コロナショックによる教室閉鎖から教室再開のための資金を集めコロナ鎮静後に猫好きの集まる学び舎を再開したい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

日頃、猫人形作家として活動し東京都足立区で日本羊毛アート学園という等身大の犬猫を作る学校で学園長をやっている佐藤法雪と日本羊毛アート学園(略してNYA学園)事務局と申します。

このプロジェクトで実現したいこと

コロナショックにより直接指導を受けられる教室店舗を失ってしまった生徒さんに皆で集い学び合える新しい教室を皆の親しんだ東京都足立区に用意したいと願っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

以前から日本羊毛アート学園で等身大の猫人形制作の方法を指導しながら「リアル猫ヘッド・アートプロジェクト」という大きな猫の被り物を被り参加者自身がアート作品になるというアートイベントを開催していました。また動物愛護の譲渡会イベントなどには積極的に参加していました。しかし去年末に引っ越しを済ませ一安心したところで今年の1月に脳幹出血になってしまい緊急入院、2月中旬に退院して自宅療養しながら「さあ、これから頑張ろう!」というところで新型コロナウイルス拡散防止のための外出自粛要請が繰り返されるようになり思うように制作活動ができず、また生徒さんも外出自粛しているため教室に集まれず、教室の収入は3月、4月、5月と0円になってしまい、やむなく教室店舗を閉鎖することとしました。しかし教室という場所は生徒さんの集う学び舎であると同時にみんなの思いをカタチにするアトリエ(作業場)でもあります。また生徒さんという存在は私の製作を手伝ってくれる技術力の高い職人スタッフであると同時に大切なファミリーです。そんな猫好き犬好き動物好きな生徒さん達とみんなで楽しく創作活動できる学び舎を再開したいと切に願っております。


これまでの活動

猫人形作家として活動し今までいろんなイベントや美術展に参加し作品を発表、販売してきました。キャリア的には色々ありますが長くなってしまうのでかいつまんで紹介させていただきます。

毎年1月には六本木国立新美術館・平泉美術展内で自身の作品発表と当時に生徒作品展を行い、4月にも東京都美術館・平泉美術展選抜展内で生徒作品展などを行い生徒さんと共に楽しく動物を制作し互いに技術の向上に励んでいます。

・2016年にはNHK スタジオパーク/「岩合光昭の世界ネコ歩き番組展」 用に横幅約2m50㎝ 以上もある巨大猫のオブジェを制作し会場に訪れた沢山の人に記念写真のフォトスポットとして楽しんでいただきました。


・同年には映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌を歌っているHARUHIさんのPV『ひずみ』の中に出てくるミニリアル猫マスクも佐藤法雪が担当しております

また動物愛護のイベントには積極的に参加し【千代田猫祭り】 や【 アニマルウェルフェアサミット】、【 神奈川動物愛護フェア】 などの動物愛護系のイベントでは「リアル猫ヘッドアートプロジェクト」として参加していました。


またリアル猫ヘッドはテレビ番組で取り上げられたりCMで登場したり、 海外のミュージシャン (フロリダ Chasing Jonah 、オーストラリア Gypsy & The Cat 、韓国 LOOΠΔ ヒョンジン)などのミュージシャンのビデオクリップに使用されたり、映画の中に登場したりと幅広く活動しています。ドイツ人の映画監督ドーリス ・デリエ監督の『フクシマ・モナムール』・『命みじかし、恋せよ乙女』の冒頭にはリアル猫ヘッドを被った日本人が登場するシーンがあり、そこでリアル猫ヘッドを被って登場しているのは佐藤法雪です。

また佐藤法雪 著書の書籍は「羊毛フェルトで作るリアル猫人形」(TWJ books)をはじめ
「羊毛フェルトで作るリアル犬人形」(TWJ books)、
「羊毛フェルトで作る小さいどうぶつたち」(TWJ books)、
「ウチの子そっくりかわいい子猫」(日東書院本社)
「羊毛フェルトで作るもっと!リアル猫人形」(TWJ books)、
「羊毛フェルトで作るうちの子そっくりかわいいワンコ」(TWJ books)、
「ウチのコそっくりボンボン猫人形」(日東書院本社)など計7冊を商業出版しどれも好評を得ております。

資金の使い道

コロナショックで失った教室を再開する資金とリアル猫ヘッドを制作するにあたり制作補助をしてくれるスタッフへの謝礼や材料費またはイベント開催時にリアル猫ヘッドを被ってくれるコスプレイヤーやパフォーマーさんたちに対する謝礼として使用したい。またその他の材料仕入費、運搬代、輸送費、交通費などの必要経費に充てさせていただきます。

リターンについて

今回のメインはクラウドファンディング限定で格安のお値段でリアル猫ヘッドや法雪作品およびNYA学園作品を販売いたします。
【 写真はリアル猫ヘッドアートプロジェクト開催時のものです。今回のクラウドファンディングで制作するリアル猫ヘッドはあくまで個人向けのものです。※イベント開催時にリアル猫ヘッドを被る人はこちらが指定したパフォーマーだけなのでご安心ください。 】

★リアル猫ヘッド1体600,000円のところを購入後2年間の間にイベント開催の際には貸し出していただけると言う条件付きで一体400,000円・税込440,000円で制作いたします

★リアル猫ヘッドをイベントに貸し出す事無く、個人のものとして所有したい方には通常料金の600,000円税込660,000円で受注制作いたします。


※募集方式についての説明
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/07/03 13:07

    今回はNYA工房の作品以外に緊急事態宣言による外出自粛中に法雪が制作したモノを出品しています。緊急事態宣言が解除されたら授業で生徒さんへの見本にしようと思って制作しましたが残念ながら教室を維持できなくなってしまったので今回の資金集めの為に放出します。 ガチの一点ものばかりなので早い者勝ちですよ。

  • 2020/06/15 15:23

    クラウドファンディングを開始して約1週間が経ちました。ご支援していただいた皆様には法雪ならびにNYA学園事務局共々深く感謝しております。★リターンに羊毛猫人形など猫モノを追加いたしました。普段の授業で教材および見本として使っているものばかりですが資金集めの為「クラウドファンディング限定」でお安...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください