湖南市の放棄地に、子供たちが素敵な思い出が作れる場所、みんなの心が解き放てる場所、“切り花”や“枝物の栽培ができたり、人の集まれるガーデンを目指します。

プロジェクト本文

 

はじめまして、滋賀県草津市でフラワーショップ、オレゴンローズ を経営しております吉田勝彦です。

 

花の仕事を始めて30年以上になります。

 


(吉田勝彦)

 

いちばんはじめはアメリカのオレゴン州、オレゴンローズ  という、バラの栽培が中心の農場で研修生として働きはじめました。そこで約2年間。

 


(お世話になったご夫婦)

 


(終了証明書です)

 

帰国後は花屋さんに就職、主にホテルの婚礼の花中心のお仕事。13年ほどお世話になりました。

 

40歳を前に南草津の駅前のテナントをお借りして独立、4年後現在の地に店舗を構えて営業中です。

 


(草津オレゴンローズ)

 

“オレゴンローズ”は当時お世話になった農場の名前を頂きました。

 


 

気がつけば、30年以上も花の仕事をしてますが、飽きることはありません。

 


 

逆にますます面白くなってきました。

 


 

普段は花市場から仕入れて、それをアレンジして販売させていただいております。それが少しずつ飽き足らなくなってきました。

 


 

店の回りで花やグリーンを育てはじめたのですが、それが面白くって(笑笑)

そうだ、湖南市に使ってない放棄地があった!そこで育てたらいいんだ。


(湖南市の耕作放棄地)

 


(湖南市の耕作放棄地)

 

将来的な全体像は、こんもりとした森の中に、きれいな庭があったり、子供たちがワクワクする、“絵本ミュージアム”がある。

 


(こんな雑木林をつくり!)

 

お客さんも遊びに来てもらえる‼︎一緒に花を育てるのもいいかな?そんな発想です。

 

名付けて、オレゴンローズ ガーデン、“じぃじの森”。

 

(全体が出来あがった時の名前にしようと思っています)

まずは、こんなイメージの絵本ミュージアムから作ろうと思っています。

 

子供たちが素敵な思い出が作れる場所、みんなの心が解き放てる場所、“切り花”や“枝物”の栽培ができたり、人の集まれるガーデンを目指します。

将来はこんなことを楽しんでもらえる場にしたい!

①野の花摘み

春にはタンポポ、レンゲソウなど野草が咲き子供たちと“野の花摘み”のイベントを予定します。

 

②野の花のフラワー


 

③野菜の収穫  など

菜園エリアも計画しています。

子供たちと一緒に有機野菜の栽培から収穫までをイベントにしたいと考えています。

実行スケジュール

2019年2月 耕作放棄地の整備

     3月 絵本ミュージアム オープン

     9月 雑木林 整備

       

2020年4月 花壇、庭、歩道整備

     7月 “じぃじの森”完成予定

*支援金は耕作放棄地の整備、絵本ミュージアムの建設の一部として使用させていただきます。

 

応援メッセージをいただきました!

株式会社ビイサイドワールド 代表取締役 永田咲雄さん

 

 

栗山葉湖さん

 

菅野ららさん、草津ブースターズ GINLALA、fm草津パーソナリティー


私の初めての挑戦です!

私たちのドキドキの挑戦に是非ご支援ください。


 

  • 2018/09/10 06:29

      9月8日(土)の京都新聞に掲載されました!  支援金が集まれば、まずはフラワーガーデンハウスを絵本ミュージアムとして新たに建設し、来年3月にオープン予定です! 山小屋のリフォームも条件を整理中です!宜しくお願いします!