舛田憲保:Laパンdeりんご

青森市生まれ。79年株式会社青森銀行入行。13年、身内が経営するベーカリー「リトルプリンセス」をプロデュース。17年3月、金融マンとしての使命を終え、「リトルプリンセス」の最高経営責任者(CEO)に就任。同年夏、「世界一のりんご食パン」を開発するため、プロジェクト「Laパンdeりんご」を立ち上げる。

    追記:販売開始しました!

    ずっしり贅沢りんご食パンの販売を開始しました!

    こちらのブランドサイトからご覧ください!

    【HP】http://lapanderingo.com/lp/ringo-pan/

     

    世界一のりんごギフトを世界へ届けます!

     

    青森のりんごの危機を救うために世界一のりんごギフト「ずっしり贅沢りんご食パン」を開発しました!

    世界一のりんごギフトを味わっていただけるみなさんを募集します!

    私たちが心を込めて届けます!

     

    最高経営責任者:舛田憲保

    青森市生まれ。79年株式会社青森銀行入行。13年、身内が経営するベーカリー「リトルプリンセス」をプロデュース。17年3月、金融マンとしての使命を終え、「リトルプリンセス」の最高経営責任者(CEO)に就任。同年夏、「世界一のりんご食パン」を開発するため、プロジェクト「Laパンdeりんご」を立ち上げる。

     

     

    新商品開発・製造責任者:加藤

    1980年4月14日生。青森生まれ青森育ち。小さい頃からパンが大好きでパン屋さんに憧れ、二十歳の頃に念願の青森のパン屋に入りパンを作り続けてきました。現在はリトルプリンセスのひとつの店舗で新商品開発・製造の責任者をしております。今回は青森のりんごを盛り上げたいという社長の熱意に賛同して「りんご食パンを通じて魅力ある青森の豊かな自然や豊富な食材を伝えたい」という想いで作り上げました!青森発の世界一のりんご食パン。是非ご賞味ください!

    青森りんごを活用した世界一のりんごギフトを開発。

     

    私たちは青森県青森市でベーカリーを3店舗経営しておりますリトルプリンセスと申します。

    青森といったらみなさん何を思い浮かべるでしょうか。

     

    ねぶた祭、大間のマグロ・・・・・でも

     

    多くの人はやはりりんごではないでしょうか?

    青森県はりんごの生産量が日本一を誇るまさにりんご王国です。

     

    日本のりんご生産量765,000トンの約58%が青森県で生産されています。生産量2位は長野県ですが生産量が約142,100トンであることから、いかにたくさんのりんごが青森県で生産されているかがわかります。(青森県庁HPより)

     

     

    私たちリトルプリンセスはこの世界一の青森のりんごを盛り上げるために、りんごを使ったパンを作ることにしました。

    農家の方が精魂込めて作ってくださった青森のりんご。

    青森のりんご農家の方々の長年のご苦労や夢、そして熱い思いが感じられるりんごのパンにしなくてはならない。

    だからリトルプリンセスは世界一のりんご食パンを作ろうと決意したのです。

     

    青森りんごの危機。

     

    生産量だけではなく、味も品質も日本一を目指して青森のリンゴ農家さんは暑い夏も雪が降り続けるシバレル冬も一年中通してりんご作りに余念がありません。

     

    ところが、この味も量も日本一を誇るりんごも課題が認められてきました。

     

    青森のリンゴ農家は生産者の高齢化や若者の農業離れによって生産が、年々減少の危機に立たされています。

    さらに栽培面積の減少や、りんごの樹の老齢化によって厳しい状況は増すばかりです。

     

    しかし、いままだ、りんご農家の方々の努力で生産量はいまだに圧倒的1位を保っています。

     

    青森を愛し、青森を拠点とする商売をしている私たちにできることはないだろうか。

    青森りんごを、別な形にして、また、日本中から注目を集める方策はないだろうか。

    青森で生まれ、青森を愛する私たちの手で何とかしたいという気持ちが止まりませんでした。

    世界一のりんごパンをつくる!

     

    リトルプリンセスはパン屋・ベーカリーです。

    私たちの技術で何かできないだろうか、そう考えました。

     

     

    美味しいパン作りのコンセプトはこの3つ。

    ●For your smile(お客様の笑顔のために)

    ●For your heart(お客様の心へ)

    ●For your happiness(お客様の幸せのために)

     

    この美味しいパン作りのコンセプトを青森県の特産品であるりんご、これからいろんな意味で衰退していくだろうりんごに生かすことができないのか模索した結果、リトルプリンセスは、りんごを使ったパンを作ることにしました。

     

    ただのりんごのパンではありません、農家の方が精魂込めて作ってくださった青森のりんご。

    青森のりんご農家の方々の長年のご苦労や夢、そして熱い思いが感じられるりんごのパンにしなくてはならない。
    だからリトルプリンセスは世界一のりんご食パンを作ろうと決意したのです。

     

    普通に美味しい食パンなら日本中たくさんあります。

    でも。私たちは青森のりんごのすばらしさを伝えることができなければならない。

    そこで生まれたのが「りんご食パン」です。

     

     

    りんごを食べているのか、パンを食べているのかわからない!!

    一斤に五個から六個もの青森のりんごを・・・!これが世界一のりんご食パン「ずっしり贅沢りんご食パン」です!

     

    ずっしり贅沢りんご食パン!


     

    一本(1.5斤)のりんご食パンにはリンゴが5個から6個入っています。

     

    コラボしている農業生産法人アネッコから、生りんごを仕入れ、通常パンを焼いているオーブンで「自家製ドライりんご」を作ります。この「自家製ドライりんご」には、加糖していませんので、りんご本来のナチュラルな果糖が楽しめます。

     

     

     

    このりんご食パンのベースとなるのは、リトルプリンセスが食パンの最高峰を目指して開発した「クイーン<純>食パン」です。

     

    こだわっています!

    1:くちどけのよい小麦粉

    2:持続性の高いソフト食感の小麦粉

    3:口どけがさらによくなるマスカルポーネチーズ

    4:保湿効果のある卵黄

    5:水を使わず県産100%のりんご果汁

    6:ふんだんに贅沢に使用したフレッシュバター

    7:青森県産品にこだわり

     

    使っている素材!

    ①もっこり玉子(坂本養鶏株式会社;東津軽郡蓬田村)

    ②津軽海峡の塩(株式会社駒嶺商店;下北郡風間浦村)

    ③県産ゆきちから小麦粉

    ④八甲田水系の水道水

    手作業にこだわっています!

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

    起案者情報

    【法人名】DreamsSQUARE合同会社

    【代表者】舛田憲保

    【HP】http://lapanderingo.com/lp/ringo-pan/

    【Facebook】https://www.facebook.com/lapanderingo/

    • 2018/08/29 20:01

      日本経済新聞さんに掲載されました! ご支援いただいた皆様、いつもありがとうございます!   8月23日付の日本経済新聞さん、東北版、そして全国版ネットで掲載いただきました! 引き続き盛り上げてまいります!   記事:食パン、リンゴ5個以上入り 青森のリトルプリンセス、自家製で  ...