新型コロナウイルスの影響で、高野山も街にまったく人影がなくなり、宿坊、商店も営業自粛が相次ぎ、来山者数は95%減少し未曽有の危機に瀕しております。しかしながら高野山は祈りの聖地、我々僧侶に出来る事は祈ることだけです。皆様のお力をおかしください。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして!
高野山 準別格本山 恵光院(えこういん)と申します。数あるページから当ページをご覧頂きありがとうございます。
恵光院は、和歌山県伊都郡高野山に1200年の歴史を有する仏教寺院です。

 お大師様(空海)がこの地に五重の宝塔を建立し、弟子の道昌僧都が諸人のご廻向(先祖の御供養)をおこなった事から、廻向院(えこういん)と呼ばれていました。宝永年中(1704~)頃、徳川八代将軍吉宗公の命により現在の「恵光院」に改めました。
 延慶元年(1308)には、京都の東寺より量調阿闍梨が当院へ転任され再興し、永禄(1558~)の初め頃、薩摩藩十七代当主島津兵庫頭義弘と縁を深め檀那関係にありました。
 また明智光秀の菩提寺として、奥の院では今も明智家のお墓をお護りしております。
 山内を見渡せる高台に本堂があり、御本尊は阿弥陀如来、弘法大師、不動明王をお祀りしています。

 毎朝の護摩祈祷を行うお堂である毘沙門堂には、お大師様作と伝えられる毘沙門天を御本尊に不動明王、愛染明王を併祀。 脇に安置される不動明王はお大師様が唐に渡った際、航海の安全を守ったことから、「舵取り不動」として多くの方にお参り頂いております。

 当院は宿坊としても運営をしており、高野山へとお参りに訪れる方々にお泊り頂ける施設として、日本国内はもちろん海外のお客様で連日多数の方々にご宿泊を頂いておりましたが。
 しかしながら、現在、新型コロナウイルスの影響により、お泊り頂く方々の数は昨年の同時期に比べて95%減少し、存続の危機を迎えております。


このプロジェクトで実現したいこと

 今回このプロジェクトを通じ、より一層たくさんの方々に聖地、高野山のことを知って頂き、今まで1200年間続いてきた日本の歴史を次の世代までしっかりと伝え残していくことで、高野山の活性化に繋がればと思います。
 そして「祈りの力」によって、早期の新型コロナウイルスの終息祈願を皆様とともに実現したいと考えています。


高野山のご紹介

 標高約900m、蓮華のように八葉の峰々に囲まれた山上盆地に広がる高野山は、弘法大師・空海が開いた日本を代表する真言密教の聖地です。
 空海は、密教の道場を開くのにふさわしい地として、都の喧噪から遠く離れた紀伊山地の雄大な自然に抱かれた場所を選びました。以降、高野山は、国家や社会、民衆の安泰を祈る場として、そして、人々のために活躍できる人材を育成する修行道場としての大きな役割を担ってきました。
 空海は、世の中の迷える人や苦しむ人を救うため永遠に祈り、深い瞑想に入りました。今でも空海は奥之院に生き続けると伝えられています。これが、永遠に空海が世の中の平和と人々の幸福を願っているという大師信仰です
 その空海の想いを受け継ぎ、現在も高野山は、僧侶たちが修行を続ける学びの場であるとともに、多くの人々の信仰を集め、親しまれています。

空海が開いた天空の都市

 明治以前は高野山全体を総本山金剛峯寺といい、「一山境内地」とされていました。
 山内は「奥之院」と「壇上伽藍」を二大聖地とし、今も人々の信仰を集めています。 奥之院には、墓石群のほか慰霊碑や供養塔なども数多くあり、民族や宗教の違いに関わらず全てを受け入れる寛容さは、高野山が1200年継承してきた精神であり、その魅力となっています。

宿坊体験

 高野山の旅は、宿坊選びも魅力のひとつ。
 山内の約50ヶ寺が宿坊として参詣者を迎え、戦国武将ゆかりのお寺、美しい庭や襖絵を堪能できるお寺など、歴史や特徴もそれぞれの個性を楽しむことができます。
 当院では阿字観瞑想、お写経、奥之院ナイトツアー(awesome-tours 主催)、高野山でも珍しいとされる毎朝の護摩行など様々な体験プログラムをご用意しております。。
 一般の参拝者様も宿泊できますので、高野山を訪れた際には、ぜひ宿坊に泊まって非日常的な空間を味わってみませんか。


プロジェクトを立ち上げた背景

 例年であれば多数の参拝者様で賑わう高野山ですが、この度新型コロナウイルスの影響で訪問される方が激減しております。2004年に世界遺産登録されて以降、高野山には日本国内のみならず世界中から大勢の方がお参りにお越し頂いておりました。
 和歌山県ならびに高野町も、他の地域同様、他県からの来訪を強く自粛しており、「こういう時期だからこそ高野山にお参り行きたい!」と思ってくださっている方々もお参りに来られない、、、という、とても残念な状況が毎日続いておりますが、今の状況下では日本中そして世界中で同様の状況であり、致し方のないことかとも思います。

世界中の人々が目に見えない不安、恐怖と戦っているときに

我々僧侶に何かできることはないか

一心に祈ることでその不安を取り除けないか

少しでもお力になりたい

このままでは日本仏教の聖地である高野山の存続、そして宿坊文化の衰退に危機感を抱き、今回のプロジェクトを立ち上げる決意に至りました。




リターンのご紹介

6月15日弘法大師空海(お大師様)の誕生日に、特別追加リターンです!!

阿弥陀如来様を表現した茂呂竹蔵氏、直筆のキャンバス画

添え護摩木、ステッカーセット

添え護摩木、毘沙門天紙札、ステッカーセット

世界平和、疫病退散の木札 価格により大きさが変わります

オリジナルTシャツ各種と18㎝木札を合わせてお届けいたします



     阿字額と18㎝木札





     阿字置物と18㎝木札




コロナウイルスが落ち着き高野山にお越しいただけるようになりましたらいつでも修法させていただきます

最後に

 

最後までお読み頂きまことにありがとうございます。 一日も早く新型コロナウイルスが終息し、皆様が高野山へ実際にお越し頂ける日が来ることを 心よりお祈り申し上げます。

 これまで当たり前だと思っていた日常の尊さに感謝し、笑顔で安心して人と人が触れ合える社会や、争いのない平和な世界を強く願い、我々僧侶は祈りをささげます。生きとし生けるものの苦しみをやわらげることができますように 合掌


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/06/06 13:05

    本日100%達成いたしました。これもひとえに皆様方のご協力の賜物でございます。本当にありがとうございます。昨日、いつもTシャツのデザイン等でお世話になっている、アーティスト@takizomoroさんが、当院のクラウドファンディングの取り組みに共感し、新たなリターン品として阿弥陀如来のキャンバス...

  • 2020/05/31 12:38

     ご支援頂いた皆様誠にありがとうございます。お陰様で達成率80%に到達致しました。本日15時より恵光院Facebookページ、インスタグラムより護摩祈祷ライブ配信いたします。恵光院FBページ 恵光院インスタグラム こちらよりご覧下さい。また毎朝の護摩祈祷も7時よりFBページより、できるだけ毎日...

  • 2020/05/27 23:19

    5月22日に本プロジェクトを公開してから、今日で5日目ですが、皆さまのたくさんのご支援のおかげで、早くも40%を突破しました!本当に本当にありがとうございます!!こんなにもたくさんの方に応援していただけるとはと、感動しております!!心から感謝申し上げます!昨日、恵光院FBページより護摩祈祷のラ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください