はじめに・ご挨拶

まずは日頃より錦糸町rebirthに出演いただいてる出演者の皆さま、お客様、そして関わってくださっている全ての皆さまにこの場を借りましてこれまでの応援、ご支援に心より御礼申し上げます。

錦糸町rebirthは、新型コロナウィルスの影響により、関わる全ての方の安全を考え3月15日より5月末までの営業を自粛し、追加ドリンクの事前購入システムのご支援をお願いしつつも、出来るだけ皆さまにご心配やご迷惑をおかけせず、 自力でこの状況を耐えきるつもりでおりました。 

それは大変なのはライブハウスだけではなく、全ての皆さんが大変な状況におられるという思いからで、多くの支援をお願いするのは心苦しく思っておりましたし、その気持ちは今も変わっておりません。

そして、この難局を乗り越え、来るべき6月の9周年記念月間より、また皆さまと一緒にライブを作り、楽しんでいけることを願い、信じておりました。


しかしながら非常事態宣言は解除されましたが、都内のライブハウスはまだ解除の対象ではない上、6月以降の企画は現在ほとんど中止となってしまい、当初想定していた以上の影響を受け、今度の店の継続が難しくなってきた可能性が出てきた為、今回このような形でのプロジェクトを立ち上げさせていただきました。


また大変な思いをしているのは私達だけではないという思いから、Tシャツの作成に関しましては、オリジナルグッズの作成を行っている「田端商店」を運営しているアーティスト”ボクダンガン”にお願いすることにし共存していただければと思っております。


改めて、rebirthとなって9年、当店の前身である秋葉原PAGODAから25年。ここまでやってこれたのは、関わって下さった皆様のおかげと心から感謝しております。

だからこそ、こんな事に負けたくありません。

まだまだ皆さんも大変な状況下におられるとは思いますが、よろしければご協力のほどよろしくお願いいたします。


有限会社 ウィルカンパニー代表取締役

錦糸町rebirth 店長 志多 輝彦


リターンに関して

・追加ドリンクチケット

・オリジナル「rebirth × NO LIVEHOUSE NO LIFE」Tシャツ(3種類)

を用意させていただきました。

詳しい内容に関しましては各リターンの概要をご覧ください。


【重要なお知らせ】*Tシャツの色のオプションに関して*

プロジェクト初日の【5月28日】にTシャツのリターンを選んでいただいた際に、「黒」と「白」の色を選ぶオプションを入っておりませんでした。

 大変失礼いたしました。

ですので【5月28日】にTシャツをお選びいただいた方は 大変お手数ですがメッセージか rebirth@will-company.jp まで「色の希望」をお伝えください。

*翌日の5月29日からは色を選ぶオプションが追加されましたので、そちらで選んでいただいた方はご連絡いただかなくて大丈夫です。



*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


いただいた資金に関して

・休業中の家賃・水光熱費、再開後の運転資金、人件費、諸経費、

CAMPFIREの決済手数料、リターンの製作費、発送費等に使わせていただきます。


最後に

先にも述べましたが、当店の前身である秋葉原PAGODAから25年。錦糸町rebirthとなって9年経ちます。

思い返すと、移転し、新たにrebirthを造ることを決め、着工したのが9年前の3月10日。あの東日本大震災の前の日でした。

その後PAGODAでの企画は全て中止となり、rebirthの工事も中止。

正直、あの時私は「全てが終わった」と思い、「rebirth(再生)」という名を付けたことに後悔すら感じてました。

ですが、そのどん族から当時のスタッフをはじめ全ての皆さんの協力のおかげで本当にギリギリでrebirthをOPENすることが出来ました。

OPENの前日に皆さんにご協力をお願いし、みんなで床板を貼ったことは今も忘れられません。


そんな皆様の想いを受けたこの場所で、再び皆さんと音楽を楽しみ、時に泣いたり、笑ったり、騒いだり、そんな「ライブハウスとして当たり前に出来る事」を再びしたいです!


その為にどうかもう一度、皆さまのお力をrebirthにお貸しいただければと思います。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください