はじめに・ご挨拶

ALOHA!福岡県北九州市でフラ、タヒチアンの愛好家の仲間と日々レッスンを頑張っておりました。昨年、設立15周年を迎えました。

この度の新型コロナウイルス感染拡大にあたり、3月1日より自主的ロックダウンに入りました。5月も感染拡大を防ぐため自粛の判断となりました。6月からレッスン再開を望んでおりましたが、北九州の感染拡大、クラスター発生により

先の見えない状況の中、大変心苦しいお願いではございますが、皆様からのご支援をお願いいたします。

このプロジェクトで実現したいこと

世界規模での危機的状況ではありますが、先行きが見えない状況のため、スタジオ始まって以来の状況に陥っています。

皆様のお力添えをいただき、この重大局面を乗り越え、ハワイアンミュージックやダンスの発信の場、仲間が笑顔で集える場として復活させていただきたいです。そして、いまこそALOHAの輪を広げるタイミングではないかと思います!!

プロジェクトをやろうと思った理由

代表の私自身、今回のような経験ははじめての経験でした。当たり前にあった日常。いつも通りに別れた仲間と会えなくなるという現実。これほど辛いこととは思いもしませんでした。オンラインで仲間の顔を見れた時は毎回涙がこぼれます。

これからまたいつ第二波がやってくるか分からない状態です。ぜひこのプロジェクトで、オンラインでのきちんとしたレッスンを、仲間をはじめ全国のフラファンの方々にお届けできる環境を整えたい。そう考えているうちにこのプロジェクトにたどり着きました。


これまでの活動

2004年の夏、ピリアロハフラスタジオは発足いたしました。最初は3名の生徒からのスタートでした。当初は貸しスタジオを借りてレッスンをしていました。すこしずつ仲間も増えていき2010年に念願のスタジオを持つことが叶いました。

ハワイアンフラで始まったスタジオですが、今ではフラだけでなくタヒチアンダンス、ウクレレ、リボンレイ、ハワイ神話のレッスンと幅広くハワイの文化を学べるようになりました。

2年に1度、ホイケ(発表会)も開催しております。昨年は15周年記念公演を開催させていただきゲストにKONISHIKIさんと奥様のTAUPOUさん、そして今ハワイアンミュージック界で大人気のJoshTatofiさんをお招きし盛大な記念公演を開催させていただきました。

資金の使い道

ロックダウン中のスタジオ家賃等、固定費、そして今後欠かせないオンラインレッスンの環境設備資金に使用させていただきます。


リターンについて

オンラインレッスンを開催させていただきます。レッスンの種類は選んでいただくことができますのでお好きなレッスンをチョイスされてください。

そして、今回、このプロジェクトのためにピリアロハフラスタジオオリジナルのロゴを作成いたしました。そのロゴを使ったグッズをご用意させていただきました。このロゴにはたくさんのメッセージが込められています。メッセージの内容はお礼のメッセージに綴らせていただいておりますのでお楽しみにされてください。

7月上旬より順次発送させていただきます。

実施スケジュール

2020年6月30日 クラウドファンディング終了

2020年7月上旬 オンラインレッスン環境設備準備スタート

2020年7月中旬 オンラインレッスンスタート

2020年7月中旬 リターン発送

最後に

これまで私たちはハワイアンの心であるALOHAに助けられてきました。今こそこのALOHAの心が必要な時ではないかと思います。フラは心をこめ、祈りを込めて踊るダンスです。これを機会にフラを始められる方がいらっしゃるととても嬉しく思っています。思いやりを手のひらにのせて、一緒に踊りましょう。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けいたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください