わんぱく相撲は、1976年に子供達の心身の鍛錬と健康の増進を目的として、東京青年会議所が開催し、全国各地で普及されてきました。ここ沖縄でも1988年にわんぱく相撲大会が浦添で開催され、これまで数多くの子供達の健全な育成に寄与してきました。

プロジェクト本文

● わんぱく相撲大会とは

 

 

はじめまして。公益社団法人浦添青年会議所です。


まずはわんぱく相撲についてご説明します。

わんぱく相撲大会は、1977年に東京青年会議所が、遊び場の少ない東京の子供たちにスポーツの機会をより多く与え、心身の鍛錬と健康の増進を目的として、誰でも挑戦できる相撲をとりあげたことが始まりです。

 

東京で初めて開催して以来、全国各地で普及してきました。

その後、1985年にわんぱく相撲全国大会が開催され、数多くの大相撲力士を輩出してきました。

 

●浦添大会から沖縄県大会

 

 

沖縄で初めてわんぱく相撲大会が開催されたのは、1988年に浦添青年会議所が子供たちの心と身体の健全な成長、社会生活に必要な徳性を学んでほしいという主旨のもと「わんぱく相撲浦添大会」が誕生しました。

 

以来、30年以上浦添地域のイベントとして行われてきた大会も、昨年から地域の大会ではなく、沖縄県大会として生まれ変わり、今年大会から女子大会も開催する運びとなります。

 

 

▲沖縄大会の様子 子供たち真剣です

 ● 4年生~6年生それぞれの男女優勝者を全国大会へ派遣したい!!

 昨年まで、わんぱく相撲全国大会は男子のみとされてきましたが、社会的背景や価値観が変化する中で、女子児童が活躍する場を創出する機運が高まり、これまでの大会の在り方を見直し、男女ともに多くの子供たちが主役となり輝ける大会にするべく、男子の全国大会と新たに女子の全国大会が行われます。

4年生~6年生の男女優勝者を沖縄県代表として、8月に東京都で開催される「第35回わんぱく相撲全国大会」「第1回わんぱく相撲女子全国大会」へ派遣したいと考えています。

 

 

 

 ▲全国大会の様子

 

●多くの子供たちが目標をもって挑戦してほしい!

 

「勇気・礼節・感謝」~心にいつもわんぱくピース!

を、テーマに「第2回わんぱく相撲沖縄ブロック浦添全島大会」「第1回わんぱく相撲女子沖縄ブロック浦添全島大会」を開催し、多くの子どもたちに目標をもって挑戦し、真剣に勝負している姿を皆様にも見てほしいです。(感動しますし、子供たちから学ぶ事が多いですよ☆)

 

 

 

 

そして、全国大会で沖縄の子供たちが奮闘し、大きくなって帰ってもらいたいと思います。

 

是非皆様の温かいご支援、ご協力を宜しくお願い致します。


子供たちの夢を一緒に応援しましょう!!

 

● プロジェクト詳細

■「第2回わんぱく相撲沖縄ブロック浦添全島大会」「第1回わんぱく相撲女子沖縄ブロック浦添全島大会」

日時:2019年6月8日(土)9:00~15:00  男女大会同日開催

場所:ANA SPORTS PARK 浦添 浦添市民相撲場(浦添市仲間1-13-1)

 

■「第35回わんぱく相撲全国大会」

日時:2019年8月4日(日)8:00~

場所:東京都

 

■「第1回わんぱく相撲女子全国大会」

日時:2019年8月25日(日)8:00~

場所:東京都

 

● 支援金使い道

子供たちの旅費・宿泊費(6名) 360,000円   

手数料              90,000円 

合計              450,000円

 

● お問い合わせ先

公益社団法人浦添青年会議所

住所:浦添市仲間1-10-7(社会福祉センター2F)

電話  :098-876-6077

FAX :098-876-6177

MAIL:info@urasoejc.org

HP         :http://www.urasoejc.org