はじめに・ご挨拶

初めまして、富士見台ゲームパーク 社長の原木と申します。地域密着型のゲームセンターを目指し42年。沢山のゲーマーの皆様そして関係者の皆様方に励まされ、そして支えられてきました。感謝の意に堪えません。そんな中大変心苦しいのですが今回どうしても皆さんに聞いて頂きたいことがあり、拙い文章ではありますが長文を書かせて頂きました。最後まで目を通して頂ければ幸いです。

アクセス:東京都 練馬区 貫井 3ー5ー6 ドンズビル2F
Twitter:@gtkMKrXJ4tDlD0I‬


このプロジェクトで実現したいこと

新型コロナウイルスは落ち着いたように見えますが未知のウイルスです。
いつ第二波、第三波が来るか分からず何より落ち着いたとしても、
ゲームセンターの客足が元に戻るのにはかなりの時間が要すると考えています。
経営難はしばらく続くと考え協力して頂けた資金は当面の維持費、
分煙及びコロナ対策の強化、メンテナンス費用にと考えています。


プロジェクトをやろうと思った理由

2020年4月1日より東京都受動喫煙防止条例及び改正健康増進法が全面施行され、
ゲームセンターとして客足は遠のくと悩んでいた矢先にコロナウィルスの蔓延・・・
当然売り上げは激減しそのまま都の休業要請に応えることとなってしまいました。
なんとか持ちこたえてみようと都と国の支援を活用してきましたが、
残念ながらこのままでは半年すら危ういという状況になってしまいました。

このまま自分は終わってしまうのか?自らの手腕でならいざ知らずこんな未知のウイルスのせいで店をたたんで納得がいくのか?日に日にその気持ちが強くなり経営者としては非常に情けない話なのですが、藁にも縋る思いで今回のプロジェクトを発案させて頂きました。

※画像は原木社長と常連でもあり店員のノッポ氏※


資金の使い道

①店舗維持費

②各種機械のメンテナンス費

③分煙室の維持費及び強化費用

④コロナ対策の維持費及び強化費用

下記画像は今現在進めているコロナ対策の一環である仕切りです。これを順次作成していきたいと思っております。

資金は基本②〜④を中心に使用する考えです。
もし大きい金額になってしまった場合は①に活用させて頂きたいと考えております。


リターンについて

・1000円
①原木社長からお礼のメール

・5000円
①原木社長から直筆のお手紙

・10000円
①原木社長から直筆のお手紙
②ゲームプレイ回数券(10回分、店内の機種全て対応)  
③店内にて高額寄付者としてのネーム掲載

・50000円
①原木社長から直筆のお手紙
②ゲームプレイ回数券(30回分、店内の機種全て対応)
③店内にて高額寄付者としてのネーム掲載
④写真による本人肖像を掲載
⑤飲み物もしくはお菓子と引き換えできるクーポン(30回分)


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も計画を実行しリターンをお届けします。


実施スケジュール

振り込みが確認でき次第順次リターンに対応して行きたいと考えています。


最後に

都内だけではなく全国的にもだいぶ数を減らしてしまったゲームセンター。
ですがこの文化を一つでも多く残していきたいとも思っております。
家庭用機では味わえない臨場感、緊張感、熱気、そして人と人との繋がり。
そんなかけがえのないものを楽しさをもっと多くの人に届けたい。
そしてなによりみんなの楽しいという気持ちをもっと身近で感じていたい。
この気持ちを叶えさせてください!
皆様からの温かい支援を心よりお待ちしております。。。

富士見台ゲームパーク社長 原木信吾

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください