【はじめに・ご挨拶】

はじめまして、Twin Box運営管理責任者の芦沢 岳人と申します。Twin Box AKIHABARAは2012年10月、Twin Box GARAGEは2014年10月にそれぞれオープンいたしました。「ライブアイドルの聖地」となるべくオープンし、これまで8年間の稼働実績は月間稼働率90%を越え、延60万人のお客様にご来場いただいております。多くのアイドルグループの熱いパフォーマンスを秋葉原より届けて参りました。


非常に多くのお客様・主催関係者さまにはこの場をかりて改めて心から御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

TBAのオープン3周年では記念の野外フェス「Twin Box Fujisan 2015」を2Days開催。2日間で総勢約150組のアイドルグループのみなさまにもご出演いただきました。

※Twin Box Fujisan2015当時の模様を少しだけ…。


※TBA6周年、TBG4周年の際は、多くのアイドルグループのみなさまから多くの寄せ書きも。


しかしいま、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況とそれに伴う政府および地方自治体などの方針を踏まえ、お客様・主催者様・出演者様・スタッフ並びに関係者の健康と安全を最優先に考慮し、2020年3月26日から臨時休業を継続しております。現時点で再開時期は未定です。「健全な運営ができると判断できた場合」としておりますが、施設の特性上、3密を回避しこれまでと同様の運営が可能になるにはまだまだ時間を要すると考えております。ゆえに、重大な決断を迫られております。

このままでは施設の維持・運営が困難に陥ってしまうことが目に見えております。


「ライブの灯を絶やさない!秋葉原に熱狂を!」


営業自粛前の数ヶ月、このように多くの熱狂がここにはありました。



これまで多くの皆様と時間を共有してきました「Twin Box」の存続をかけた戦いに今立ち向かっております。我々だけでなく、大変な状況の方々もいらっしゃる中に大変心苦しいお願いであることは重々承知しております。その上で、ぜひ皆様からのご支援をいただけますようお願いいたします。


【資金の使い道】

・営業自粛期間中の家賃・水光熱費、再開直後の運転資金、人件費、諸経費
・CAMPFIREの決済手数料、リターン発送費等
※ご協力いただきました支援金は大切に使わせていただきます。


【リターンについて】

営業再開の際、皆様と「秋葉原の熱狂」を共有できるものを準備させていただきました。


【実施スケジュール】

支援受付開始:2020年5月25日(月) 15:00
支援受付締切:2020年6月26日(金) 23:59

※クラウドファンディング終了後、営業再開目処がたち次第、リターンの履行を進めてまいります。

【最後に】

ライブの灯を絶やさない!秋葉原に熱狂を!

Twin Box存続支援プロジェクトをご覧いただき改めて御礼申し上げます。Twin Box運営管理責任者の芦沢 岳人と申します。

「秋葉原のカルチャーを集積し、世の中に発信するプラットフォームを作る!」


約9年前、Twin Boxを立ち上げる際に掲げた目標になります。今と変わらず、当時の秋葉原はとてつもない熱量の塊でした。ここまで才能と夢と可能性が詰まった街は世界中探しても稀なものと目に映っておりました。

「触りたけど触りづらい」
「簡単には足を踏み入れづらい」
「でも体験してみたい」

魅力的と感じながらも、どこか勇気がいる世界、それが秋葉原でした。

中でも、アイドルの熱量は凄まじいものでした。ライブアイドルは日本独自の文化です。ライブアイドルには、そこに携わる方々それぞれの夢や希望が入り混じり、喜怒哀楽が交差し、この体験から元気付け、勇気付け、ときには涙させる。1つ1つの力は小さくとも、このカルチャーがもつ可能性は無限大で、いまでは日本音楽シーンを支えるまでに成長してきたと思います。Twin Boxは、このライブアイドル文化の成長の真っ只中に身を投じ、多くの皆様に支えられてここまで営業を継続してこれました。多くのお客様、出演者様、関係者様が足を運び、その笑顔を見て、ときにトラブルにも直面しながらもそれもまた乗り越えていくことが自分たちの使命と捉え、日々向き合ってまいりました。多くの方々が関わってくれたことで、いまのTwin Boxがあると思ってます。

「Twin Boxに行けば誰かがいる」
「とりあえずツイボに行こう」

営業自粛前はこのようなお声が多数我々の耳にも届いておりました。TwinBoxは多くの方々の交流の場になり、いつしか自分たちでも気がつかない存在まで成長しているのではとも実感しております。誇らしげに掲げていた「稼働率90%」。いつでも営業していることだけが胸を張り自慢できることでしたが、いつしか営業することは関係する全てのスタッフの使命感に変わってきました。

しかし、いま最大の危機に直面しております。今まで当たり前だったことが当たり前では無くなってしまいました。当たり前に出演いただいていた出演者の皆様、主催者様、運営・制作に関わるスタッフ、そしてご来場いただくお客様。私どもが止まったことで、多くの方々の日常を様変わりさせてしまったと思います。

「この状況でどうあるべきか」

一度は完全撤退も考えましたが、やはり「秋葉原の熱狂」を消してはならないと思い止まっております。辞めることは簡単です。しかし、Twin Boxはもはや多くの方々の共有資産なのではと考えます。簡単に辞めるとは言えないところまで成長しているのではと思います。


この場所(Twin Box)を失ってはならない!


Twin Boxがあることで生まれた喜怒哀楽。私たちにできることは、どこまで行っても不器用にこの場に存在し続けることだと考えてます。


ぜひ、Twin Boxがあった日常が戻る日まで、皆様の力を貸してください。世界中に蔓延している新型コロナウイルスにより、我々などとは比べ物にならない困難に直面している方々がいらっしゃる中、このようなお願いは非常に心苦しいです。その上でのお願いです。秋葉原の熱狂を絶やさないためにどうか皆さんの力をお貸しください。この状況が収束した際には、これまで以上に皆様と楽しい時間を過ごせるよう、より一層のサービスの向上に努めます。どうか皆様の応援とご支援を、何卒よろしくお願いいたします。


Twin Box AKIHABARA/Twin Box GARAGE
運営管理責任者 芦沢 岳人
スタッフ一同


【Q&A】

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


Q:クラウドファンディングの支払いはどのような方法がありますか?
A:クレジットカード払い(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinners)、コンビニ支払い、銀行振込(Payeasy)、携帯キャリア決済(docomo、au、ソフトバンク)など複数ございます。支払いに関しての詳細はこちらをご覧下さい。


Q:とにかく応援したいので、リターン価格以上を支援したいです!
A:支援時に支援金額の上乗せが可能です。(例:2,000円コースに10,000円を支援する)


Q:コースを間違って買ってしまいました、気が変わってしまいました、キャンセル出来ますか?
A:サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はできません、よくご検討の上でのご購入をお勧め致します。また支援金に金額を上乗せをすることによるアップデートも不可となっております。
(例1:1,000円コースに5,000円を上乗せ支援しても受け取れるのは1000円コースのリターンです。)
(例2:2,500円コースを購入後、後日5,000円を支援しても5,000円コースの内容には出来ません。)


Q:別途の送料はかかりますか?
A:かかりません。支援金に含まれております。


Q:友人の分を代理で支援できますか?
A:ご友人様の代理での支援に関しては、リターンの譲渡に当たります。リターン権利の譲渡に関しましては金銭の授受関わらず禁止です。該当行為が発覚した場合は各種リターン不履行になる可能性がございます、ご注意下さい。


Q:Tシャツ、タオルのリターンの発送はいつ頃になりますか?
A:2020年7月以降の発送予定となります。予定と前後する場合はCAMPFIRE内にて告知いたします。


Q:Tシャツのサイズは変更できますか?
A:ご支援完了後のサイズ変更は承ることができませんので、ご支援時にお間違いのないようご注意ください。


Q:配送先の住所変更はできますか?
A:住所変更の受付はプロジェクト終了までとさせていただきます。配送先の住所変更は「マイページ(右上のアイコン)>支援したプロジェクト>右へスクロールしたお届け先>確認する」で行うことができます。それ以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。


Q:限定数がある支援が売り切れになった場合は再販はございますか?
A:現状再販予定はありませんが、再販する場合には事前にアナウンス致します。


Q:主催者限定の施設使用権に関しては、どういったスケジュール予約になりますか?
A:優先順位はございます。平日・土日祝日いずれも「3日使用権」のご支援をいただいた主催者様からスケジュールを調整いたします。その後、「1日使用権」をご支援頂きました順にご案内いたします。




その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください