はじめまして、都井岬南灯台キャンプ場を運営している國吉博光と申します。
人生はまさにいろいろ。

人生の奈落の底から這い上がり、夢を叶えたわたしの次なるいっぽに是非ともお力添えください。

長くなりますが、損はさせません。

ご一読よろしくお願い申し上げます。

※クラウドファウンディング終了時までどなたからご支援頂いたかを把握することが出来ませんので、ご支援頂ける際、お手数ですが、メッセージ「備考欄」(「備考欄」は一般には公表されませんので、ご安心ください)にお名前のご記入を頂けると有難いです。


宮崎県の風土と人柄の良さ、最南端のロケーションに心奪われ、宮崎県に移住してから8年が経ちました。

移住のきっかけ東日本大震災3.11でした。

震災を目の当たりにした私は、これからの時代はサバイバル能力が必須となり、シンプルミニマルに自分に合った生活の知恵と実践が重要になると考えるようになりました。

現在は、宮崎で出会った家内とチカラを合わせて、不便極まりない人里離れた岬でキャンプ場を運営しています。

©️Steve Gerecke 2019なぜ、こんな場所で生活しながらキャンプ場を運営しているのか、よく自問自答するのですが、やはり東京のコンクリートジャングルで育ったわたしにとって、『何にもない=何もかもある』という意味不明な思いが溢れ出します。

都会の様に、便利なものがない代わりに、人間本来、生きもの本来の本物の豊かさがあると痛感しているのです。

それは、空氣だったり、水だったり、大自然からの恩恵だったり、はたまた宇宙や神への畏敬の念だったり…。

あたりまえだと思っているものが実はもっとも贅沢なものであることに、わたしは氣がついたのです。

わたしはすっかり自然豊かなこのエリアに魅せられてしまい、この場所で家族とともに生き、子どもたちの成長を見守り、わたしが信じるココロとカラダに響く様々な事柄と繋がりを大切にして人生を全うすることを目標に、この場所やわたしが信じるモノコトや魅力をより多くの方々にシェアしたいと考える様になりました。

本当の豊かさって何だろう?

本当の幸せって何だろう?

人は産まれて必ず死にゆく生きもの。

モノやこの地球、宇宙でさえ。

だからこそ、好きなことや大切なことに氣がつき、この奇跡に感謝して、おもいっきり笑い飛ばして生きてやろうとココロに誓い、神の導きか悪戯か、氣がつけばここにたどり着いたのかも知れません。

いずれにしても、ここは宮崎県最南端の際のきわ。

通年、日本だけではなく、世界中から多くの方々が訪れます。


©️Takaaki  Muratani 2020

宮崎県南エリアには家族で楽しめる場所がたくさんあります。

サーフィンを楽しむ方には、透き通る波の恋ヶ浦。ハイタイド、ロータイド。いつだって海を感じていたい方々を魅了し続けます↓



家族連れの方には100匹目のサル現象で世界的に有名な幸島。

味のある売店には地元の方々の笑顔が溢れます。名物のうどん、焼きそば、おすすめです。

釣り名人には都井岬エリアの磯釣りに地元漁師が営む釣り船↓

ヒラスズキにロウニンアジ狙いの強者のパラダイス。


私たちがキャンプ場を営む都井岬には、野生馬が100頭以上生息↑↓

春には春駒と呼ばれる仔馬たちが続々と誕生。



晴れた日には種子島と屋久島、鹿児島を眺めることが出来る風光明媚な特別な大人気スポットが点在しています。

photo:Takaaki Muratani 2020


元々は磯料理民宿だった廃墟を自ら改装して、キャンプ場の管理棟としました。


キャンプ場には、県内外からたくさんの方々にお越し頂き、先日は宮崎地元放送局MRTの人気番組『つづくさんのどようだよ(^ ^)』でも、都井岬南灯台キャンプ場を紹介して頂き、「今年のGWは忙しくなるなぁ」と予約の電話対応に嬉しい悲鳴を挙げていました。

しかし、皆さま同様、新型コロナウィルスの影響により、キャンプ場も予約受付を自粛せざるを得ない状況となり、ご予約頂いていました多くの皆さま方にも、事情をご理解頂き、予約をキャンセルとさせて頂きました。

しかしながら、ただ泣いている訳にもいきません。

ピンチをチャンスに、この際なので、キャンプ場を訪れて頂いた方々に益々喜んで頂けるキャンプ場にリニューアルしようではないかと思い立ち、このキャンプファイヤークラウドファウンディングにエントリーすることを決めました。

皆さまと一緒に芝地改良と遊歩道整備を実現して、野生馬も子供も大人も喜ぶ『遊び場asoviva』を創ります。

私たちのキャンプ場は野生馬がすぐそこに現れる類稀な牧草地を活用していることもあり、私たち人間だけが喜ぶ場所ではなく、野生馬が喜ぶことをするべき場所なので、キャンプ場敷地内芝地に侵食して勢力を拡大している外来種の雑草を駆除して、野生馬の主食である芝地に改良するプロジェクトを実施します。 

※芝地改良実施にあたり、都井岬を管理する牧組合には事前相談の上、許可を頂いております。

キャンプ場敷地内には、野生馬が食べない外来種の雑草(メリケントキンソウ)や臭木が広範囲に渡り占有面積を拡げ、山師の知人を頼りに何とか芝が喰われない様に対応していますが、大自然相手のことで、毎年の駆除にも苦労が絶えません。

そこで、雑草対策と遊休地の有効活用の一石二鳥と成り得る、このプロジェクトを思い立ち、企画するに至りました。


このプロジェクトで実現したいことは、キャンプ場の雑草が生茂る遊休地の大半(目標8割)を芝地改良することと、遊休地の一部(1割〜2割)を有効活用して自然景観と融合する遊歩道を整備することです。

貸切可能なキャンプ場ですので、貸切時には遊歩道を自転車で走行することも可能となるパンプトラック要素を盛り込みます。

古い小屋跡地には、スケートボード専用のボウルを創ります。

遊歩道パンプトラックとスケートボード専用ボウルが完成した際には『遊び場asoviva』として都井岬南灯台キャンプ場の看板アクティビティとして貸し出します。

『遊び場asoviva』=自転車(BMX、MTB)用パンプトラックとスケートボード用ボウル。

家族や仲間でキャンプ場を貸切、釣りやサーフィン、潮干狩りに海水浴をのびのび楽しむことが可能です。

都井岬近くには串間温泉もありますので、ゆったり温泉も楽しめます。

地元の子どもたちや県内外から訪れた子どもたちが家族とともに、野生馬が暮らす牧場でキャンプを楽しむことはもちろん、子どもから大人までがアクティビティを楽しむことが出来る『遊び場asoviva』を実現したいと考えています。


私たちの地域のご紹介

宮崎県最南端は、南国情緒溢れる大自然が最大の魅力です。 

豊かな海の幸や山の幸、野生馬暮らす都井岬、世界的に知られる幸島の猿。

サーフィン、釣りのメッカでもあります。

プロジェクトを立ち上げた背景

キャンプ場敷地内の野生馬が食べない雑草地を芝地に改良すると同時に、都井岬の自然に溶け込み、伸びのびと子どもたちが遊びまわれる環境を創り、有り余る元氣を更に活かす方法はないものかと考えたことがきっかけのひとつとなっています。

わたしが考えるシンプルでミニマルなライフスタイルとは、無駄のない、しかしながら自分にとって必要なモノコトをバランス良く取り揃えた生活のこととなります。

それは、サーフィンを通じて海から教えて頂いたことなのかも知れません。

シンプルであり、ミニマルな学びとなるサーフィンの素晴らしさにも通じる自転車やスケートボードが身体能力向上に役立ち、初心者から上級者まで、分け隔てなく、楽しみながらも奥が深い世界を追求していくことが出来る世界共通のアクティビティであることは明らかです。

キャンプでここを訪れた子どもたちが、大自然の中で悠々と暮らす野生馬を目の当たりにして、更には自転車やスケートボード、サーフィン、釣りを通して、新たなる世界に興味を抱き、まだ見ぬ世界を旅するきっかけとなってくれたら、と願っています。

これまでの活動

幼い頃に両親を亡くしたわたしは7歳から18歳まで、男子児童70人が収容される東京にある児童養護施設で育ちました。

その頃、わたしが育った児童養護施設の状況は、想像を絶するものがあり、子どもながら、暴力ばかりが横行するひどい世界でした。

そんな日々の生活の中にひと筋の光が差し込む体験がありました。

それは8歳の夏休みに参加した臨海学校での体験でした。

多くの大学生ボランティアによる臨海学校は、千葉県興津の海での、海水浴とキャンプファイヤー。

海ではライフセーバーばりにバディを組んで、「イチ!ニ!サン!」と掛け声をかけてみたり、目隠しをしてスイカ割りをしたり、夕方からはキャンプファイヤーを囲んで、ギターを弾いてくれるボランティアのお兄さんに合わせて「みんなのうた」を歌ったり…。

その頃のわたしにとっては、不安とバイオレンスばかりの日常からかけ離れ、平和で愛に溢れた臨海学校は、希望に満ちたはじめての体験となったのです。

そのときの経験からサーフィンや田舎暮らしに魅力を感じ、「いつかきっと朝陽と夕陽が拝める大自然豊かな場所で暮らす!」という夢を描く様になり、氣がつけば、今ここにたどり着き、偶然なのか必然なのか、その夢が叶っていたのでした。

わたしが受けた恩恵は有難く、今度はわたしが恩返しをする番となります。

『都井岬南灯台キャンプ場』、『遊び場asoviva』を訪れて頂いた多くの子どもたちに大自然の魅力やアクティビティを通して、生きる魅力や希望、その恩恵を享受して頂きたいと願っています。

資金の使い道・実施スケジュール

◎支援金用途

1.都井岬南灯台キャンプ場遊休地に生茂る野生馬が食べない外来種の雑草(メリケントキンソウ)や臭木を駆除して、野生馬の主食となる『芝地改良』に活用します。

2.キャンプ場に遊歩道を整備して、貸切時には自転車用パンプトラックとして楽しめるほか、古い小屋跡地にスケートボード用ボウルを整備して『遊び場asoviva』創りに活用します。

 ※遊歩道整備は元々の地形を活かし、環境に配慮したアースバッグと間伐材を使用します。

 ※アースバック→土嚢袋や玉ねぎネットに土、消石灰、セメントに水を混ぜ合わせ、詰め固めた材料。

 ※間伐材→串間日南エリアで間伐された材料を遊歩道パンプトラックに活かします。

 ※レンタル自転車を導入します。

◎内訳概算

①芝150平米分(種子&苗)苗 1平米/3,500 種10平米分/5,000=75,000〜525,000

②整地用重機材費=500,000

③整地用土砂、砂利、セメント、その他材料費=1,000,000

④人件費=1,000,000

⑴雑草下刈り人件費

⑵左官職人件費

⑶型枠大工人件費

⑷鉄鋼職人件費

3.テゲモコススーパーフードプレミアム製造&お届け

※テゲモコス©は宮崎県で企画誕生、信頼ある宮崎県の工場で生産された宮崎県公衆衛生センター栄養成分表示認可を得ている栄養価の高いスーパーフーズに特化した栄養補助食品です。

4.テゲモコスプレミアムTシャツ

5.都井岬南灯台キャンプ場券


◎スケジュール

2020年

7月 梅雨明けと同時に外来種雑草草刈り開始

7月下旬 遊歩道整備開始

8月下旬 遊歩道整備完了

8月下旬〜9月上旬 芝種まき 

10月下旬 スケートボードボウル着工

11月下旬 スケートボードボウル完成

12月下旬 リターン発送

2021年

1月〜2月下旬 遊歩道、スケートボードボウル最終調整

3月上旬 『遊び場asoviva』オープン

※キャンプ場は通常通り週末営業となります。

リターンのご紹介
①『都井岬南灯台キャンプ場』&『遊び場asoviva』で使用可能な共通通貨をプランに応じて、お得なリターンを発行致します。※有効期限:都井岬南灯台キャンプ場が営業する限り。


都井岬南灯台キャンプ場券

②私たちがプロデュースするテゲモコススーパーフーズ・プレミアム100(モリンガ&ヘンプ)→超絶オススメ天然プロテイン&ビタミン配合オーガニックスーパーフード(テゲモコススーパーフーズから来シーズン発売予定の新作サプリメント)をキャンプファイヤーパッケージとして特別にお贈り致します。

テゲモコススーパーフーズ・プレミアム100
キャンプファイヤー特別パッケージ





③テゲモコススーパーフーズ・キャンプファイヤー・プレミアムTシャツ

a.テゲモコススーパーフーズ・Tシャツ・グレー

b.テゲモコススーパーフーズ・Tシャツ・ネイビー





④リネーチャー×テゲモコススーパーフーズ・プレミアムヘンプTシャツ

※RENETURE=肌に優しく着心地抜群!自然回帰をモットーとするヘンプ素材ウェアブランドの先駆け。

a.リネーチャー×テゲモコススーパーフーズ・プレミアムヘンプTシャツ


b.リネーチャー×テゲモコススーパーフーズ・プレミアムヘンプTシャツ

※クラウドファウンディング終了時までどなたからご支援頂いたかを把握することが出来ませんので、ご支援頂ける際、お手数ですが、メッセージ「備考欄」(「備考欄」は一般には公表されませんので、ご安心ください)にお名前のご記入を頂けると有難いです。


最後に

出来るか出来ないかではなく、

やるかやらないか

「スーパーナイスなロケーションにご機嫌な『遊び場asoviva』を創って、未来に輝くスーパースターを輩出したい!」

Juma

プロジェクトを立ち上げたきっかけには、キャンプ場を訪れてくれる、ずば抜けた才能を魅せつけてくれる子供たちの存在があります。

彼らは幼い頃より、海に山に、スケートボードにと、毎日の様に触れて育って来たスーパーキッズです。そんな彼らが思いっきり楽しめる環境をキャンプ場にも創りたいという思いから始まり、この地域の子供たちをはじめ、キャンプ場に訪れてくれる子供たちにも、楽しめる場所、才能を開花させることが出来る場所、そんな環境を実現させたいという氣持ちを持ち合わせます。


Taiyo
Issei
Juma Ibuki Taito

Taiyo↓



写真提供:『もとくん』こと溝手基之氏 ↑↓


ジュマ

ジュマ↓


あまり期待をするのは、大人たちのエゴですので、基本は自由に楽しむことをコンセプトに、生まれながらの素質や才能、努力したい本人の氣持ちなど、それぞれが描くニーズに応えることが可能となる『遊び場asoviva』を創り、夢実現のお手伝いが出来る場所となることを目指します。

最初は漠然と自分のやりたいことをやっていたものの、あの頃の自分の様な子どもたちに出会う度に、この子たちに恵まれた環境があったら、何を思って、どんな風に成長していくのだろう?とその先の輝く未来を観てみたい、そんな思いから、多くの子どもたちが自らの才能を開花させることを可能とする場所『遊び場asoviva』創りをはじめようと、この『遊び場asoviva』プロジェクトを立ち上げました。

是非、皆様の大切な子どもたちはもちろん、皆様自身にとっても最高な『遊び場asoviva』創りとなるこのプロジェクトに参加して頂き、一緒に未来のスーパースターが誕生する瞬間を目の当たりにしましょう。

↑夢のひとつが現実となったトムカレンが開拓した『カレンズ』での1本(2019年)『遊び場asoviva』企画者92仐/Movie:Aya Nakasako。宮崎ローカルの皆さまに心より感謝申し上げます。

都井岬南灯台キャンプ場オープニング初日に宿泊して頂いたお客様はなんと世界チャンピオン・トムカレンご本人という奇跡のご縁もリップカール様より頂戴しております。


↓キャンプ場をいつもサポートして頂いている『サイクリングジャパンKenさん』からお借りしたキャンプ場付近のサイクリング映像です。

自転車の魅力は奥深い!パンプトラックを満喫したり、自転車で旅したり、楽しみながらも身体が鍛えられるなんて、素敵です。



※画像、動画につきましては全て許可を得て掲載しております。

  無断転載はお断り致しますので、何卒ご了承ください。

<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/10/15 09:16

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/09/04 01:46

    この度はプロジェクトをご支援頂き、誠に有難うございます。大変な時期にもかかわらず、ご支援して頂いた皆さまの温かな心をチカラに、プロジェクトを想像から創造へと移行します。目標達成には至りませんでしたが、お陰様で必要となる材料費は確保することが出来ました。皆さまの期待に添える様、コツコツタンタンと...

  • 2020/08/13 05:21

    宮崎県最南端、都井岬南灯台キャンプ場の猛暑日はこんな感じです。暑さが落ち着き次第、草刈り作業、遊歩道創りに着手していきます。心ある支援表明を頂いた皆様の期待に沿える様、来春の完成を目指して、コツコツタンタンと楽しみながら、創作して参ります。引き続き、よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください