株式会社OLYMPUS MONSでございます。この度は、最新技術であり、3Dプリンター技術で生まれた2020年完全ワイヤレスイヤホンEPZ S350T SERIESをご紹介いたします。リターンページをご覧頂きましてありがとうございます。

クアルコム (英: Qualcomm, Inc.) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。

 2015年8月13日、クアルコムの子会社であるクアルコム・グローバルトレーディングは、Bluetoothの高音質化コーデックテクノロジで知られる「APTX」の開発元で知られるCSR社の買収を完了したことを表明しました。

クアルコムチップ「QCC3026」はTrue Wireless Stereo Plus(TWS Plus)というシステムによって、右には右側の音声を、左には左側の音声をそれぞれ送信することで接続安定性を図ったものです。

都内の駅や大きな交差点などでBluetoothの接続が途切れ、音楽再生がガタガタになる現象が起こる場合があります。

主な原因として、Bluetoothが無線接続するために2.4GHz帯の電波を使っていることが挙げられます。この周波数帯はWi-Fiをはじめとして、家電などさまざまな機器で使われております。そのため、Bluetoothが混線を起こして、接続が不安定になるのです。

この現象、音楽を楽しむ上でスムーズに再生されず、気持ちよく音楽を聴くことができないので、非常にストレスが溜まります。このBluetoothの接続を安定させる技術としてクアルコムチップ「QCC3026」が生まれました。


Bluetoothは、スマホとイヤホン、タブレットとキーボードなど、デジタル機器同士を無線で繋ぐ(ペアリングする)ことができる機能です。

【Bluetooth4.2と5.0の違い】

前バージョンであるBluetooth 4.2と比較して通信速度は2倍、通信範囲は4倍も向上。より遠くから接続できるようになり、遅延も軽減されました。 

Q1:防水仕様ですか?

A1:汗や水しぶき、急な雨などからイヤホンを守ることも出来ます。

IPX7は完全に水中に入れても内部に水が入りません。これにより、暴雨の日、運動中に汗をかいても気にせず集中できます。「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」 防水仕様 。

Q2:何で充電しますか?

A2:一般的なMicro USBケーブルで充電可能です。QI充電対応

本体には充電用ケーブルが同梱されていますので、PCやUSB対応アダプターから充電出来ます。

Q3:カラーオプションがありますか?

A3:現在は5色でのご提供となります。

Q4:通話には使えますか?

A4:ご利用いただけます。

Q5:6mmダイナミックドライバーで、110±0.5㏈音圧感度?

A5:はい、110±0.5㏈音圧感度です。

Q6:保証書について

A6:保証期間は1年間となっております。

※ご注意 !

1年間以内に製品が壊れた場合、新製品をお客様にお送り致します。壊れた製品を株式会社OLYMPUS MONSにお送る必要があります。

次の場合は保証期間以内でも、アフターサービスを提供出来ません。

①人為による故障:

使用上の誤り、不当な修理や保管による故障。

自分で取り外し又は弊社以外の場所での修理による故障。

②火災、公害などの天災地変による故障。

Q7:郵送について

A7:郵送は海外郵送なので、ご連絡先をぜひ間違わないようにお願い致します。

※ご注意 !

2回目の郵送は出来ません!ご承知ください。

EPZブランドを一緒に拡大していただける販売店様も随時募集しております。

ご興味がいただけるようであれば「EPZ商談希望」のタイトルでご連絡ください。

ご連絡先:contact@olympusmons.jp.net

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<支援時の注意>
金額間違いによるキャンセルや変更はできません。

ご注意ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください