逆境を乗り越えて、来年の40周年の門出を盛大に祝いたい!

プロジェクト本文

昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の猛威に伴い、政府からの営業自粛要請を受けたライブ業界は、軒並み休業を余儀なくされ、3ヶ月程経過した今も尚、窮地に立たされています。
我々shibuya eggmanも、会場に集まる全ての方々の安全を第一と考え、2月下旬からの営業自粛を続けて参りましたが、このままではここから先、これまで通りにライブハウス、クラブ営業を存続させることが困難な状況にあります。 

shibuya eggmanは、1981年の営業開始以来39年に渡り、数え切れない程のアーティストの皆様、来場されるお客様、そして数世代に渡るスタッフ達に支えられ、そう皆さん全員と共に音楽文化を盛り上げ、そして楽しんできました。
学生時代の遊び場として、ブレーク寸前のアーティストの勝負の一本のステージとして、レジェンドが長らく活躍して懐かしみながら戻ってくる場所として。
この場所には、これまでに積み重ねてきた思い出が歴史と共に39年分、ぎっしりと詰まっています。

今年3月には、開催予定だった39周年アニバーサリーイベントも実現できず、営業再開がもし仮にできたとしても、今回の感染症の影響は1年単位でライブ業界に響いてくるとも言われています。

「LIVE EGG BUDOKAN ~shibuya eggman 35周年 大感謝祭~」at 武道館 (2017.2.19)

しかし我々としては、これまでにこの地で長らく紡いできた、時代時代の現場でリアルに体感できる音楽の熱量を、この先の時代に繋げて行くために、この逆風を力に変えて、来年3月に迎える40周年という節目を目指し、突き進んでいく覚悟を決めております。
アーティスト、お客さま、スタッフの三者で力を合わせ、今後も音楽を発信し続けたいという願いを込め、39周年から40周年を迎える記念グッズを中心とした、クラウドファンディング企画を開始する事に致しました。 
売り上げの用途としては、これからこの場所に集うお客様がより安全にライブを楽しめる様、除菌、換気環境の完備、また携わるアーティストの方々も同様にステージを奪われ表現の場を失っている状況、これを脱却するための配信設備やサービスの運営費用として使用させて頂きます。


【 資金の使い道 】

●ライブ配信に伴う設備導入 (出演希望アーティストのeggmanでのライブ配信のサポート費用、等)
●会場の「除菌&換気設備」の新設
●クラウドファンディングの決済手数料、リターン発送費等
●通常営業再開までの運転資金、人件費、諸経費


【 実施スケジュール 】

支援受付開始:2020年6月5日(金) 18:00
支援受付締切:2020年7月13日(月) 23:59 (39日間)
※クラウドファンディング終了後、営業再開の目処がたち次第、リターンの履行を進めてまいります。



最後に

沢山の方々が困難な状況の中、大変心苦しいお願いであることは重々承知の上ですが、
shibuya eggmanの、
渋谷の音楽文化の、
そして音楽を愛するみなさんの未来のために、
ご支援を心よりお願い申し上げます。

コロナ禍が収束し、通常営業が再開ができまして、再び皆さんに笑顔でお会い出来ます日を楽しみにしています!!
一緒にまた音楽を最大限楽しみましょう!!


shibuya eggman STAFF  一同

[ shibuya eggman ]
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目6-8 B1
http://eggman.jp



クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください