はじめまして。
特殊冷凍ソリューションで“無駄を価値に変える”
デイブレイク株式会社の木下と申します。

日本は災害大国と言われており、昨年は大型台風により大量の食材のロスが発生。さらに現在、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスにより、甚大な被害が広がっています。そんな中で今、

「特殊冷凍というソリューションを追及してきたデイブレイクにできることはなんだろうか。」

考えた末、『全国各地に特殊冷凍シェアリング加工場を展開すること』にたどり着き、初めてのクラウドファンディングに挑戦しました。

本来美味しく食べてもらえるはずだった食材をあるべきところに届けるために。そして、みんなに美味しく食べて欲しいと真心を込めて作ってくださる生産者さんのために。応援していただけたら幸いです。


<新型コロナウイルスに対する取り組み>

新型コロナの影響で、いちご狩りの観光農園では収益の大幅減少や大量のロスなどの被害が発生しました。デイブレイクでは、行き場を失ったいちごを生産者さんから購入。特殊冷凍によって鮮度を止め、高品質なフローズンフルーツとして生まれ変わりました。

残念ながら今年は当面、この流れが続くでしょう。イチゴだけではなく他の果物も、新型コロナの影響で危機に晒されることが予想されます。


<2019年大型台風災害に対する取り組み>

昨年の大型台風の時も、収穫前に落ちてしまい、まだ食べられるのに行き場を失ってしまったリンゴたちを購入。フローズンフルーツとしての販売のほか、生果としての販売も行い、売り上げの全額を寄付させていただきました。

購入者の方々から暖かい応援メッセージ、嬉しかったです。


これまでデイブレイクでは、フードロスをはじめとする食品業界の抱えるあらゆる課題を特殊冷凍ソリューションによって解決してきました。しかし、事業を通じて分かってきたことは、旬の時期が限られていたり冷凍機械が高額すぎることから、"欲しくても買えない人が大勢いる"ということ。

「それなら、冷凍機を所有ではなく共有できる特殊冷凍のシェアリング加工場を全国に創ろう!」

本来”いちばん美味しい”と言われる完熟した果物や、現地でしか食べられない貴重な地方食材。これらの素晴らしい食材が、鮮度劣化により捨てられ、無駄になってしまっている現実。
全国各地に特殊冷凍シェアリング加工場を展開することで、“無駄を価値に変える仕組み“となるはず―。これが、『特殊冷凍シェアリング』の目指す未来です。


<特殊冷凍シェアリングのメリット>

①規格外やキズによるロス食材の活用
②市場に出回らない魚やジビエ肉といった、地方未活用資源の流通
③加工場建設よる雇用創出と地方経済の活性化
④災害時に不足しがちな生鮮食品の備蓄

フードロス削減とともに、
”社会課題の解決”
”食べ手がいつでもどこでも新鮮な地方食材が食べられる世界”

この2つを『特殊冷凍シェアリング』は実現します。


<特殊冷凍シェアリングの必要性>

弊社にご相談くださる方々は皆フードロスに悩まれており、特殊冷凍シェアリングが求められているように感じました。しかし、
「本当に特殊冷凍シェアリングが必要なのか。」
「全国各地でも同じことが起きているのか。」

その答えを探しに、自ら全国各地の生産者さんを訪ねて回りました。

そこで知ったのは僕らの想像を超えた過酷な環境と"まごころ"でした。
生産者さんはフードロスだけではなく、後継者問題や人手不足などあらゆる課題に直面しながらも、果物への愛情や環境の配慮のことも真剣に考え、それぞれのストーリーから辿り着いたこだわりを貫き、我が子のように育てていました。

今僕らにできること、
それは、”彼らの想いを世の中に届けること”、”豊かな食の未来につなげていくこと”。

自分たちの使命を改めて認識しました。


『特殊冷凍シェアリング』実現に必要な、”地方加工場で安心して事業を行うためのモデル”。最初にデイブレイク取り組んだのは、東京・品川にフルーツ製造加工場を構えることでした。

3年ほどかけて加工・凍結・保存方法を研究し、誰もが簡単に加工できるようマニュアル化してきました。例えばこちら。

左側は特殊冷凍で凍結後、デイブレイクの研究結果に基づいた保管環境で3年間保存したもの。右側は、同じく特殊冷凍で凍結後、一般的な保管環境で3か月間保管したものです。

同じ食材で、同じ凍結技術でも、保存の仕方でこんなに変わるんです!


ここで、僕らデイブレイクの想いに共感してくださった生産者さんより購入させていただいた規格外のフルーツをご紹介します。

フードロスといっても腐っているわけではなく、形が不揃いであったり、熟している為に流通にのせられなかったり。味は抜群に美味しいです。

長野県のシャインマスカット、長野県のプルーン、山形県のぶどう、熊本県の無農薬柑橘

イチゴが少しでも痛まないように茨城県からわざわざ運んで持ってきてくれた菅谷いちご農園の菅谷さん。無農薬イチゴで最高に美味しいです。

熊本県水俣市から弊社天王洲アイルまで、手塩にかけて育てた無農薬レモンがどのような商品に生まれ変わるのか知るために遠方からお越しいただいた、からたち組合の大澤さん。

果物を送るときは、”娘をお嫁に出している気持ち”だと仰っていました。

僕らデイブレイクの活動で生産者の笑顔の輪が広がりました。


デイブレイクの加工場の様子もご紹介。
デイブレイクは、生産者様の想いを消費者様のお口に届けるまでを演出するために、食材に愛情を持って加工しています。

 いつも夜遅くまで楽しそうに仕事をしてくれるアルバイトさんたち。

加工が追い付かず、夜中に駆り出される僕と共同創業者の守下くん。(笑)

こちらが本来の加工の姿です!

凍結した後のフルーツは、断面がこちらです!添加物を一切使用しなくてもこのように綺麗な仕上がりになります。

デイブレイクで研究を重ねた適正な加工方法、時間で凍結しています。

氷の結晶が細かいので風味を損なわず、凍ったままでもさくさく噛める新触感。
是非食べていただきたいです!


そして、このようなフルーツたちがフローズンフルーツ(HenoHeno)やフローズンスムージー(PONO)に生まれ変わります。


冷凍ノウハウの研究や商品化を進める一方で、地方加工場の建設に向けた次のステップとして、
共に展開する有志を探しに、プレゼンをして回りました。

お集まりいただいたのは地域町おこし協力隊、地元生産者の方々です。

ここで共感・賛同してくださった地域町おこし協力隊の方が先陣を切り、長野県豊丘村では2020年4月に加工場及び観光案内業として「MINAMI SHINSHU CREATION」の起業を実現。
"人生かけて地域活性化していく"と意気込み、特殊冷凍のシェアリング加工場に向け、大きく前進してくださいました。

リターンの中には凍結加工場見学とBBQツアーも用意しています。


また、デイブレイクおよびHenoHenoは、社会貢献事業として様々なメディアでも取り上げていただきました。

●掲載記事例
・ダイヤモンド・オンライン
氷屋3代目の“冷凍愛”が生み出した「フードロス」解決法
https://diamond.jp/articles/-/219228

・Techable
特殊冷凍テクノロジーがフードロスを解決!? デイブレイク代表の木下氏が見出した「冷凍一家」の到着点
https://techable.jp/archives/105288

・日テレNEWS24
新型コロナでイチゴ農家が悲鳴!企業が支援
https://www.news24.jp/articles/2020/04/06/07621039.html


このプロジェクトは、支援を募る目的はもちろん、私たちの取り組みについて共感していただきたいという想いも込めています。現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大量のフードロスが発生しています。昨年の大型台風が起きた時にも、農作物への甚大な被害が発生しました。災害や疫病など、非常事態が起きたときになって初めて支援の手を差し伸べるのではなくロスがでない循環を、今から作っておきたい。今回のコロナ被害で、一層その想いは強まりました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。数カ月、年後、デイブレイクを応援してよかったと思っていただける未来を築いていけるよう、皆様の応援を糧に、私たちのミッションを成し遂げてまいります。応援、よろしくお願いいたします!

  • 2020/07/07 17:00

    クラウドファンディング、ご支援いただきありがとうございます!プロジェクト募集期間が終了となり、【174名】の方々より【2,703,780円】のご支援をいただきました!目標金額を突破したことはもちろんですが、何よりもこれだけ多くの方々に私たちの行っていることや考えていることを知っていただき、応援...

  • 2020/06/19 20:39

    皆様のあたたかいご支援・ご声援ありがとうございます!ネクストゴールを500万円に設定いたしました!!引き続きフードロス削減・全国規模のシェアリングシステム展開に向け尽力して参ります。今後とも私たちデイブレイクをよろしくお願いいたします。

  • 2020/06/10 19:00

    ・【シェアリング工場視察&BBQ日帰りコース お一人様】・【シェアリング工場視察&BBQ日帰りコース ペア割】本日、この2つを新しくリターンに追加いたしました!工場視察・BBQに加えて、実際に特殊冷凍シェアリング工場を導入された長野県豊丘村のMINAMI SHINSHU CRE...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください