守る為に皆さまのご支援、ご協力が必要と考えこのプロジェクトを立ち上げました。

これまでの活動

  当店はAスタジオ、Bスタジオの二つのスタジオがあります。Aスタジオは一般のスタジオよりも広く、ライブバー程の大きさがあるのでスタジオ営業だけでなく、ライブ、セッション会、ギターセミナー等毎月多彩なイベントを開催してます。

 スタジオ営業も機材にフォーカスしヴィンテージアンプ、ヴィンテージドラムなど古き良き時代の機材も取り揃えています。その為か利用者の中にはプロミュージシャンも多いです。

お客様の応援メッセージ 

 僕もリハーサルでよく使わせてもらってる横浜Studio 24関内。いま新型コロナウイルスによって客足が絶たれ苦境にたたされれております。少しでも余裕のある方は是非、横浜のミュージックシーンを助ける為にもStudio 24 関内にご支援をよろしくお願い致します。

michiaki様 (Ra:IN, TENSAW,THE CLUB SENSATION,YOKOHAMA SUMMER ROCK FES主催者)

 ライブの準備に必要不可欠な事は十分なリハーサルが出来ているか?リハーサルで出来ない事は、本番では出来ないので、定期的にリハーサルが必要。日本の住宅事情、楽器の練習、ボーカルの練習は、近所迷惑になる事が多いので、リハーサルスタジオがないととても、困る訳です。Fight! Studio24!!

田中裕千様(天月、ex藤井フミヤバンド)

 QUUENの聖地 横浜文化体育館の真向かいにある『スタジオ24』ここで たくさんの音楽に出逢いました。たくさんの お友達に出逢いました。今 『スタジオ24』が窮地に たたされています。横浜の地で たくさんの音楽を広めてきたこの場所をどうしても無くしたくありません。みなさんのお力が是非とも必要です。どうか 『スタジオ24』の存続にお力がお貸しください宜しくお願い申し上げます。

森公美子様

   ずっと前から御世話になってます。やりたい放題に遊ばせて戴いてます。鍋食ったりとか(笑)! そんな、おっさん達を笑いながら支えてくれる。戸澤さん、そして、姐さん!いつも、本当にありがとうございます‼今、皆さんの遊ぶ場所がピンチです。自分達の遊ぶ場所は、自分達で守りましょう‼

Razooli ひでき様

   色々なところで音楽イベントをやっていますが、最初にお話を頂いてイベントを始めたのがStudio24関内店でした!こちらのお店から色々な繋がりが広がり、イベントのお客さん同士でもバンドが生まれたり、素敵な音楽の出会いが広がっています。そんな場所を失ってはいけないので、みんなで協力して、この難局を乗り切っていきましょう!

上田"BODO''康弘様(VELL'z FIRE、GUERRILLA GANG)

資金の使い道

スタジオの運営費(家賃、水道光熱費、仕入れ、機材費)

150万円

コロナウィルス対策

7万5千円

リターングッズの作成費用

50万円

CAMPFIRE手数料 17%

リターンについて

3000円〜各種リターンを取り揃えております。ご支援何卒よろしくお願いします。

実施スケジュール

クラウドファンディング終了:2020年7月15日

2020年9月よりリターングッズ順次発送開始いたします。

最後に

  皆んなの集える場所、音楽文化の発展承継の為、スタジオ24の存続を皆さまの支援で何とか叶えたい。まだまだ、私には音楽の為にやらなければならない事があります。

 エンターテイメントはこんな殺伐とした世の中だからこそ、必要不可欠な生命維持装置だと考えています。音楽や芸術の無い世界を創造してみて下さい。戦時下の世の中と変わりなくなります。世界の平和の為にも音楽文化は必要不可欠なエネルギーなんです。そんな人類最高のエネルギーに携わり守って次の世代に継承していく為にそしてこれからも20年、30年と皆様に愛され続ける店を目指して、全身全霊で頑張ってまいります。

 現在に至るまでスタジオ24関内に関わってくれたアーティストの皆様、イベンターの皆様、そして全てのお客様、そしてこのクラウドファンディングを通じて知り、興味を持ってくださった皆様、この強力な向い風を乗り越えるため何卒ご支援、ご協力よろしくお願い致します!

 最後まで目を通してくださり、ありがとうございます。どうか、どうか、お役に立たせて下さい。お願い申し上げます。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください