出演者やSTAFFさんがコロナの影響を受けているのはもちろん、レゲエが大好きで仕方がないお客さんも、爆音が鳴り響く現場で早くゴンフィンガーをあげたくてウズウズしてるのではないのでしょうか?じゃあこの際、このレゲエという音楽でつながった全員で1つの野外フェスを実現させようではありませんか!!

プロジェクト本文

■はじめに・ご挨拶■

『野外フェスを楽しみたい。。』

レゲエ好きの方全員が思ってることではないでしょうか?
私たちがいつも聞いているレゲエという曲には、みなさんご存じの通りポジティブなメッセージが入っています。

じゃあ、、

今がどんな状況であろうが私たちも前を向いて行こうよ!

野外フェスやっちゃおうよ!!

ということで名古屋を拠点に活動するレゲエSOUND『BANTY FOOT』をHOST MCに置き、ジャパニーズレゲエシーンを盛り上げるアーティストと共に、みなさんとの夢を実現させるために立ち上がりました!
こういう時だからこそ、アーティスト・STAFF・お客さんという立場などは関係なく、同じ時代にこの音楽でつながった者同士、みんなで実現させようではありませんか!
そういう意味を込めまして今回のオンライン野外フェスを、

『FAMILY』

と名づけました。

住んでいる場所、年齢、性別、職業関係なくレゲエでつながった『家族(FAMILY)』で助け合って1つの野外フェスを成功させませんか?

■日程■

2020年8月16日(日)

14:30 START

※当日荒天の場合は順延の可能性あり

■フェスの楽しみ方■

JP Nightアプリからみなさんお手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンで楽しんでいただけます!
しかもすぐにログイン出来ます。

まだの方はこちらからどうぞ!
↓↓↓
http://linktr.ee/jpnight

アプリ操作はこちらで!
↓↓↓
http://www.jp-night.com/walkthrough


ご支援くださったリターン(グッズ)に関しましては、フェス当日までに皆さまの元へお届けさせていただきます。
いつも通りそのグッズと共にオンライン野外フェスを楽しんでください!!


■支援金の用途について■

今回皆さまから集まった支援金は、

・野外フェス設備費用(ステージ・テント・音響など)

・映像代

・各アーティスト出演料

・グッズ(リターン)制作費

・グッズ(リターン)郵送代

・クラウドファンディング手数料

そして、、残りの支援金とフェス当日の投げ銭での収益は、、

コロナ終息後に行う『無料野外フェス』に全額ぶち込みます!!
(こちらの日程、場所は未定)


■リターンについて■

もちろん今回の野外フェスでも、みなさんにさらに楽しんでいただけるよう素敵なグッズを多数ご用意しております。また、企業様にもいろいろなパターンの協賛を募っております。
是非よろしくお願い致します!

◆一般様用リターン◆


・A5サイズお礼メッセージ付ステッカーシート…\1,000-



・FAMILY特製フェイスタオル…¥1,500-



・FAMILY特製ソックスセット(25cm~27cm)…\1,500-



・FAMILY特製Tシャツ…各¥3,500-



・FAMILY特製スナップバックキャップ…各¥3,500-



・【1000円もお得】コンプリートセット(お礼メッセージ付ステッカー、タオル、ソックスセット、Tシャツ、スナップバックキャップ) …¥10,000-

◆企業様用リターン◆ 
※全てのリターンに「コンプリートセット」が付いてきます!!※

野外フェス当日に、
「日本中に笑顔と安心をお届けする株式会社ヤーマン様の提供でお送りしております」といった感じで読み上げさせていただきます!


読み上げに加え、ステージ上のバナーに各企業様のロゴを掲載させていただきます!


読み上げ、バナー協賛に加え 、一般様用リターンのステッカーに企業様のロゴを入れさせていただきます。
そしてさらに、FAMILYにも出演するDOZAN11もしくはRYO the SKYWALKERがあなた(企業様)用に曲の歌詞を変えて1曲プレゼントします!

※ご質問、ご不明な点はメールにて対応させていただきます。


■出演アーティスト■

【DOZAN11(ドーザンイレブン)】

1996年、三木道三としてデビュー。ジャパニーズレゲエ黎明期の牽引役の1人として活躍する。
2001年、『Lifetime Respect』(徳間ジャパン・コミュニケーションズ)が、90万枚以上売り上げ日本のレゲエで初のオリコン週間ランキング1位を記録する。
2002年、歌手活動を引退してレゲエアーチストの作詞、作曲、プロデュースを「DOZAN」名義などで手がけだす。
2014年、「DOZAN11」としてライブ活動を再開し、アルバム『Japanbe Irie !!』(ユニバーサル・ミュージック・ジャパン)をリリース。
現在、レゲエ系イベントを主に全国でライブ活動中。

2018年、音楽ディレクターとして参加した音楽自動生成スライドショーシステム『PhotoMusic2.0』を発表。

2019年5月1日、画像から音楽を自動作成するアプリ『mupic』をリリース。


【RYO the SKYWALKER】

ジャパニーズ・ダンスホール・レゲエ・シーンの第一線かつど真ん中でマイクを握るレゲエ界きっての敏腕ACE。 ダンスホール精神に則り、正々堂々とダンスホール特有の遊び方を伝授しながらも、常に進化した最新スキルで周囲を魅了するテクニカルなDeeJayっぷりは他を圧倒するほどハイレベル。シーンを代表する中心的存在であり、現行シーンのスタンダードを築き上げてきた最重要人物。

2020年はデビュー20周年イヤー!!秋にはスペシャルワンマンライブを予定!!


【CHOZEN LEE】

我は我のみMIC持つDeejay

 Twitter / Instagram
@chozenleefire

Youtube
CHOZEN LEE official


【BES】

大阪府堺市出身。
クラブ、ライブハウス、ストリート、どんな場所でもアコースティックギターを弾き鳴らし唯一無二の歌声を響かせる孤高のシンガー。
2008年にリリースしたシングル「ずっと!」がオリコンインディーズチャートで1位を記録。
翌年2009年にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューし7枚のアルバムをリリース。
現在は自身がVo&Gtを担当する“BES with MOtEL BAND”としても全国のライブハウスを精力的に回るなどジャンルレスな活動をしている。
また、様々な個性的なブランドともコラボレーションするなどファッショニスタからの注目度も高い。


【HISATOMI】



【RAY】 

関西中心に全国各地で精力的に活動する、大阪堺出身のレゲエ・シンガーRAY(レイ)。
 父親の影響で幼少時代からギターを始め、学生時代にシンガーソングライターとして路上ライブをしていた経験を経て、レゲエ・シンガーに転身。耳に残るメロディーと真っ直ぐな歌詞が若い世代中心に話題となる。YouTube再生回数500万回超えの「やってもないのに」や「I CAN FLY」、「DEH YAH」など各配信サイトでランキング1位を記録し、2014年7月にインディーでリリースしたアルバム「ポガティブ」はオリコン・インディーズ・チャート2位を獲得する。2015年3月に開催した大阪でのワンマン・ライブには700人以上動員しSOLD OUTとなる。その後、様々なアーティストの楽曲参加を積極的に行う一方で、ジャンルレスな活動を続けその活動はシーンの外へと拡がっている。そして2017年、満を持してリリースしたメジャー第1弾配信シングル“アイライフ”がiTunesレゲエ・チャート1位/総合チャート18位,レコチョク総合14位を獲得。目指すべき道へと進むRAY自身の姿勢が力強いメッセージとなったポジティブな楽曲に仕上がっている。7月にはメジャー第2弾配信シングル“鼻歌”をリリース。日常の憂鬱を和らげるポジティブな歌詞が魅力的RAYのネクストステージの始まりを感じさせている一曲となった。これらの楽曲と、新譜で構成された14曲を収録した、メジャー1stアルバム“レイシング”が遂に2017年9月20(水)リリースし、シーンを大いに賑わせたのも記憶に新しい。2018年は自身のオリジナルバンドでのワンマンツアーも開催。今年もバンド活動とDJセットライブそしてアコースティックで全国でライブ活動を行い、2019年11月には幻のデビュー曲とされてきた「人と心」、2020年2月には19の名曲をレゲエ・アレンジでカバーした「卒業の歌、友達の歌。」を配信シングルとしてリリース、夏にはいよいよアルバムが登場する。


【EXPRESS】


【NEO HERO】

17歳で地元の先輩アーティストに憧れそのキャリアをスタート。美声でのメロディアスな曲から力強いディージェイスタイルまで唯一無二の幅広いスタイルですぐに注目を浴びる。2007年愛知のレゲエフェスの出場権を賭けたコンテストに参加し2年連続優勝。2009年より名古屋を代表するレゲエサウンドBANTYFOOTと活動を共にする。この年より様々なレーベルのV.A.アルバムや客演としてリリースや配信がはじまる。2010年には京都で行われた東海地区・レゲエ激戦区関西地区の若手No.1を決めるコンテストで優勝。多くのレゲエサウンドが全国各地の現場でNEOHEROの曲をPLAYすると共に累計5万枚にも及ぶMIXCDに収録。たちまちアンダーグラウンドでその実力を認知される。2011年に配信を開始された『LIFE IS』がヒット。名古屋の人気ラジオ局ZIP-FMでもヘビープレイされる。北海道から沖縄まで全国各地で多くのLIVE活動を行いその確かなスキルを全国で披露。2012年にはファーストアルバム『Don`t think, feel』をリリース、好セールスを記録。翌年2013年にセカンドミニアルバム『STRIKE A GONG』をリリース。レゲエファンはもちろんレゲエファン以外にも徐々に注目を浴びる。東海地区の数千人規模の野外フェス(愛知レゲエブリーズ・志摩レゲエ祭・FRESHAIR名古屋・FRESHAIR三重・トレンチスプラッシュ)にすべて出演、さらに大阪・舞州特設会場で2万人を動員した日本最大のレゲエフェスHIGHESTMOUNTAINにも2年連続出演。3月に行われたワンマンライブ『ワンマンヒーロー』も大盛況に終わり次の展開に注目が集まっている。現場叩き上げのスキルと持って生まれた才能が融合した今、全国にNEOHEROフリークスが急増中。2015.3.13からフリーダウンロードのMIX「ミックスヒーロー」好評配信中!!2015.12.23 2nd full ALBUM「THE REAL AVIRITY」発売。


【SHUN】

18歳の頃よりDEEJAYとしての活動を開始以来、コンスタントに人気曲のリリースを続ける中、2016年夏に無料配信された得意のギャルチューン『Good Condition』が全国の現場で聴かない日が無いほどのスマッシュヒット。流れに乗るようにして2017年秋には1st ALBUM『ROMANCE DAWN』を発売しiTunesレゲエチャートでは2位を獲得。
2018年秋にはiTunesレゲエチャートでも1位を獲得し、現在も全国各地でヘビープレイ中の『本気で遊ぶ』をリリース。
2019年11月には配信版&CD版の2タイトル、計25曲入りとなる異例の2nd ALBUM『PYROMANIA』『PYROMANIA 2.0』を同時リリース。iTunes レゲエチャートとREGGAE ZIONにて初登場1位と二冠を達成。
総合チャートの上位にも食い込む好セールスを見せた。

現場パフォーマンスの評価も高く、2019年12月には渋谷R-LOUNGE 6Fにてワンマンライブを超満員で成功させ、さらには2020年2月、国内最大のDEEJAY CLASHイベント "COMBAT3"でも、クラッシュ経験がほぼゼロであるにも関わらず、圧巻のパフォーマンスでそのスキルの高さを証明し、名だたるレジェンド達をも唸らせた。

さらに2020年4月にはSNS上で #ワンバースチャレンジ というアーティストのリレー企画をスタートさせ、ジャンル、キャリアを問わず日本中のアーティスト1500人超を巻き込む大流行となり、現場だけでなくオンライン上でもさらなる注目を浴びている。

ストリートのダンスホールから他ジャンルイベント、ビッグフェス等、オールマイティに活躍の場を広げ続け、毎週末は全国各地のパーティーを飛び回り、その高いスキルとVibesを表現する。

この男がこれからのジャパニーズレゲエシーンを牽引するアーティストの1人になる事は間違いないだろう。

Twitter→ @nb_shun224

Instagram→ @shunstagram1129


【BANTY FOOT】

東海地区最重要レゲエサウンド「BANTY FOOT」。
2001年 地元名古屋にて活動開始。後に盟友DJ PRIMEが加入し、今のBANTY FOOTとなる。その後、星の数ほどの現場をこなし、レゲエシーンのキャリアを着実にステップアップ。現在、主宰している毎⽉第3⼟曜⽇「SOUNDIA」は、全国からTOPSOUNDを招聘し、名古屋の週末を代表する⼈気パーティーとなっている。
2008年 東海地区 No.1 RADIO STATION 「ZIP-FM」で、レゲエ専門番組「REGGAE REVOLUTION」にてミュージックナビゲーターデビュー。
2014年 ZIP-FMの音楽レーベル・マネジメント会社 ZIP NEXTより、待望の1st フル・アルバム「VANDARIDDIM」をリリース。「Run this way feat. MEGAHORN」「Ring feat. NEO HERO」とサッカー Jリーグ 名古屋グランパスのオフィシャルサポートソングに2年連続選ばれるなど、各方面から高評価を受ける。
2015年 ZIP-FMにて、番組、野外フェス、レゲエミュージック制作を一体化した大型レゲエプロジェクト「DIRECT」を立ち上げ、レゲエファンはもちろん、あらゆるミュージックフリークスに BANTY FOOT MUSICの楽しさを広げるため日々、奮闘中。

【SHACK】

大阪アメ村を拠点に活動する

レゲエセレクター。

現在、毎週水曜日King's Tone Lounge

で開催中のTouch Down Wednesdayでは、

HOST SOUNDを務める。

2020年5月にダウンロード専門サイト「represent」で全国各地の次世代セレクターによるMIXシリーズ(HOT BANGERZ)で

ALL MASICKA MIXをリリース。

Mixcloudでも定期的にMIXを配信中。

【Twitter】@SHACKTHESTYLER

【Instagram】shackthestyler

【Mixcloud】shackthestyler

最後に
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください