Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

「胎内記憶」イベントで、震災後の熊本のお母さん400人を笑顔にしたい!

現在の支援総額
1,047,555円
パトロン数
103人
募集終了まで残り
終了

現在130%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2017-06-10に募集を開始し、103人の支援により1,047,555円の資金を集め、2017-07-11に募集を終了しました

胎内記憶をテーマにした映画「かみさまとのやくそく」の上映会と 胎内記憶研究の第一人者である池川明先生のトークイベントを熊本のお母さんに届けたい! 熊本地震から1年たった今、「お母さんの笑顔」が復興を前進させていく大きなエネルギーの源になる!!

【6月30日、リターン品追加しました!】
イベント参加優先招待券や池川先生の著書、
子育てのお悩み解決スペシャルセットなど、
新たなラインナップをどうぞご覧ください!!

 ▼このプロジェクトで実現したいこと 

~熊本地震からの心の復興を目指して~  

はじめまして
心屋式心理カウンセラーの佐々木磨美子と申します。
       

 私は心屋仁之助氏を師事し、
カウンセリングやイベントを通して、
「今の自分を好きになる、自分軸で生きるための心理学」
を伝える活動を東京・熊本を拠点におこなっています。


昨年、
私の生まれ故郷である熊本で起きた熊本地震。

私の家族や大切な友人たちも多くの被害に見舞われました。


地震から1年が経った今も復興に向けての
たゆみない前進は続いています。

 

熊本地震が起きてから、
打ちのめされるような無力感の中で、
カウンセラーとして
自分にできることを模索してきました。

 熊本地震の義援金活動として、
「オープンカウンセリング」という
寄付制のグループカウンセリングを
東京や熊本で実施し、
熊本地震への支援を続けてきました。

累計寄付額:202,711円

【ご報告】-熊本地震義援金活動-

 

地震から1年がたち、
たどりついたのが、
「熊本のお母さんを笑顔にすることが復興に向けてのエネルギーになる」
というひとつの答えでした。

      

母のいない人は生物学上この世界には存在しません。
全ての命の源であるお母さんが
笑顔で輝いていること。
これが、わたしが考えた一番の復興のエネルギーの源です。

物理的な支援ももちろん必要不可欠ですが、
まずはこの熊本に暮らす人たちが笑顔で暮らすこと。

表面だけの笑顔ではなく、
たとえ、今苦しくても、つらくても、
大丈夫と笑える自分への信頼が、
熊本の明日へのエネルギーをもたらすと
わたしは考えています。

そんな願いをこめてこのプロジェクトを計画しました。

▼イベント内容

「かみさまとのやくそく」プレミアム上映会・池川明先生トークイベントin熊本
~お母さんを笑顔にするために生まれてきたよ~

◆日程:9月18日(月・祝)
◆会場:熊本市男女共同参画センターはあもにい
〒860-0862 熊本県 熊本市中央区黒髪3丁目3-10

 

「熊本のお母さんを笑顔にしたい!」

そのコンセプトに行きついた時、
ひとつの映画が思い浮かびました。
それが胎内記憶をテーマとした
ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」でした。

 

この映画から受け取ったメッセージ

「子どもは、みんなお母さんをしあわせにしたくて、

 おかあさんを選んで生まれてくる。」

ここで感じた愛を
ひとりでも多くの人に届けたい

人が生まれるってことには、
生きてるってことには愛しかない。

この喜びと安心感を
ライブ感を持って熊本に届けたい。

そしてこの企画趣旨に
このお二方の
スペシャリストがご賛同くださり、
今回熊本でのイベント開催が決定しました。

ご自身が産婦人科医であり、
胎内記憶研究の第一人者として、

日本から世界へとフィールドを広げて
講演会活動をされている

池川明先生

 

そして、

子育てコンシェルジュとして
延べ1万人以上の親子に命の授業を届けてきた

青木千景さん

  

このお二人と共に、
「お母さんの笑顔」をテーマに掲げ
明日へのエネルギーを
熊本に届けていきたいと思います。

******************

「かみさまとのやくそく」プレミアム上映会・池川明先生トークイベントin熊本
~お母さんを笑顔にするために生まれてきたよ~
◆日程:9月18日(月・祝)
◆会場:熊本市男女共同参画センターはあもにい

イベントスケジュール
〔上映会+トークイベント〕を2回実施。

【1回目】
10:00 受付開始
10:30-11:20 上映会〔エジュケーショナル版〕
11:30‐12:30 トークショー①
12:30‐13:00 質疑応答

【2回目】
13:30 受付開始
14:00-14:50 上映会〔エジュケーショナル版〕
15:00‐16:00 トークショー②
16:10‐16:40 質疑応答

********************

 

▼なぜクラウドファンディングなのか

受益者負担のイベントとして実施していくことも、
もちろん可能でした。

それでも、今回、
ご招待制として、参加費無料でのイベント開催を目指し、
クラウドファンディング
としてプロジェクト化しようと決意したのには、
こんな理由があります。

 そのキーワードは「共生」です。
このイベントの波及効果を
熊本の中だけで完結していくのではなく、
全国に広げていきたい。

 共に生きる。

住んでいる場所やおかれている環境にかかわらず、
送り出すエネルギーと受け取るエネルギー
が循環し縁が円となっていく。

 

それが熊本が前に進んでいく一歩になる。
そして、それが、
支援者の皆さまにとっても
新たな一歩になる。

そんな縁と縁がつながりあって円になる

そんな明日の実現に向けての新たな一歩です。 

 

このプロジェクトにかかわってくださった全ての方々が

わたしはひとりじゃない。

愛はいつもそばにあるということを受け取り、

その輪が幾重にもひろがり、重なり、

そこで創り出される

新たなストーリーが希望の光となることを

願っています。

 

▼資金の使い道

講師料・交通費・会場借損料・映画上演費用・チラシ作成費用・託児保育士手配料

目標金額を達成した場合、ご招待制(無料)でのイベント開催をいたします。
目標金額以上にご支援いただいた場合、熊本地震への復興支援として寄付いたします。

 

▼リターンについて

① 熊本の物産品による「ありがとう」を届けるリターン品

リターン品として、熊本の特産品を準備しました。
熊本の魅力をダイレクトに受け取っていただくと同時に、
直接的な復興支援の役割も果たしてくれると考えています。

〔熊本物産品〕

今回地震の被害が大きかった
阿蘇地域から
阿蘇にある優れた逸品をお届けします!

 

企画協力:
ASOMO〔企画運営:一般社団法人阿蘇テレワークセンター〕

 


・馬刺し ありがとうセット

熊本といえば馬刺しです!!
熊本の味をご堪能ください。


※写真はイメージです

企画協力:肉乃橋本

 

②「しあわせの輪」を全国に届けるリターン品 

本イベントの趣旨に賛同してくださった
池川明先生・青木千景さん、

そして、
わたしの師匠である心屋仁之助氏の著書を
今回のイベントのためのスペシャルサイン本として
準備しています。

また、イベント参加希望の方のための
事前予約として、
前方シート確約付きの
優先ご招待券をが新たなリターン品
として加わりました。(6月30日追加)

これらの本や
実際のイベント参加やカウンセリングを通して、
受け取った方とその半径5Mがしあわせになっていくこと。
そんなしあわせの輪が全国に広がっていくことを願っています。

 

▼最後に

今回このプロジェクトを目にとめていただき、
ありがとうございます。 

熊本地震から1年、
熊本へのたくさんのお気持ちを寄せていただき、
本当にありがとうございます。

 

今回のプロジェクトに協力していくれている
熊本で暮らす大切な友人たちが、
地震から1年たった今の気持ちをこんな風に語ってくれました

 

 

*========*========*=======*=======

今も日常と非日常を繰り返している感じです。
自宅で生活できる日常を感じながら、実家の解体や、
それに伴うたくさんの問題にぶちあたって、悲しくなったり、
先が見えずに立ち止まったりしてしまったり・・・
自宅で過ごすことができているけど、
地震当時のままで未だにひどいひび割れや、
揺れがあると落ちてくるコンクリートの片付けに追われて
復興ってなんだろうってたまに思う時があります。

1年たって、やっといろんなことが始まった気がします。
感情も生活再建も。

それでもしあわせだな・・・って感じる瞬間は確実に多くなっていて、
しあわせだと感じるハードルが格段に低くなったなぁーって。
たくさん泣いて、たくさん笑えるようになったなぁって。
今心から思えるので、

たくさん泣いて、たくさん笑えたらいいなって感じます。
みんな大丈夫なんですよね。
それを信じられるように少しづつなってきました。 

                    いづみさん

 *========*========*=======*=======

しあわせを感じるハードルが低くなったなーって思う。

特に地震の時は水に困ったから、
水道から水がでるのが、魔法のように感じたよ。 

今だに「トイレに行きたいときにいけるだけでも幸せだよなー」って
思い返すときがある。

                     たいしさん

*========*========*=======*=======

今回の企画実現に熊本の仲間たちは、
たくさんの協力とエネルギーをくれています。
この仲間たちとつくる今回の企画をとても楽しみにしています。

 

熊本に起きた今回の地震は
たくさんの悲しみもありましたが、
と同時に

東日本大震災で大きな被害を受けた東北同様、
これからの熊本の復興が日本を元気にする。
そんな使命すら感じることがあります。

 

1年たった今だからこそ、
伝えられる
届けられるメッセージがある。

 

あたりまえの日常を
こんな風に抱きしめる今だからこそ、
受け取ってほしいメッセージを企画に詰め込みました。

 

ひとりのしあわせが
みんなのしあわせにつながる。
そんな「共生」が
すぐそばに感じられる今を
共に創っていきませんか。

 

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください